N-yagi PC ManiaX

N-yagi PC ManiaX 掲示板 過去ログ [2002/03/16 01:27:50]〜[2003/10/27 02:13:29]


ma <???@???.??.??> [2003/10/27 02:13:29]
こんにちは、N-yagi さん。
返事遅くなりごめんなさい。

>P6DGEのBIOS改変おめでとう御座います。
>BXだから、オーバークロックになってしまっているようで・・^^;

どうもです。快適ですね〜。FANがうるさくてうれしいです。
でもやはり1.4Gにしたいです(^^;  
そうですね、66MHzPCI対応のLANカードを試してみたいと思います。

一応GXです〜

本当に旬を過ぎてしまった感があります。作業は本当にすぐ終わって、起動したときは嬉しくもありましたが、MBが約1年手元に無かったことが悔やまれました。P6DGEのユーザーさんはあまり居ないのでしょうか?この改変BIOS需要は無いのかなぁ。

それと、現在OR840の何処ぞのOEM版らしきMBを入手しています。まだ、デフォルトの対応CPUが無くBIOSすら拝めていませんが、OEM先のIBMのBIOSが面白そうで、早く何とかしたく思っています。これがうまくいったらN-yagiさんのP3DREと同じような環境になると思われます。

ところで、ここの掲示板は古い書き込みは消えていくだけなのですか?とても貴重と思っているのですが(あぁ、これを書き込むと1つ消えていく・・・^^;)

でわ〜







N-yagi <???@???.??.??> [2003/10/15 13:36:30]
maさん、お久しぶりです。返事が遅れました^^;

P6DGEのBIOS改変おめでとう御座います。
BXだから、オーバークロックになってしまっているようで・・^^;

>O/Cに強いLANカード知りませんか?

私も、Lanカードは余り詳しくないのですが、66MHzPCIに対応している物を探してみてはいかがでしょうか?

ma <???@???.??.??> [2003/10/12 02:18:29]
あ、ゲタはPL-iP3/Tを使ってます。
ma <???@???.??.??> [2003/10/12 02:15:57]
お久しぶりです。maです。
えらく時間がたちましたが、やっとP6DGEを手元に引き寄せることが出来たのでBIOSの改変を行いました。結果はFSB133MHz:P3−Sコア1.4GHz:DUALが条件付きでOKです。OS(XP)は極めて安定するのですがPCIが多分44MHzになってしますのでしょう。RTL8139の100TのLANカードが1GBYTEとかの大きいファイルの転送でこけます。現在はFSB112MHzで設定を煮詰めています。これならPCI37MHzでLANカードもOKです。O/Cに強いLANカード知りませんか?

もう、すっかり旬は過ぎてしまいましたが、とてもきびきびしていて満足です。

P6DGEを手元に持ってくるのに1年も経ってしまいましたが、BIOS改変の作業は40分程度でした・・(^^;  ナンダカナ〜

でわ!



かりんとう <???@???.??.??> [2003/08/28 00:02:47]
どうもありがとございます>N-yagiさん

問題は電流でしたか! 自分でもVRMの説明ページを調べていくうち、
VRM8.4は最大約20A、Tualatin対応のVRM8.5は最大約30Aという数字に気づき、
およ? と思いました。

電流については、ここで勉強させて貰いました→http://www.h2.dion.ne.jp/~tdp/p6.htm

Thunder2400にFSB100MHz・SECC2のPentiumIII 1GHzを挿して放置しても
FETも隣の電解コンデンサもそれほど熱くならないのです(多分40度ぐらい)。
このCPUの最大電流は19.4Aで、これはPentiumIII-S 1.13GHzと同じだそうです。
1.26GHzは20.5A、1.4GHzは21.8Aだそうで、お金に余裕があったら1.26GHzを
試してみたいと思いますが、しかしもっとお金を出してTualatin正式対応の
Thunder HEsl-TやP3TDE6に乗り換えるかどうか悩む所です。
でも出来ればi840でTualatinデュアル駆動させてみたいですね。

今回の出来事で下駄がVRMを搭載していることの重要さを実感しました。
PowerLeapさんがi840で動作可能なPL-iP3/Tの強化版を出してくれると
ありがたいのですが。

また進歩があったら報告させていただくかもしれません。
そのときはまた宜しくお願い致します。

N-yagi <???@???.??.??> [2003/08/27 14:01:23]
かりんとうさん、はじめまして。
テュアラティン動作おめでとうゴザイマス。

>PL-370/Tが動作しなかったのは、Thunder2400にはHOST BUS ECCに
>相当するジャンパが無い(=固定)からだと私は考えています。
HOSTBUSECCは強制的にONになっているようですね。

>この程度の発熱でも問題無いのでしょうか?
>一応、マザーボードの説明にはVRM 8.4 Spec 1.3〜2.05Vと
>書いてあるので動作範囲内ではあるようなのですが...
まず、Thunder2400の詳しい資料がないので何ともいえませんが、結論から申し上げますと、大丈夫とはいえない、むしろ、良くない状態であると思われます。Slot1時代のVRMがたとえテュアラティンの電圧を出力可能だったとしても、ダメな場合があるのです。
たとえば、カッパ−マインP3−1Gは約33Wの電力を消費しますが、コア電圧が1.7v程度であるため、VRMは19A程度の電流を出力できればよいことになります。これに対し、ティアラティンP3S−1.4Gの場合、約31Wと消費電力が低いので問題ないように思われますが、コア電圧が1.45vと低い為にVRMに22Aとカッパ−マインよりも沢山の電流が流れることになるのです。
VRMで問題なのは、発生可能な電圧ではなくむしろ電流の方で、いくら電圧を出力できても必要な電流を確保できないと、結果的に電圧が下がってしまう現象が発生します。新しければ新しいCPU程、多くの電流を必要とする傾向があります。
VRMの出力電流を決定しているのがFETの性能になる訳ですが、Thunder2400の時代を考えると、おそらく回路設計値の上限が20A程度と思われます。製品そのもののマージンを考えると、テュアラティン1.4Gの動作に必要な電流はかなりキワドイところです。
私個人では、FETに放熱器を着けるなどする事をお勧めします。しかし、最悪の場合は、マザーが燃えてしまうかもしれない可能性がある事を念頭において運用してください。
安全策としては、CPUのグレードを一つ下げるなどが考えられます。P3S−1.26Gは必要電流が20A程度ですので、カッパ−マインの高グレード品と同じ程度になります。

かりんとう <???@???.??.??> [2003/08/25 01:49:52]
PIIIDM3と似たような構成のTYAN Thunder2400を使っている
かりんとうと申します。

PentiumIII-Sを動かそうとPL-iP3/T Rev.2.0やPL-370/T Rev.2.1を
試してみましたが全部上手くいかず、諦めかけていたときに
このサイトに辿り着きました。

結局、MS-6905 Master+370GUでPentiumIII-S 1.4GHzのシングルが
動作しました。BIOSも手順の通りにPOSTコードだけ改変して
L1キャッシュ無効の状態からは脱出しています。でもBIOS上では
ライトバックになっているはずのL2キャッシュがWindows起動後に
無効になっているのでPowerLeapのユーティリティで有効にしました。

PL-370/Tが動作しなかったのは、Thunder2400にはHOST BUS ECCに
相当するジャンパが無い(=固定)からだと私は考えています。

そこで実質370GUしか選択肢がありませんが、これはマザーボードの
VRMで1.5Vを生成するためか、MOS FETがかなり発熱するのです。
動作中は指で何とか触れられる程度まで熱くなります。
Coppermineを直挿ししたときはほんのり暖かい程度なのに、
ちょっとこれは辛いです。

この程度の発熱でも問題無いのでしょうか?
一応、マザーボードの説明にはVRM 8.4 Spec 1.3〜2.05Vと
書いてあるので動作範囲内ではあるようなのですが...

か〜ち♪ <???@???.??.??> [2003/08/07 21:14:29]
レスありがとうございます。

SCSI問題が為に、DREが3枚になってしまいました(笑)。が、自己解決(?)しました。
詳しく話すのは長文化しますので割愛しますが、もしよろしければ、何かのお役に立つ
のでしたらメールでご説明しても良いのですが。そこから、皆さんに役立つ情報なら
N-yagiさんにお任せしてwebに掲載していただいてもイイと考えています。

370GUですが、二重下駄方式でなら、PL−370/Tよりも薄型というメリットも
見逃せないのでは?クーラー(ヒートシンク)の選択肢が増えると思います。
私の場合、swiftecのMCX-370を使いました。コイルスプリングテンションでセットする
タイプの奴です。CPU1側のは間隔よりも厚いので、シンクのトップを少し削りましたけど。

それでは。(^^)/~~
N-yagi <???@???.??.??> [2003/08/07 02:09:42]
か〜ち♪さん、はじめまして。反応が鈍くて済みません^^;

370GUのご報告有難う御座います。SMP動作に問題ないところを見ると、PL−370/Tより面倒が無くてよいですね。370GU自体は、テュアラティンをカッパ−マインに見せかける物ですから、こちらの方がリーズナブルかもしれません。

SCSIに関しては、BIOSを弄くらなければならないような「普通にはどうしようもない」問題は聞いたことがないので、この文面だけでは、ちと、解りませんです。
BIOSを弄くる事方法そのものが知りたいのでしょうか?もしかして(^^;

か〜ち♪ <???@???.??.??> [2003/08/02 23:37:10]
N-yagiさん、はじめまして。少し前から御サイトの情報を活用させてもらってます。

DREですが、P3-SデュアルをMS6905Master+370GUという組み合わせで動作OKの報告を
させていただきます。ただ、64/66PCIとSCSIのあたりで少々困っておりまして、
システム構築がそこから進めず。。。。これを解決しないうちにOSを入れる気になりません
ものですから。

上記の補足ですが、370GUのDIPはPEN3側、MS6905はcoppermine側に設定で、
Q33(合ってるかな?)とJ3のPIN3(DUAL側)の結線改造です。

64/66PCIとSCSIの問題はBIOSを弄る必要があるのかもしれません。もしよろしければ
アドバイスなどありましたらお聞かせいただけるとうれしいのですが。
N-yagi <???@???.??.??> [2003/08/01 20:28:33]
なんでしょ、コレ(笑
気になると言えば気になる・・・・むしろ、面白そう・・・
http://www.asus.co.jp/products/server/event/pc-dl/index.htm

黒豚 <???@???.??.??> [2003/07/22 22:52:51]
お返事ありがとうございます。

>ピン配置図は載せていません。有った方がイイようですね(^^;
N33 AN15の2語のみで検索を掛けたところ、あっさりと見つかりました。
お手数お掛けしました。

なお、パワーリープ内のRev2.1のSMP対応の記述はこれです。
Rev2.0のときにはSMPの文字は一切ありませんでした。
自分はここを見て誤解していました。
http://plpadmin.tempdomainname.com/PL370T.html
今読み返してみると、Pen3-"S"とは書いてないですね・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2003/07/22 01:55:29]
黒豚さん、はじめまして。返事が遅れました。

PL−370/TのRev2ですが、海外からも、このレビジョンの問題に関して問い合わせがあり、ページ更新しました。

が、具体的なピン配置図は載せていません。有った方がイイようですね(^^;

黒豚 <???@???.??.??> [2003/07/17 22:06:53]
はじめまして。黒豚と申します。

自分も、Soyさん同様、PL-370/T Rev2.1で2CPU目を認識できません。
使用しているBIOSはdr38241.romを元にN-yagiさん作成の差分データを当てたもの、
P3DREのリビジョンは1.1、MS6905MasterはVer2.3使用しており、
設定は、PPGA CeleronDUALモードです。

過去ログのゴメスさんの投稿を見て導通チェックをしようかとも思いましたが、
当方ヘタレのため、Socket370のピン配置の情報をネットで自力で探し出せず、
面倒になって断念し、文字通りそのまま放置しておりました。

自分の失敗談がSoyさんの何かのお役に立てば幸いです。
Soy <???@???.??.??> [2003/07/16 23:38:07]
どうもです、PL-370/T Rev2.1を買って来ました。
しかし"軽く"さわってみましたがPOST時に2CPUを認識しない模様です。
BIOSメニュー確認では2つのCPUともコア電圧、温度が確認できるのですが・・・
(余談ですがRev1と違い、上記の様に温度が拾えるようになってました)

というわけでOSインストール時にも1CPUでのシステムが選択されます。
もっともターミネートしてない1CPU状態と同じみたいなものですので
OSインストールもままなりませんが。

結局友人からRev1を譲ってもらい現在P3DREのシステムでカキコしております。
"軽く"と断っておいたのは それほど触っていないからです。
Rev1で動いていた設定のままでRev2.1を導入しただけですから。
ひょっとしたら見落としがあるのかもしれません。
Rev2.1、Rev1とCPUとの脱着の繰り返しが予想以上に疲れてしまいましたのでご容赦を。
N-yagi <???@???.??.??> [2003/07/15 01:26:31]
Soyさん、お久しぶりです。

PL−370/T故障はご愁傷様です^^;
6905でなくて良かったですね。PL−370/TはHDDの5V電源を使っているので、一緒に飛んでしまったのだと思われます。

>とりあえずPL-370/T Rev2.1を近々買い直そうかと思います。
ご報告お待ちしております。

Soy <???@???.??.??> [2003/07/12 19:22:50]
お久しぶりです、なにか変わったことがあった時だけ
やって来るヤツで失礼致します。

先月埃が原因のショートでトんでしまい 修理に出したP3DREが帰ってきました。
早速システムを組んでみるも起動せず…
パーツ各々の動作検証を行い、マザーと同時にPL-370/Tが2個とも壊れてしまっていたようです。
まぁMS-6905Masterが壊れるよりマシですけど。
とりあえずPL-370/T Rev2.1を近々買い直そうかと思います。
Rev2.0と違いSMPには対応してるようですので不安はありませんが導入した際には報告致します。



to <???@???.??.??> [2003/07/02 03:11:04]
こんばんは、N-yagiさん。

お答えありがとう御座いました。
何とかやって見ます。
動かす事が出来ましたら、ご報告させていただきます。
それでは。
N-yagi <???@???.??.??> [2003/07/02 01:19:45]
XeonMP2.8G−2ML3が発表された模様・・・・・    ホスィ(^^;

N-yagi <???@???.??.??> [2003/07/02 01:18:32]
はじめまして、toさん。返事が送れました。

CPUIDが06B*であれば、BIOS改変はページの方法が適応できます。この部分は、問題ないでしょう。
ただし、マイクロコードは、対応ステッピングのものを自力で追加してください。(^^;

扱うものがテュアラティン・コアならば、マイクロコード以外は問題ないと思われます。

to <???@???.??.??> [2003/06/28 23:33:49]
はじめまして、N-yagiさん。

このページを見て、P3DREのP3-S化に挑戦しようと思い部品を入手いたしました。
ところが、入手しましたP3-SはどうやらBステップのようです(SL6BY)。
こちらのページにアップしてあります、BIOSの差分を当てて、下駄二段で常用しようと思っていますが、このまま組み立てて平気な物でしょうか。
マイクロコードの差異で、不具合などが出る可能性はあるのでしょうか。
もし、不具合が出るようであれば、何とかAステップを入手しようと思います。
面倒とは思いますが、お答えがいただければ幸いです。
それでは。
天照帝 <???@???.??.??> [2003/05/02 21:30:46]
初めまして&こんばんは!、N-yagiさん
以前から、ROMらさせ頂いています。
さて、DP400で、PC1066化をしようとしていますが、
私の予想なんですが、メモリークロックジェネレーターの耐性が低いと思いますが、
とあるサイトのBBSで以前話題になったと記憶しております。
i850Eのメモリークロックジェネレーターなら、PC1066化出来るのではないでしょうか?一応、リンク貼ります。参考になれば幸いです。
http://www.dualcpu.jp/treebbs/treebbs.cgi?vew=7465
http://holicho.lib.net/mb/p4t533-c.htm
では〜!
N-yagi <???@???.??.??> [2003/03/20 00:35:10]
admiralさん、はじめまして。

大変貴重な情報を有難う御座います。
最近はP3DREから離れてしまっているので、DRE関連の情報は非常にありがたいです。

やはり、DREは特殊なマザーのようですね。i840でも、インテル製のOR840では、PL-iP3/Tが動作するようなので、DREがヘンなのは間違いないかと(笑
DREは、安定すれば良いマザーだけに、動く下駄が非常に少ないのは残念ですね。(実質MS6905Masterのみ)

今後も、DRE関連は大きな更新は無いと思いますが、宜しくお願いします。
admiral <admiral@gol.com> [2003/03/19 22:43:36]
噂の?PL-P3/SMPが、P3DREで起動できるかどうか、Pen3-Sで試してみました。
動きませんでした。起動しませんでした。
スキルのない私にとって、期待度は大だったんですがねぇ。残念。
いつもこちら見させていただいて、何もできませんでしたので、報告でもと思いまして。
でわでわ
N-yagi <???@???.??.??> [2003/02/17 22:56:22]
20000Hitいってもた・・・
ukyo <???@???.??.??> [2003/02/13 22:51:30]
N-yagi様
 BIOSの設定を教えていただいたとおりにしたところ無事起動いたしました。
今まではELZAのGEFORCE2ULTRAを使用していましたが、FF11をはじめてから9700を購入致しました。もし、動かなかったら新しいマザーでも購入しようかと半分諦めていたのですが、おかげで暫くはこのマシンを使うことが出来そうです。ありがとうございました。
N-yagi <???@???.??.??> [2003/02/12 23:11:35]
ukyoさん、はじめまして。

9700購入と言うことですが、コレがうまく動かないのは8500(LEではなく128Mの製品)と同じ問題だと思われます。もしも、他のVGA(PCIのものでも可)をお持ちでしたら、BIOSで以下の方法を試してみてください。

Initial Display Mode の設定を Silent → BIOS に設定。

設定が反映されたことを確認したのちに、9700に戻すと、起動するはずです。
起動に成功すれば、外部電源の為か8500より安定度は高いです。

当ページの「Radeon8500 on P3DRE」にも、ちょこっと触れているので、見てみてください。

ukyo <???@???.??.??> [2003/02/12 21:26:23]
初めまして、私もP3DREを使用しており、先日RADEON9700PROを購入いたしました。
しかし、うまく動作せず情報を集めていたところ、このページにたどり着きました。
私の場合取り付けて電源を投入するとスーパーマイクロのロゴが出るのですが、その後画面に何も写らずにHDDも反応がない状態です。BIOSの設定画面にも入れません。構成としては、
CPU :P3 1G(FSB133,slot1)*2
MEM : 256*2
電源 :325W
P3DREのBIOSのバージョンはR 1.2でPCIスロットは全てはずして試しました。
BIOSは普通のものを使用しておられるのでしょうか?何かほかに注意点等ありましたらご教示ください。



N-yagi <???@???.??.??> [2003/02/02 14:13:54]
>SLOT−Tの対応表の中から
>こっそりP3DREが消えてますね(笑)

あ・・騙された・・・こんちくしょ(T^T)

やはり、DREは特殊なのか・・・

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2003/01/27 21:30:09]
SLOT−Tの対応表の中から
こっそりP3DREが消えてますね(笑)
N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/27 00:03:16]
ファイナル・イリュージョンさん、はじめまして。

> こちらのサイトにありましたザルマンのヒートシンク、
>実はかなり気になっています。今のカードはELSA のグラディアック・ウルトラ。
>これをあれで改造したいのですが、ページの方にありましたラディオンの
>そのごの動作などはどうでしょうか?

ZM80ですが、現在Radeon9700ProをP4DC6+で使用しております。
FF11のプレイも快適ですが、まれに、熱暴走?と思しき画像(ポリゴン、テクスチャ)の乱れが発生します。ただし、本当に熱暴走なのか断定できません。(と、祈っている。ぉぃ

グラディアックがどの程度の発熱なのか分かりかねるのでZM80を適応した場合の安定度に関しては、正直分かりません。
ケース内の空気の流れの状態で、かなり状況が変わるものである事は確かです。
Final_Illusion <???@???.??.??> [2003/01/25 21:27:31]
初めまして!ファイナル・イリュージョンと申します!
実は私、3DCGをやってまして、パソコンの稼働時間に関しては
ほんと尋常でありません。

 そんなわけで、いつも真っ先に壊れるのはVGAのファン。
起動時に「ヴーン」という鈍い音を立て始めます。六年間保障の
付いてるELSAの製品でも一年半と持ちませんでした。

 こちらのサイトにありましたザルマンのヒートシンク、
実はかなり気になっています。今のカードはELSA のグラディアック・ウルトラ。
これをあれで改造したいのですが、ページの方にありましたラディオンの
そのごの動作などはどうでしょうか?

 真剣に購入を考えてます!よろしくお願いします!
N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/19 14:17:03]
>>http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20030118/price.html
>ちょっと見てみましたが、型番がPL−iP3となっている所がチョット怪しいです(笑
改めてよく見ると、PL−iP3/T1.0とパーツのレイアウトがぜんぜん違いますね。
また、1から設計しなおしたンでしょうか?

ちょっぴり淡い期待が・・・(笑

N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/19 14:06:02]
TMMさん、こんにちは。

>内容によれば、Tualatin Celeronでもデュアルが出来そうかも・・・と書いてありますが。
>こいつが840マザーでも動いてくれればよいのですが。
>http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20030118/price.html
ちょっと見てみましたが、型番がPL−iP3となっている所がチョット怪しいです(笑
まあ、セレロンデュアルはそれこそ眉唾ものでは?と勘ぐっていますが・・・

個人的には、こちらの方が気になってたり・・・
http://www.upgrade123.com/html/PL-P3Xeon.php
Slot2Quadマザー安く手に入らんかな(笑

TMM <???@???.??.??> [2003/01/18 19:57:48]
Slot-Tに続いて、またまた下駄が登場するみたいです。
内容によれば、Tualatin Celeronでもデュアルが出来そうかも・・・と書いてありますが。
こいつが840マザーでも動いてくれればよいのですが。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20030118/price.html

エキム <???@???.??.??> [2003/01/13 00:09:39]
こんばんわ。
おじゃまさせていただきます。

もけもけさん ゼンクンさん N-yagiさん>
動作確認等の書き込み、参考にさせていただきました。

PL−@P3/Tを見た後では、SLOT-Tは「えらいシンプルだな。」という
気はしてたのですが・・・。

SLOT-T自体については、EPoX EP-61BXA-C + Celeron 1.3GHzでWindow98のセーフモード
起動までは出来たので、物自体は壊れていなさそうなことは確認できました。

Pentium3-Sを動かせないままなのはもったいないので、GIGABYTEのGA-6VTXDという
Dualマザーも手に入れてみたのですが、DMEと交換する気になれなくて。

みなさんと同じ下駄を手に入れたら、再度DMEでPentium3-Sの動作実験してみたいと思います。
(予算や、入手の問題で先の話になると思いますけど。)
その時は、また書き込みさせていただくかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/11 15:46:09]
Slot−Tについて

現在、2人からSlot-Tについての報告を頂いております。
Slot−Tの動作マザー一覧ページにはP3DREが列挙されているので、
起動は問題ないだろうと考えていたのですが、実際の動作は非常に厳しいようです。

ここの情報を見てこれから購入される方は、覚悟したほうが良いようです。

N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/11 15:45:54]
エキムさん、はじめまして。

>掲示板を読んで、とりあえずupgradewareのSLOT-Tを通販にて購入しました。
結果は残念ですが、貴重なご報告ありがとう御座います。
ゼンクンさんの報告と合わせると、Slot−Tの動作には問題があるようですね。

本来は私自身がこの掲示板で情報を振る前に実験すべきだったのですが・・・・
重ね重ね、貴重な情報をありがとう御座います。

N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/11 15:45:31]
TMMさん、こんにちは。

>ここでは370GUもあるようなので、これがNEXCOMのマザーでも使えると・・・
>なんて期待してしまいますね!
>購入を検討しています。意外と値段が安いので(^^)

実のところは、PL−370/TでもNEX6320(BXチップの方)は起動します。
ところが、たかがBIOS起動ですら電源のFETがえらい熱を持つので運用を諦めました。
NEX6420(i840)ではPL−370/Tでは起動できなかったので、
i840でテュアラティンを動作させる方法としては非常に期待をしております。
電源が燃えそうにならなければ、BIOSを弄らなくて良い可能性が高い分
こちらの方が良いかもしれないですね。

ゼンクン <???@???.??.??> [2003/01/11 12:12:29]
お久しぶりです。

エキムさん、もけもけさん>
P3DREでSLOT-T試してみました。エキムさんと同様に起動しません。
MS6905+PL370を使用したもの(Dual起動確認済み)とSLOT-Tとを1台づつ
使用して、起動を確認しました。

CPU1 CPU2 結果
SLOT-T SLOT-T NG
SLOT-T 無 NG
MS6905 SLOT-T OK

CPU2であれば起動するので、Dualにも一応は対応していると思います。
SLOT-Tは電圧が低く、1.45V設定でも1.36Vでした。これが原因かと思い、
1.55Vの設定しましたが、NGでした。
私の環境だけかもしれませんが、ご参考までに。

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2003/01/11 07:10:09]
お久しぶりです。

エキムさん>
僕はP3DME+MS6905Master改造でPentium3-Sが動いたものです。
Slot−Tは僕も注目していた製品で
P3DREが動作リストに載っていることから
P3DMEで動く事を期待していた反面
P3DME+PL−@P3/T+PL−370Tで動かなかった経験を持っているため
動かない可能性も充分あると思っていました。

ですからP3DREでもSlot−Tが動かないと結論はまだ出せないと思われます。

Slot−Tの基板上にコンデンサーの類が見当たらない事から
「ホントに動くのか?」と結構疑問でした。
MS−6905でTualatinを動かす際に
コンデンサーの有る無しは大きなウェイトを占めているからです。
エキム <???@???.??.??> [2003/01/10 00:21:42]
はじめまして。
現在、P3DMEを使用しております。

昨年末にこちらのホームページを拝見しまして、
自分のマザーでもPentium3-Sが動くかもしれない、
という希望を持てました。

掲示板を読んで、とりあえずupgradewareのSLOT-Tを通販にて購入しました。
(DREが動作確認に載っているのなら、DMEでも動くかもしれないと思ったので。)

今日、届きましたので、とりあえず単体でPentium3-S 1.26GHz、
Celeron1.3GHzを試したのですが、両方とも起動しませんでした。
BIOSの画面も出ません。

急いで試したので私の設定等にミスがあるためなのかもしれませんが、
とりあえず報告させていただきます。
(動いた方の報告があれば、参考にさせていただきたいと思っています。)
Kaworu <???@???.??.??> [2003/01/08 01:11:48]
こんばんわ。喪中につき年始のご挨拶は失礼いたします。今年も宜しくお願いします。

>久しぶりに掲示板を見たのですが、Kaworuさんが試そうとしているPK-P2A733NXを、
>実はP3DMEで起動するか試したことがあります。見事に起動しませんでした。やはり
>i840ではダメなようです。全くの無改造の状態でしたから、起動しなくて当たり前
>なのかもしれませんが・・・。一応DMEでは動作不可の、人柱報告を(^^;

P3DMEはFSB-66MHzは非対応だった様な。これがPK-P3A850NXなら大改造が必要という
事になりそうですが(苦笑)。

>スイッチング電源は、電流を取ろうとすると一度に弄らなければならないところが
>多いですから、これは意外に大変な作業になるのでは?

 MOSFETはDCで20A,Pulseで50Aですから大丈夫でしょう。電解コンはデータが無い
ので微妙。載ってる数は多いからと楽観モードです(笑)。インダクタはコアを探して
自力で巻く以外無い様です。すっかり計算方法忘れてる(爆)。しかしSlot-Tの価格を
見ると更に改造費用が出なくなりますね(苦笑)。

TMM <???@???.??.??> [2003/01/07 00:03:52]
N-yagiさん、明けましておめでとうございます。
以前N-yagiさんが見つけたSlot-Tですが、通販してるサイトがありました。
http://sound.jp/i-love-pc/sales-1.htm
ここでは370GUもあるようなので、これがNEXCOMのマザーでも使えると・・・
なんて期待してしまいますね!
購入を検討しています。意外と値段が安いので(^^)
N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/03 01:31:09]
TMMさん、お久しぶりです。

>P3DMEで1.26DUALを無事に動作させることができました。
おお、デュアル成功おめでとう御座います。

>そしてPL-370/SMP1.0という製品が出るようなので気になっています。
>http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20021228/price.html
>のOVERTOPのところに、写真があります。
何故、最初からコレを出さなかったのかッ!って、モンですね。(^_^;;
Ver1.0とVer2.0を足したような製品ですね。

>あと、ここを見ている方たちに質問なのですが、P3DMEやDREで、Win2kまたはWinXPをインストールして、Suspend to RAMをうまく動作させている方はいらっしゃるのでしょうか?
私自身は、サスペンドを使う必要が無かった為に情報を持っていません。スンマせん。
ただ、以前にDRE&DMEのサスペンドは「使いづらいor癖が強い」と聞いたことがあります。

N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/03 01:30:40]
Kaworuさん、こんばんは。

> 説明が足りませんでしたね(汗)。PK-P2A下駄はPC-98(NX含む)とかメーカーPC向けの
>アイオーデータのCPUアクセラレータで使ってた基板で、非対応マザーでCoppermineが
>使えるようにするものなのです。その下駄でTualatinが使えるようにするという事
>なのです。
おお、なるほど。カッパ用の下駄でテュアラティンを動かすって事ですね。

>様ですが電圧固定です)に落とすのですが、元々がCeleron566用だったので、電流が
>取れないんです(15A位)。問題はインダクタなのですが、見た目で値が判らないので
スイッチング電源は、電流を取ろうとすると一度に弄らなければならないところが多いですから、これは意外に大変な作業になるのでは?
P3−S1.4Gで20Aチョッとですから、なんとか成らなくも無さそうですが。(って、チョッとばかし無責任発言カモ

TMMさんの書き込みからはi840は駄目だったそうで・・・
でも、BXならば動く可能性が高そうですね。

N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/03 01:30:13]
Maruさん、こんばんは。
いろいろ頑張っているようですね。私は、最近頑張ってません(ぉぃ

>SupermicroともどもBIOSアップなしで(ですよね?)できるような…すごい。
これは眉唾モンですが、FCPGAのCPUを動作させることが出来る下駄ならば、大変貴重なものとなるでしょう。

>今回、BIOSアップデートEXEからとりだしたイメージも調査を始めましたが、開いてびっくり!
>なんかイメージ化されたバイナリデータの配置からして違います、すごくw
>確かにサイズ違うんですが(400KBくらい)、BIOSROMから抜いたほうは明らかに空白が多いです。とほー
うーん、やっぱりDELLは特殊なんでしょうか・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2003/01/03 01:29:47]
皆様、あけましておめでとう御座います。

今年も、よろしくお願いいたします。

TMM <???@???.??.??> [2002/12/31 21:10:36]
久しぶりに書き込みます。N-yagiさん、もけもけさん、以前はお世話になりました。
あれからまったくの手付かずだったのですが、じつは2ヶ月ぐらい前にP3DMEで1.26DUALを無事に動作させることができました。本当にありがとうございました。
久しぶりに掲示板を見たのですが、Kaworuさんが試そうとしているPK-P2A733NXを、実はP3DMEで起動するか試したことがあります。見事に起動しませんでした。やはりi840ではダメなようです。全くの無改造の状態でしたから、起動しなくて当たり前なのかもしれませんが・・・。一応DMEでは動作不可の、人柱報告を(^^;
そしてPL-370/SMP1.0という製品が出るようなので気になっています。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20021228/price.html
のOVERTOPのところに、写真があります。
これなら、使えるCPUクーラーが増えそうです!
あと、ここを見ている方たちに質問なのですが、P3DMEやDREで、Win2kまたはWinXPをインストールして、Suspend to RAMをうまく動作させている方はいらっしゃるのでしょうか?
この点をいろいろ調べていたのですが、さっぱり判りませんでした。また、BIOSのパワーマネージメント項目も、かなり特殊な項目ばかりで、調べ方が悪いのかもしれませんが、どのような機能の切り替えなのか調べることができませんでした。
なにかヒントになるような助言でも、いただけないでしょうか?
Kaworu <???@???.??.??> [2002/12/31 13:15:59]
N-yagiさま、こんにちわ。

>そうなんですよね。改変の説明では、弄くる個所の少なさを優先した方法なのでカーーパーマインのデータを書き換えると、カッパのキャッシュが正常に初期化されなくなってしまう事になる訳で(ぉぃ。動かなくなること
>は在りませんが、Windowsの運用は出来ないと考えたほうが良いですね。

 マイクロコードが当たらないのならまだ良いのですが、post.binの方は書き換えると
どうなるか想像もつかなかったので(苦笑)。前回書き忘れましたがCeleron 1.4GHzは
BIOS上ではPentiumIII-1000MHzと認識されました。どうやらFSB=100かつ10倍で頭打ちに
されるみたいです(当然Win2kSP3では正確に認識します)。

>レギュレーターというのは、マザー上のものでしょうか?PL−iP3自体がCPU用の電源回路を持っている(外部電源の)はずなので、気にする必要は・・・
>それとも、別の電源のことでしょうか?

 説明が足りませんでしたね(汗)。PK-P2A下駄はPC-98(NX含む)とかメーカーPC向けの
アイオーデータのCPUアクセラレータで使ってた基板で、非対応マザーでCoppermineが
使えるようにするものなのです。その下駄でTualatinが使えるようにするという事
なのです。

 この下駄にはレギュレータが乗っていてコア電圧を2.8Vから1.5V(版によって違う
様ですが電圧固定です)に落とすのですが、元々がCeleron566用だったので、電流が
取れないんです(15A位)。問題はインダクタなのですが、見た目で値が判らないので
ジャンクマザーからの流用も難しいんですよね。かと言って改造費用はPL-iP3/Tの
半額位にはしたいし(笑)。

 この下駄、見た感じAGTL+の信号線には全て抵抗アレーが入っているので、やる気
次第ではレベルシフタを入れて完全にPL-iP3/T化可能っぽいのですけど、100MHzを
ジャンパー飛ばすのも怖いんですけどね。




Maru <???@???.??.??> [2002/12/30 21:10:57]
N-yagi様、こんばんは!

助言ありがとうございました、Maruです。
「Slot-T」ですが、ばっちりIntelなi840マザーとか載ってますね。
(でもDellのそれは載ってないのがポイントw)
SupermicroともどもBIOSアップなしで(ですよね?)できるような…すごい。
ジャンパーはおそらくFSBモードと電圧で…大きめなCPUクーラーが付けられますね。
正面左端のチップが気になります(だまし?)。あと大容量コンデンサーの類はなさそうですが、この辺はどうなのでしょうか。
とりあえず注文をしようかと(@昇級電脳)。※年明けまでできませんが。

さて、先日いただきましたありがたいヒントを参考にいろいろやってみました!

サーマル機能復活の結果としてはNGです。サーマル改造「PL-iP3/T」(ただし単発)ではノーマルとほとんど替わりませんでした。
1)B14・B15の接続はなんとか成功(テスター確認)
2)単発時の症状:電源は入るが、それだけ。
3)B13のパターンに傷?<カットしてしまったのかも。
4)6905Masterでも双発にしないと起動がうまくいかないくらいシビアなので、サーマル改造×2ならうまくいくかも。

さてBIOSです。
取り出した内容のあやしいROMイメージは、N-yagi様の助言のおかげで少しずつ調査できるようになりましたが、それでも512KBは広いです。バイナリエディタ+逆アセンブラ+テキスト
せめて某Phoenixがおおまかなマップだけでも公開してくれていれば…

今回、BIOSアップデートEXEからとりだしたイメージも調査を始めましたが、開いてびっくり!
なんかイメージ化されたバイナリデータの配置からして違います、すごくw
確かにサイズ違うんですが(400KBくらい)、BIOSROMから抜いたほうは明らかに空白が多いです。とほー

年末年始でもう1つ改造して双発実験してみます。
で、ダメだったら、「Slot-T」人柱とw

N-yagi <???@???.??.??> [2002/12/28 22:11:01]
朗報!です。

P3DREでテュアラティンコアCPUを動かせるかもしれない下駄が存在するようです。

http://www.upgradeware.com/english/product/slot-t/compatibility.htm

・・・・・・・・ホントかなぁ(ぉぃ

N-yagi <???@???.??.??> [2002/12/28 20:21:03]
XeonMP2Gは、じゃんぱら本店のページにも出てます。

http://www.janpara.co.jp/akiba1/

N-yagi <???@???.??.??> [2002/12/28 20:19:18]
12月27日じゃんぱら速報?
XeonMP2.0G−2ML3¥99800・・・1個以上は・・・
XeonMP2.0G−2ML3/ES¥89800・・・3個くらい?

昨日の情報なので注意。ってか、このBBSを毎日チェックしてる人が居るとも思えないが・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/12/28 17:26:27]
Kaworuさん、はじめまして。

BIOS改変の成功おめでとうございます。

>CoppermineコアのCPUが起動しなくなると困る
そうなんですよね。改変の説明では、弄くる個所の少なさを優先した方法なのでカーーパーマインのデータを書き換えると、カッパのキャッシュが正常に初期化されなくなってしまう事になる訳で(ぉぃ。動かなくなることは在りませんが、Windowsの運用は出来ないと考えたほうが良いですね。

>時間が有れば、次は「PK-P2A下駄はPL-iP3/Tの夢を見るか」なんてやってみたいの
>ですが、何せ追加部品が必要なのは目に見えてる(回路上レギュレータの出力が15A位
>しか出そうも無い)ので、この辺との兼ね合い(あと時間も)になりそうです。
レギュレーターというのは、マザー上のものでしょうか?PL−iP3自体がCPU用の電源回路を持っている(外部電源の)はずなので、気にする必要は・・・
それとも、別の電源のことでしょうか?
いずれにせよ、ご報告お待ちしております。(^_^)

Kaworu <???@???.??.??> [2002/12/26 01:10:55]
はじめまして、ここを参考にしてP6SBA,P6SBUへのCeleron 1.4GHz + PL-iP3/T搭載に
成功しましたので報告させていただきます。

post.binの例の6バイトテーブルは下の方のmaさんの書き込みのP6DGEと同じ、

063F 19CB 1912
065F 19CB 1A13
065F 19CB 1C14
066F 19CB 1D15
067F 19CB 1E16
068F 19CB 1F17 <#1

(ワード単位でビッグエンディアン表記)でした、当初ここで#1の先頭ワードを06BF
に書き換えようかと考えたのですが、CoppermineコアのCPUが起動しなくなると困る
ので、このテーブルの後ろにある0000(18ワードありました)を#1の直後から続けて

06BF 19CB 1F17

で「上書き」したところ、Cele-333でもP3-800でもCele-1.4Gでも正常にPOSTまで通る
ようになりました。こうすることで今まで使ってたCPUが使えなくなる事は無いと思い
ます。ちなみに恐くて#1の先頭ワードを06BFで上書きするとどうなるか試しては
いません。(^^;

次にマイクロコードですが、P3-TDERのBIOSから拝借したもので重複しないものを全て
焼いたらMicrocode Errorで怒られました(苦笑)。これがmicrocodeの容量が多すぎて
切り捨てられたのか、他の要因(作業ミス等)かは不明です。06B0,06B1,06B4と思われる
マイクロコードのみ後ろに付け加えたら上手くいきました(ちなみにP6SBxでは068Aの
マイクロコードは入ってないです)。

ニーズはあると思うんだけど(笑)、何故かP6SBx,P6DBx,P6DGxのBIOS改造情報が検索で
引っかからなかったので、少しばかり試行錯誤しましたが、このサイトのおかげで無事
成功しました。感謝の意をここにこめて。

時間が有れば、次は「PK-P2A下駄はPL-iP3/Tの夢を見るか」なんてやってみたいの
ですが、何せ追加部品が必要なのは目に見えてる(回路上レギュレータの出力が15A位
しか出そうも無い)ので、この辺との兼ね合い(あと時間も)になりそうです。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/12/20 20:15:05]
Maruさん、はじめまして。

情報ありがとうございます。
phoenixBIOSの解析との事ですが、考えついた事を1つ。

BIOSはPOSTプログラムに移行する前の、CPUやメモリーの初期化部分があり、ここの部分は、圧縮格納されていません。もし、POSTの前の段階で、温度チェックが行われているとすれば、ROMイメージを直接逆アセンブルして解析することが出来ると思います。
ROMイメージは、一番後ろの16バイトがFFFF:0000になるようメモリにマップされるのが一般的なので、DELLのマザーがまともな作り(笑)ならば、ここから辿って行けると思います。
データの正当性は、それこそ見ないと分かりませんが・・・

Maru <???@???.??.??> [2002/12/17 13:04:57]
N-yagi様、皆様今日は。
かれこれ1年がかりで、Tualatin@Delli840マシンに挑んでいるMaruと申します。

某KIKUMARU Lab.でN-yagi様の発言を拝見して以来このページを参考にしています。
2段下駄をはじめとして、いろいろやってみましたが、そろそろあきらめモードですねw
※原因は判明していますが、BIOSがphoenixなのでどうにもできません…

さて、DELLのフォーラムで「PL-iP3/T」がDELLのi840マザーで動くというこんな情報を入手しましたのでご報告です(意訳)。
※ホームページURL>DELLのフォーラム(英語)

Precision410(BXマザー)ではBIOSで温度管理項目を無効にすることで「PL-iP3/T」が動作する。Precision420(i840マザー)ではBIOSにその項目がないが、B14とB15端子を結線することで動作し、BIOSセットアップまで見えるようになった。

分かりにくい意訳ですみません。
その他各所で集めた情報とまとめると、
・「PL-iP3/T」はCPUの温度情報を伝える配線(B14とB15)がない
 ※これについては「Takapen & NijimasuX のホームページ」の解析情報にも同様の記述があります。http://www.ac.wakwak.com/~takapen/htm05/pl-ip3t-2.htm

・上記配線パターンがない場合、CPU温度は255度となる

・PhoenixBIOSが搭載されたDELLのマザーではCPUの温度異常でHaltする

・6905MasterはすべてのピンがSlot端子側まで結線されている

ということらしいです。
もしかすると主にワークステーション/サーバー用途のi840マザーで各種Slot1下駄が動作しないのは、上記異常温度によるセーフティなのかもしれません。

ちなみに、DELLのフォーラムに情報を投函した方は結論としてN-yagi様と同様のことを考えています。
…BIOSのPOST部分をいじらないとダメw。

彼も私と同様、PhoenixBIOS様のツールを探しているようです(DELLに「くれ」と言っているようですが)。私はというと、4MのBIOSイメージを吸い出せたものの、正しいデータなのかも確認できない状況です。


N-yagi <???@???.??.??> [2002/12/15 11:40:39]
すんません。
FF11を始めてしまったらしいです。
更新頻度が今までになく「鈍く」なる事が予想されます。

しかし、エリア移動の度に回線が落ちるのは勘弁して欲しいトコロ。むーん。

はなかっと <ZVB04100@nifty.ne.jp> [2002/12/01 23:34:55]
ついにE7505マザーが本格的に流通しはじめてFSB533XEONの幕開けですね。
個人的には同じFSB533でも今使っているRDRAMの方が思い入れありますねぇ。
なにせ今のXeonシステムは、無理をして組みましたから・・・。
XeonMP2.0Gが買えなかったショックからまだ立ち上がれません。

N−yagiさんへ
幻のPC1066XeonMPシステムの成功に期待しています!
私もP6DCEのFSB1066化したいのですがスキルが足りずできません。
ぜひご教授ください。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/12/01 22:23:43]
もうチョッとで、15000Hit!!おお、すばらしい!

でも・・・最近、疲れ気味にて、更新滞り中。スンません。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/23 00:17:09]
11月22日じゃんぱら速報?
XeonMP2.0G−2ML3/ES¥99800・・・1個

当方は、P4DC6+にUSO600でFSB533に挑戦も、撃沈。USO600で全く起動出来なくなってしまいました。もしかして、片面128M/両面256Mとかの古いやつしか動かないのか?

と、言う訳で、くやしいのでBIOSを解析する気マンマンです。
上手く行ったら、USO600BIOSとして差分を公開しようかな?とか、考えてます。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/22 00:06:08]
XeonMP実験システムのHDDがイカレました。
改めてHDDをみると富○通製40G。むう、しまった。
で、Win2K鯖SP3を入れようとすると、何故かまともにインストール出来なくなってしまいました。MP1.6Gでは、大丈夫だったのに。
もしかして、ESだからかッ!と、不安になりましたが、改めて、素の鯖にSP1,SP2,SP3と順に充てたインストールDiskを作り直した所、インストール成功!

こうなると気になるのが、何故MP1.6Gでは問題なかったのか?コアのせいなんだろうか?
などと考えつつ、オーバークロック出来ないMP2G−ESの為にSuperMicroのマザー購入を決意。でも、E7505ではなく、i860です。

果たして、Xeonでは静音マシンは本当に作れないのか?を追求しようと考えちょります。


・・・なんか、支離滅裂ですな(ぉぃ

はなかっと <ZVB04100@nifty.ne.jp> [2002/11/17 21:51:38]
こんばんわ。

情報ありがとうございます。
欲しいですよぉ!!XeonMP2.0G。

でも、微妙に秋葉原は遠いです。(といいつつ、明日のスケジュールを確認中)
何時の時点でじゃんぱらに残っていました?(財布の中身を計算中)

遅くなりましたが、マイクロコードの件ですけど、
私の使っているXeonMP1.6GもESなんですが
P4DCEでは、エラーは出ませんでした。


N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/17 19:00:27]
11月17日じゃんぱら速報?
XeonMP2.0G−2ML3/ES¥99800・・・3個ほど
XeonMP1.5G−512kL3/ES¥失念・・・1個?

私があと2つ購入してQuadだぁ!という暴挙も可能ですが、私も人間ですのでご飯を食べないと死んでしまいます。したがって、暴挙に出る事は無いでしょう。
むしろ、DP400でほとんどオーバークロック出来なかったのは、はずれなのか、元々そーゆう特性なのかが知りたいところでもあります。
しかし、正直、普通の用途ではXeonDP2.8Gを3G程度にする方がよっぽど軽く速い物になるでしょう。
それでも、あえて逝ってしまう方が万が一イラッシャれば、是非ともご報告願いたい物です。

誰かッ!ここには、勇者は居ないのかッ!(笑

N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/17 00:39:56]
XeonMP2.0G−2ML3/ESですが、これっぽっちもオーバークロックできなさそうです。ESだしなぁ。
BIOSで、最低16倍までしか倍率を変えられないので、これでFSB533にしてみたところ、POSTコード番号が全く進まないのです。まいった。

新コア?だから、2.2G〜2.4Gくらいは行くと思っとったンですが、これはやられました。
まあ、定格でも、P3−S1.4GデュアルonP3DREより確実に?速いし、MP1.6Gより熱くならないので、メインマシンにするつもりではいますが。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/17 00:32:13]
K'zさん、こんばんわ。

>SP-420RPの音の件ですが、原因がわかりました。リビジョンの違いです。新リビジョンのものは電源オフ時の音は鳴りません。
リビジョンで音が変わるんですか。ユーザーからクレームでも来たンでしょうか?新しい物は、回路の見直しでもしたのでしょうね。

>でも、相変わらず新リビジョンのものもファンは爆音です(w
ファンの動作中の抵抗値が判れば、電源の安全装置を騙せる気がします。多分。
でも、内臓のファンってスペックが判らない事が多いンですよね。
K'z <???@???.??.??> [2002/11/15 23:05:07]
N-yagi様

SP-420RPの音の件ですが、原因がわかりました。リビジョンの違いです。新リビジョンのものは電源オフ時の音は鳴りません。

結局、オークションでもう1つ「SP-420RP」を落札しまして・・・か・金が(^^;

で、双方の電源BOXを比較してみた所、今回落札したものが新リビジョンのもので音がするものと若干仕様が違います。

1)コネクタの数が違う。
2)問題のブザーボタンとLEDの位置が新しいリビジョンのものは3〜4mm程
X軸・Y軸共に内側に移動している。
3)古いリビジョンのものは通電しただけで、「パチ・・パチ・・」の他に低い
音で「ウゥ・・・」と稼働音が電源BOXに耳を近づけたら聞こえる。

でも、相変わらず新リビジョンのものもファンは爆音です(w


N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/14 22:39:15]
こんばんは。

>この事もあって、XeonMP新コアのマイクロコードを探そうとも思っているところでもありますが。
さっくり、自己解決。
事の他はやくマイクロコードが見つかりました。
そのうちページにアップします。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/13 22:57:02]
はなかっとさん、こんばんは。

>XeonMP2.0G−2ML3/ES買われたんですか!
はなかっとさんの書き込みが無ければ、備える事が出来なかったでしょう。感謝です。

で、ESならではの問題?にちっとばかし気を取られています。ので、質問させて頂きます。(って、ここで聞くナや(ぉぃ
DP400では、マイクロコードを適応できないとイチイチ起動するたびに警告が出るのですが、XeonMP1.9G on P4DCEではいかがでしょうか?

この事もあって、XeonMP新コアのマイクロコードを探そうとも思っているところでもありますが。
まだまだ、やる事は沢山あるようです。あああ、時間が欲しい(^_^;A

はなかっと <ZVB04100@nifty.ne.jp> [2002/11/12 23:12:44]
どわわわわわわわ・・・

失礼しました!
XeonMP2.0G−2ML3/ES買われたんですか!

いいなぁ・・・

わたしの1.9Gは1個しかないんで、余らしています。
普段はXeonMP1.6Gを2個で運用中。
やっぱり、2個の威力にはかないません。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/12 20:55:14]
はなかっとさん、こんばんは。

>PC1066RIMM on DP400を興味深く見させていただいております。
>Dual CPU WorldではDirect Rambus Clock Generator という
>チップを張り替えて1066仕様にしているようですが、
>ドナーとなる1066の設定ができるマザーが必要な様子。

実は、チェックしております。
DP400の記事も、次のネタが一応それです。あくまで予定。予定は未定で確定にあらず。
などと、書きつつ、次のDP400購入計画が・・・ドナーマザーはどうしよう・・・

XeonMP2.0G−2ML3/ESを購入してしまった関係で、正直、今年はPCの散財が極端です。まだ、かろうじてローン(借金)せずに済んでいますが。もう、ボーナス分は・・・無いッ!です。(自業自得

はなかっと <ZVB04100@nifty.ne.jp> [2002/11/11 22:03:25]
N-yagiさん、こんばんわ

PC1066RIMM on DP400を興味深く見させていただいております。
Dual CPU WorldではDirect Rambus Clock Generator という
チップを張り替えて1066仕様にしているようですが、
ドナーとなる1066の設定ができるマザーが必要な様子。

私もこないだ手に入れたXeonMPがどこまで回せるか試したくてしょうがないです。



エキム <???@???.??.??> [2003/01/13 00:09:39]
こんばんわ。
おじゃまさせていただきます。

もけもけさん ゼンクンさん N-yagiさん>
動作確認等の書き込み、参考にさせていただきました。

PL−。丕ウ/Tを見た後では、SLOT-Tは「えらいシンプルだな。」という
気はしてたのですが・・・。

SLOT-T自体については、EPoX EP-61BXA-C + Celeron 1.3GHzでWindow98のセーフモード
起動までは出来たので、物自体は壊れていなさそうなことは確認できました。

Pentium3-Sを動かせないままなのはもったいないので、GIGABYTEのGA-6VTXDという
Dualマザーも手に入れてみたのですが、DMEと交換する気になれなくて。

みなさんと同じ下駄を手に入れたら、再度DMEでPentium3-Sの動作実験してみたいと思います。
(予算や、入手の問題で先の話になると思いますけど。)
その時は、また書き込みさせていただくかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2003/01/11 07:10:09]
お久しぶりです。

エキムさん>
僕はP3DME+MS6905Master改造でPentium3-Sが動いたものです。
Slot−Tは僕も注目していた製品で
P3DREが動作リストに載っていることから
P3DMEで動く事を期待していた反面
P3DME+PL−。丕ウ/T+PL−370Tで動かなかった経験を持っているため
動かない可能性も充分あると思っていました。

ですからP3DREでもSlot−Tが動かないと結論はまだ出せないと思われます。

Slot−Tの基板上にコンデンサーの類が見当たらない事から
「ホントに動くのか?」と結構疑問でした。
MS−6905でTualatinを動かす際に
コンデンサーの有る無しは大きなウェイトを占めているからです。
K'z <???@???.??.??> [2002/11/06 23:58:41]
N-yagi様

早速の回答有り難う御座いますm(__)m

アクティブフィルターですか!?確かに、電源ケーブルを電源BOXに差し込んで通電した状態で耳を近づけると「パチ・・・パチ・・」の他に「ウゥ・・・」というような低い稼働音の様なものが聞こえます。もしかするとPFCの兼ね合いも関係しているのかもしれませんね。

見てお判りかと思いますが、かなりシロートですのでファンの交換は止めて現状維持で使用していきます。PF−SILENCER2をお茶濁しでケースに装着したら、少々爆音も改善されましたし(^^でも、季節はパソに優しい時期の到来となりましたが、仮にSP420-RPの2つ目のファンが回り出したときの音は凄そうです。

何か、胸のつかえが取れました。有り難う御座いました。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/06 20:05:44]
K’zさん、はじめまして。

「SP-420RP」から音がするとの事ですが、もしかしてアクティブフィルタとかが付いている物ですか?
この電源に限らず、アクティブフィルタで高効率を謳っている物は、パワーオフ時に音がすると聞いた事があります。私も、当時非常に静かと言われた「日本プロテクターのPCSA300PX2」を所有していますが、パワーオフ時に「ジリジり・・」と音がします。電源を入れると、明らかにその音が消えると言う現象に遭遇しました。
これは、仕様ですので仕方が無いようです。

ファン交換の件ですが、「SP-420RP」は、ファン故障時の安全装置が付いているので、安易にファンを切ったり取り替えたりすると、安全装置が働いてしまうそうです。どこかで、安全装置を騙してファン交換をした方が居たような気がしましたが、何処で得た情報なのか情報元を失念してしまいました。すみません。
我慢できるなら、いじらない方が良いと思いますが・・・

K’z <???@???.??.??> [2002/11/06 00:13:43]
皆さん始めまして。

念願の電源BOX:SuperMicro「SP-420RP」をオークションで落札しましたが、パソの電源を落とすと電源BOX内部から「パチ・・・パチ・・・」と不気味な音が鳴り続けます。電源を入れるとファンの爆音に消されてか音は聞こえなく、問題なくOSも起動します。これって仕様なのでしょうかね??出品者に聞いても「わからない」そうです・・(^^;

考えても仕方がないので、開き直って早々に電源BOXをご開帳して、この掲示板にあったFANだけでも交換と思い、FANを交換すると回転数の問題か、いきなりアラームが鳴り出すし。やはり触らぬ神に祟りなしでしょうか?どなたかアドバイスをいただけないでしょうか?ヨロシクお願いします。


N-yagi <???@???.??.??> [2002/11/05 22:39:25]
インテルから、新たなXeonMPが発表された模様。
やはり、XeonMP2G−2ML3のようだ。
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/2002/1105/intel.htm

むう、欲しい・・カモ。1個50万はMP1.6Gの時と同じ。じゃんぱらしかないよなぁ・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/28 23:50:17]
いつのまにやら、13000Hit。はやいなあ。
最近、解析ネタが無いので更新の内容も非常に薄い。困った。質を維持できなくなりそう。うーむ。むむむ。むむん。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/27 11:22:42]
はなかっとさん、ご回答ありがとう御座います。

どうやら、型番からESではない様子ですね。1.9Gっちゅーのが中途半端ですが(笑)
11月にP4−3.06Gと同じくして発表される、ニューバージョンっぽいですね。
ずいぶん前の(1年くらい?)ロードマップでは、XeonMP2G−2ML3という物があった気がするのですが、それの下位バージョンでしょうか。

イイなあ、1.475v。やはり、MP1.6Gのような激しい発熱は無いンでしょうなぁ。1.6Gを1.86Gにすると、余裕で100W超なので今泣きそうです。ホンとに。アルファのヒートシンクですら、夏場の定格運用が怪しかった程ですから(実はクーラー無し、扇風機オンリーの部屋だったりします)。この発熱のおかげで、メインマシンに昇格できずにいます。

また、出ませんかねぇ?>じゃんぱら

はなかっと <ZVB04100@nifty.ne.jp> [2002/10/27 08:31:28]
すみません。
いっぱい書くこと忘れていました。
CPUには、
1900/1M/400/1.475V
SL6H2
と書いてありました。
WCPUIDでもちゃんとL2キャッシュが512KのFULL
L3も1024Kとでています。
クロックが中途半端なのはなぜかシステムバスクロックが99.14MHzと
なっているためと思われます。
クロックをいじっているわけでもないんですけど、P4DCEだと
低めにでるんですかね?

捕獲した場所は、御察しのとおり、じゃんぱらです。
それにしても、インテルのデータシートにもXeonMP1.9Mって
ないような気がするんですけどねぇ・・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/27 01:53:10]
はなかっとさん、はじめまして。

>昨日、秋葉原にてPrestoniaコアと思われるXeonMPを捕獲いたしました。
中古ですよね?やっぱり、じゃんぱらですか(笑

電圧がプレストニアより低い気がするのは気のせいでしょうか?
それから、クロックが中途半端な気がするのですが、FSB533の物ですか?オーバークロック?
CMベンチではたしかにL2が512Kになっていますね。WcpuIDなどでも、L2は512Kだったのでしょうか?

なんか、質問ばかりで済みません。非常に興味深い報告ありがとう御座います。
やっぱり1個ではなく2個欲しいところですね。

はなかっと <ZVB04100@nifty.ne.jp> [2002/10/27 00:44:48]
はじめまして。


昨日、秋葉原にてPrestoniaコアと思われるXeonMPを捕獲いたしました。

外観は、ヒートスプレッダがFosterコアのXeonMPよりも厚く、そのせいか
重さもかなりFosterコアのものより重いです。
電圧はFosterコアが1.7Vに対し、1.475Vと書いてありました。
私の所有しているP4DCEの標準クーラーでは、ヒートスプレッダが厚いため
ちゃんと固定できませんがとりあえず取り付けて動かしてみました。



★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Dual Pentium4 1882.10MHz[GenuineIntel family F model 2 step 2]
VideoCard Matrox Graphics Millennium G400 AGP
Resolution 1600x1200 (32Bit color)
Memory 523,748 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 1
Date 2002/10/27 00:08

Intel(r) 82801BA Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
ST340016A
DVD/CDRW RW9200

WinXP Promise FastTrak100 (tm) Controller
Promise 2+0 Stripe/RAID01.10

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
20839 56906 68421 138291 56786 117051 0

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
0 0 0 0 0 0 0 C:\100MB



Cache&MemoryBENCH Ver0.001

Processer Information --------------------------------------
CPU Freq = 1883.45 MHz
Level1 InstructionCache Information
Instruction TLB, 4K or 2M or 4M pages, fully associative, 64 entries
Instruction Trace cache, 8-way set associative, 12K uOps
Level1 DataCache Information
Data cache, sectored, 64 byte cache line, 4-way set associative, 8K
Data TLB, 4K or 4M pages, fully associative, 64 entries
Level2 UnifiedCache Information
Unified cache, sectored, 64 byte cache line, 8-way set associative, 512K
Level3 UnifiedCache Information
Unified cache, sectored, 64 byte cache line, 8-way set associative, 1M

Single DWORD RANDOM access speed -----------------------
Buffer Size : Read Latency : Access
[ 1024 bytes ] : 2.02 clock : 3723.26 MB/s
[ 2048 bytes ] : 2.07 clock : 3632.00 MB/s
[ 4096 bytes ] : 2.01 clock : 3755.74 MB/s
[ 8192 bytes ] : 3.65 clock : 2061.53 MB/s
[ 16384 bytes ] : 18.59 clock : 405.19 MB/s
[ 32768 bytes ] : 18.42 clock : 409.06 MB/s
[ 65536 bytes ] : 18.40 clock : 409.39 MB/s
[ 131072 bytes ] : 18.40 clock : 409.38 MB/s
[ 262144 bytes ] : 18.83 clock : 400.06 MB/s
[ 524288 bytes ] : 20.09 clock : 375.09 MB/s
[ 1048576 bytes ] : 63.99 clock : 117.73 MB/s
[ 2097152 bytes ] : 327.16 clock : 23.03 MB/s
[ 4194304 bytes ] : 327.41 clock : 23.01 MB/s
[ 8388608 bytes ] : 325.77 clock : 23.13 MB/s

Single DWORD SEQUENTIAL access speed -------------------
Buffer Size : Read Latency : Access
[ 1024 bytes ] : 2.02 clock : 3722.70 MB/s
[ 2048 bytes ] : 2.01 clock : 3744.66 MB/s
[ 4096 bytes ] : 2.02 clock : 3736.13 MB/s
[ 8192 bytes ] : 2.12 clock : 3548.26 MB/s
[ 16384 bytes ] : 2.88 clock : 2616.30 MB/s
[ 32768 bytes ] : 2.56 clock : 2943.69 MB/s
[ 65536 bytes ] : 2.55 clock : 2953.48 MB/s
[ 131072 bytes ] : 2.52 clock : 2992.77 MB/s
[ 262144 bytes ] : 2.72 clock : 2770.28 MB/s
[ 524288 bytes ] : 2.73 clock : 2756.85 MB/s
[ 1048576 bytes ] : 3.79 clock : 1986.95 MB/s
[ 2097152 bytes ] : 5.93 clock : 1269.77 MB/s
[ 4194304 bytes ] : 5.93 clock : 1269.48 MB/s
[ 8388608 bytes ] : 5.92 clock : 1271.85 MB/s
complete!

キャッシュベンチでは、N−yagiさんの結果と比べてみると
L2キャッシュとL3キャッシュの境であるの524288bytesの箇所で
差があるため、L2キャッシュが512Kあるのは間違いない模様です。

残念ながら1個しか捕獲できなかったのですが、もう1個どこかにないですかねぇ・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/26 23:15:19]
ゴメスさん、こんばんは。

>安定して動作しました。
一応ちゃんと動いたようですね。おめでとう御座います。

>いろいろ勉強になりますね。
トラブルは楽しめるうちは良いですね。楽しめないトラブルは、只の地獄ですが(ぉぃ

a_teramon <???@???.??.??> [2002/10/23 23:13:07]
こんばんは、a_teramonです。

>>そこで、"Pentium!!!-S 1.4G Dual on P3DRE2002"のページを拝見させていただいた
>2002は要らないですよー。
失礼いたしました。

>と、個人的なことはさておき、「BIOS改変の応用編ページ」が出来たらリンク張らせて>もらいますので、よろしくお願いいたします。
どうぞどうぞ。元ネタはN-yagiさんの物なのですから。

ゴメス <???@???.??.??> [2002/10/23 23:02:49]
N-yagiさん、こんばんわ。

テスターを購入して、PL-370/T Rev.2.0のN33およびX2(表側?)とAN15の導通を確認しましたが、やはり導通してませんでした。

それで、単身の0.32mmのKQEと書いてあるケーブル(銅線じゃない)を買ってきて、
PL-370/Tの表のX2のところから外側に向けて溝を掘って、
裏のAN15のピンの足元にも溝を掘って、そこに3cmの長さで
買ってきたケーブルを半田付けしました。
元々が基盤とかじゃないので、結構くろうしました。
2つのPL-370/Tの加工を終えてCPUを挿して、6905にくっつけて、MBに挿して
起動してみると、なんとDUAL起動ができなくなりました。

半田付けするときに結構てまどったので、その拍子にPL-370/Tを壊したのかと
思ったのですが、ケーブルをもとのより線のものに戻してみたら、
また、Dualで起動できました。

買ってきたケーブルの選択が悪かったようです。
選択の基準がよくわからないですね。今度、銅線を選らんで購入
してきょうと思います。

ちなみに、HDDやFDDを接続してWindows2000の起動まで終了し、
安定して動作しました。

いろいろ勉強になりますね。


N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/23 23:01:21]
a_teramonさん、はじめまして。

>そこで、"Pentium!!!-S 1.4G Dual on P3DRE2002"のページを拝見させていただいた
2002は要らないですよー。

数は少ないですが、AMIBIOS改変成功の報告も挙がってきています。
そろそろ、BIOS改変の応用編ページでも作ろうかな・・・って、前にも同じような事を書いた気がするのは気のせいでしょうか?最近忙しい為に記憶力が低下しています。ページの更新もローテク工作ばっかりになっているのは、この為です。精進せねば。

と、個人的なことはさておき、「BIOS改変の応用編ページ」が出来たらリンク張らせてもらいますので、よろしくお願いいたします。

ただし、いつ出来るかは??です。(ぉぃ
a_teramon <???@???.??.??> [2002/10/23 00:13:12]
初めまして、a_teramonと申します。

私は、RIOWORKSのPDBというAMIBIOSのDual Slot1マザーボードを持っておりまして、
それでPL-iP3/TとTualatin Celeronが動かせないかと、検索サイトで"Tualatin"
とか"AMIBIOS"とか探しておりましたら、貴サイトを発見しました。

そこで、"Pentium!!!-S 1.4G Dual on P3DRE2002"のページを拝見させていただいた
ところ、PDBにも同じような怪しいテーブルがありまして、同じように書き換えたと
ころ、Tualatinが動くようになりました。詳しい情報ありがとうございました。

あと、http://www.geocities.jp/a_teramon/にてBIOSの差分ファイルを公開してお
りますので、興味のある方は見に来てください。

失礼いたしました。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/19 03:00:58]
補足し忘れましたが、PL−370/TではCPU温度は正確に測れません。
最初から、センシング端子が繋がっていなかったと記憶しています。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/19 02:59:09]
ゴメスさん、こんばんは。

>時に、こういうときのコードは銅線がよいのですかね?
線は単芯で細身の物をなるべく短い距離で半田付けするのがベストです。
BR信号は、おそらく、大きくて14〜15MHz、小さくても2MHzくらいのデジタル信号が流れます。無用に長いのは良くないでしょう。

ゴメス <???@???.??.??> [2002/10/19 00:24:12]
N-Yagiさん。

リプレイありがとうございます。
初心者が陥りがちなミスをしていました。
N33の位置を間違えてました。
正しい位置で導通を試してみましたが、N33はAN15とは導通してませんでしたし、
それ以外のどのピンとも導通していませんでした。

仕方がないので、PL-370/TのCPU側のX2とMB側のAN15をコードを使って
つないで試してみました。

その結果、DUALでの起動ができました。
"PentiumIII(R) x2, 1000"
と表示されましたよ。
DISKは一切つないでない状態ですので、OSの起動までは
確認してせんが、POSTは綺麗に終了して、
"Please insert disk"と表示されたところでとまります。
BIOS設定の画面で確認するとCPU2は相変わらず77度と表示されます。
温度が倍で表示されているような気がする。

PL-370/Tの結線はセロテープなどで仮止めしたものなので、どうにか
しないといけないです。

さて、どうしたものですか。
せっかくなので、どうにか綺麗に結線する方法を考えます。

時に、こういうときのコードは銅線がよいのですかね?

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/18 22:29:16]
ゴメスさん、こんばんは。

>というのは、CPUのN33の足またはX2の足が刺さる穴のことですよね。
その通りです。

>残念ながら、N33,X2の両方とも、AN15とは導通してません。
うーん、そうですか。困った。ちゃんとしたテスターで確かめたい所ですが・・・結果は大して変わらないだろうなぁ・・・

>ただ、N33はAN11およびAN21の双方と導通しています。
AN11、AN21はおそらくVtt電源だと思われます。(セレロンのデータシートが手元に無いので・・・すみません)

>6905 Master側で、上記のどっちかと
下駄だけでは対応は無理そうです。CPUのN33からMS6905MasterのN33(カッパーマインの状態)、又は、AN15(セレロンの状態)に導通が必要なのです。

最悪は、PL−370/Tを使用せず、MS6905Masterを改造する方法になってしまいます。が、この方法では、ピンを抜いて穴を拡張する部分が意外に難しいようで、万人にはお勧めできんのです。
今、MS6905Masterを壊すと代えを入手できない状態ですから、PL−370/TのVer1.0を確保するのが、最も安全であると思います。

ゴメス <???@???.??.??> [2002/10/17 22:41:27]
N-Yagiさん

なんかお手数かけてて申し訳ないです。

テスターが手に入らなかったので、豆電球で導通テスター造って
テストしてみました。

ちょと確認したいのですが、
> ・表側(テュアラティンコアCPUが載る方)のN33、又は、X2
というのは、CPUのN33の足またはX2の足が刺さる穴のことですよね。

残念ながら、N33,X2の両方とも、AN15とは導通してません。
そのままではDUALにならないっていうことですね。

ただ、N33はAN11およびAN21の双方と導通しています。

6905 Master側で、上記のどっちかと
たとえば、J3の3ピンを結線したりして対応できないですかね。



ゴメス <???@???.??.??> [2002/10/17 00:40:18]
N-yagiさん。

やはりその可能性がありましたか。
あいにくテスターは持ってないので
明日、どっかで調達してきます。

PL-370/TのRev.1.0は秋葉原で4,800円くらいで売ってました(先週末)。
そのとき、Rev.2.0の方が1000円くらい安かったので、Rev.2.0を買ったんですが、
裏目にでたのかも知れません。
PL-NEO/TはP3-Sに対応してないと明記してあるので、
それはそれで怖いですね。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/17 00:04:25]
ゼンクンさん、情報ありがとう御座います。

>ここからは非公式情報なので、ふさわしくなければ削除してください。
BIOSの解析がメイン?のページなので、やってる事は50歩100歩と思われマス(ぉぃ

BIOS入れ替えと言う方法でしたか。マザーのBIOSを入れ替えた私が何故に気付かなかったのだろう(笑
これは、リテールとバルクの違いを解析すると面白いカモしれない・・・などと、思いついてしまいました。ああ、ドツボにはまって・・・(笑
リテールの64M版BIOSは、探すのが大変かも・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/17 00:03:50]
Soyさん、お久しぶりです。

>プライスカットという誘惑に負けてP3-S1.4GHz買い直しちゃいました。
おお、1.4Gグレードアップおめでとう御座います。でも、1.36vは低いカモ。
実は、1.4Gが要求する電流値(20Aチョッと。電圧じゃないよ)は、DREのコア電圧生成回路のスペックぎりぎりだったりします。もし、P3−S1.53Gとかが出ても安定させられなかったカモしれません。

>またXeonに乗り換える機会をなくしましたが
>P3DREというマザーが非常に気に入っているので結構満足だったり…
おそらくは、Xeonも3Gを超えないと乗り換える意味が無いでしょうね。体感速度的に・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/17 00:03:11]
ゴメスさん、こんばんは。

>成功者の方でPL-370/TのRev.2.0を使っている人はいるのでしょうか?
>Rev2.0には電圧の設定とFSBのジャンパがありますが、Rev.1.0で搭載されて
>いた、DUAL信号線(?)のジャンパはありません。
>素人ながら、これが何か影響があるかと邪推してます。

大変申し訳ないですが、最悪の可能性が浮上してきました。

http://www.lontec.co.jp/PL-pro/370t_rev2.html

ロンテックのページによると、SMPに公式に対応していない事が書かれています。そして、ゴメスさんも気付かれているデュアルのBR線切り替えジャンパーが消えています。最悪の場合、Rev2にバージョンアップするにあたり、デュアル機能は本当に切り捨てられてしまったのかもしれません。
もし、テスターをお持ちならば以下のピンが繋がっているかどうか確かめてみてください。

・表側(テュアラティンコアCPUが載る方)のN33、又は、X2
・裏側(ソケット側)のAN15

もしも、N33、X2のどちらとも導通が無い場合は、物理的にデュアルに対応していない事になってしまいます。
ココが繋がっていないと、困った事になりますね。今からRev1.0を探すのは難しいでしょうし。
もしかしたら、PL−NEO/Tの方がSMPの記載が無いぶん動く可能性が高いかも知れません。ただし、これも、上記の表裏のピンが導通していないとデュアル動作は出来ません。

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/10/16 19:30:58]
早速の返答ありがとうございます。

今日から、DRE+RADEON8500もどきにしてみました。
今までGeForce 2Proを使ってたんですが、最近、異音がして、今日ファンが
とまってしまい、暴走しました。しょうがないのでRADEONをセカンドマシン
から引っこ抜いてつけてみました。一応、動いてます。

ここからは非公式情報なので、ふさわしくなければ削除してください。

使う方法は、非常に単純です。
リテール板のBIOSを入手して書き換えるだけです。ただ、書き換えただけでは
クロックが250 -> 275MHzになってしまうので必要であれば、ダウンクロック
してください。あと、RADEON用のリテールBIOSは、調べた限りでは、3種類あり
ます。古いやつでないとWindowsXPはHangupします。なお、ここで使うBIOSは
LEを無印にするBIOS改変とは違います。

必要な機材として、RADEON8500LEでDOSが使える環境が必要です。
それと、DREのBIOSで「SCREEN MODE(だと思った)」で
「SILENT(CE?)」 -> 「BIOS」に変更しておく必要があります。そうでないと
SUPERMICRO画面が出た後、黒い画面を見続けることになります。

お使い予定のRADEON9000がリテール版だとするとこの方法は駄目ですが、8500
と同様にリテールで使えてバルクが使えないのであれば同様の方法が可能と思
います。

Soy <???@???.??.??> [2002/10/16 15:18:23]
N-yagiさん、お久しぶりです。
今年2月からP3-S1.13GHz+P3DREで快適にやってきましたが
プライスカットという誘惑に負けてP3-S1.4GHz買い直しちゃいました。
ただ載せ替えただけでちゃんと動いてますね。
BIOS上で1.36V表示です。

またXeonに乗り換える機会をなくしましたが
P3DREというマザーが非常に気に入っているので結構満足だったり…
ゴメス <???@???.??.??> [2002/10/16 00:07:05]
どうも、ゴメスです。

昨日から進展があったわけではないのですが、
CMOSクリアをしたら、一度だけOSの起動までできました。
その後、BIOSの設定を変更したら、また昨日と同じ状況になりました。
この状況は、OSをクリーンインストールすればなんとかなるかなぁなどと思っており
あまり気にしてません。

CPUがDUALで認識されないことの方が問題です。
CPU2の電圧をゲタで1.6にあげて、BIOS上で1.48Vになるようにしてみましたが、
相変わらず、DUALとは認識されてません。<-- x2 がBIOSで表示されない。

今日、この掲示板を見ていて思ったのですが、
成功者の方でPL-370/TのRev.2.0を使っている人はいるのでしょうか?
Rev2.0には電圧の設定とFSBのジャンパがありますが、Rev.1.0で搭載されて
いた、DUAL信号線(?)のジャンパはありません。
素人ながら、これが何か影響があるかと邪推してます。

実はp3c-d(今BIOSが不如意になっている)を持っているので
BIOSを復旧して、
6905 masterと370/t Rev.2.0でDUAL起動できるかを試して
見たいと思います。

ちなみに、現在使用中の電源はケースについてきた330Wの電源で
セカンダリのパワーもついている一応サーバ対応です。
Videoカード以外の拡張カードとHDD,FDD,CD-ROMを全部はずして試して
みましたが、状況に変化はありませんでした。

最近、購入した電源(300Wのものと400Wのもの)があるので、
そのうち試してみたいとは思います。

しかし、最近のXeonの値下がりはすごいですね。
DP400とXeonの組み合わせだと、10万円くらいでXeon dualの環境が
整ってしまいますね。

心が動いてしまいます。


長くなりました。すいません。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/15 23:39:15]
ゼンクンさん、お久しぶりです。

>ところで、Radeon8500LE(バルク)をP3DREで使う方法があるようです。
実は、Radeon9000でも全く同じ状況で使えないことが分かりました。
使用が可能なら試してみたいですが・・・うーん、非公式かぁ・・・今は困ってないしなぁ・・・

>すでに、Xeonに移行されたようですので、必要ないと思いますが、
実のところ、Xeonには移行してません。PC1066の解析で殆ど動いていませんでしたので、未だに実験マシーンのレベルです。そのうち「エンコード・サーバ?」にでもしようかなとか考えてます。

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/10/15 23:04:42]
お久しぶりです。英語のページまで作られてるんですね。

ところで、Radeon8500LE(バルク)をP3DREで使う方法があるようです。
すでに、Xeonに移行されたようですので、必要ないと思いますが、
情報が必要であれば試そうかと思います。(N-yagiさんには色々と教え
ていただいたので)

ただし、方法は非公式な方法です。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/14 22:14:04]
ゴメスさん、はじめまして。

>ネットでこのページを見つけてしまいました。
意外と需要があるようですね、このページ(笑
ありがとう御座います。

お書きになっている状況から言える事は、
>MSI MS-6905 Master (Ver:2と書いてある)N33-J3結線済
>Powerleap PL-370/T Rev.2.0
PL−370/Tをご使用の場合は、カッパデュアル改造(N33の結線)は必要ありません。していても影響はありません。

>- MBのJP3は1-2をshortしてあります。(これが問題か?)
PL−370/Tを適応したテュアラティンコアはセレロンと同じピン配置になります。したがって、MS6905MasterのJ3は2−3:DualProcessersが正しいです。

他に特におかしいと思われるところはありません。
可能性があるとすれば、以下の事が考えられます。

・CPU2のコア電圧1.42vは微妙に低い?
・電源の質が悪い?
(P3−600MHzは20W、1.26Gは27W程度ですが、P3−Sはコア電圧が低く、大電流が流れるので、MB上のコア電圧生成回路には厳しいはずです。)
・クリーンインストールでないと駄目かもしれない。

どうも、どれも決定打じゃない気がするのですが(ぉぃ)頑張って下さい。

ゴメス <???@???.??.??> [2002/10/14 21:41:03]
はじめまして。

ひょんな理由からSuperMicro PVDRE(v1.1)を入手しまして、P3 733*2で動かしていましたが、ネットでこのページを見つけてしまいました。
それで、
MSI MS-6905 Master (Ver:2と書いてある)N33-J3結線済
Powerleap PL-370/T Rev.2.0
Penitum3-S 1.26
をそれぞれ入手してp3-Sのdual化に挑戦していますが、どうもうまくいきません。
端的に言うと、Dualで起動しようとすると、
Windows2000 Proのログインダイアログが表示される直前でフリーズしてしまうのです。
以下に状況と状態を説明します。

- BIOSをこのサイトから入試して、BIOSをupdate。
- MBのJP5はオープンにしてあります。
- MBのJP3は1-2をshortしてあります。(これが問題か?)
- 6905 MasterとPL-370/Tの電圧を1.5V。これでBIOSのチェックではCPU1が1.45V、
  CPU2が1.42Vくらいになります。
- BIOSでCPUの温度を見るとCPU1が80から90度くらいになってます。
  (ヒートシンクに触れてもちっともあったかくはないです)
- BIOSの起動時には"PentiumIII(R), 1000"と表示されます。Dualと認識されていない
  ようです。
- MS-6905 MasterにP3 600E(FSB100)を2つさした状態では正常に起動できます。
  PentiumIII(R) x2, 600と表示される。
- MS-6905 MasterにP3-Sを挿したものをひとつづつでは正常に起動できます。
- MS-6905 Masterのjumper設定は、J1とJ4を双方オープンにしています。
  このとき、J3(3pin)を1-2をshortさせても、2-3をshortさせても状況は同じです。

Jumper設定がいけないような気もしますが、アドバイスをいただけないでしょうか?
 
じゅん(仮) <???@???.??.??> [2002/10/07 16:09:44]
レス有難う御座います。
お察しの通りマザーはP3C-Dです、Slot1の最後を飾るならDUALでRIMMな構成だろう・・・と
鱈Penが出た当時に中古で購入しました、パワーリープがゲタを出すコトを前提に(汗)

>P3C−Dはスロット間が、デュアルマザーの中でも狭い部類になるので
確かにご指摘の通りです、PAL6030に薄型のFanの組合せでも、吸入面の空間稼ぎの為
PL-iP3/T(CPU2側)のバックプレートの一部(っーか大半)を切除しております。

>私自身は、ZALMANのフラワーヒートシンクを潰して使う方法が最善だと考えています。
初めて此方のHPでアノ写真を見たときには驚きました(笑)
コノ方法は最後の手段として取っておこうかと思っていたり・・・
小心者なので高価な部品を加工するのに踏ん切りが付かないダケなのですが。

高さ30mm位の良いシンクが見つかれば良いのですが、なかなか・・・
今週末、鱈B1step探すついでに秋葉散策して、見つからなければ
ZALMAN潰しを真剣に検討してみます。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/05 11:58:07]
じゅん(仮)さん、こんにちは。

>現在はi820+PL-iP3/T+鱈3-S*2の構成で頑張っているのですが、
>SLOT1の2発で使える良いCPUクーラーって無いでしょうか?
>今は1.13@153MhzをPAL6030で何とか冷やせていますが
>1.4に乗換を考えているので一寸不安です、

お使いのマザーは、P3C−Dでしょうか?それとも、Iwillの(型番失念)?
P3C−Dはスロット間が、デュアルマザーの中でも狭い部類になるので、普通の使用法では1Uラックマウント用などしか選択肢がありません。さらに、その中で1.4Gまでを保証しているものはかなり限られてくるはずです。

アルファのヒートシンクを使用しているCPUクーラーも、ある程度の風量があって初めて性能が保証されるので、物理的に装着が可能であっても使用に耐えない可能性があります。
私のように、ZALMANのヒートシンクを潰し広げて(笑)使ったり、汎用ヒートシンクを自力で加工するなどの工夫が必要となるでしょう。

私自身は、ZALMANのフラワーヒートシンクを潰して使う方法が最善だと考えています。この方法では、潰したシンクの羽と羽の隙間をしっかり確保し空気が流れるようにする必要があります。

じゅん(仮) <jun_ishihara@hotmail.com> [2002/10/03 16:03:12]
はじめまして
PVDREの値段がこなれて来てようやく入手可能圏内?な感じなので
情報集めでweb上を徘徊しているのですが、
肝心のゲタが入手困難みたいなので落込んでいる者デス。

現在はi820+PL-iP3/T+鱈3-S*2の構成で頑張っているのですが、
SLOT1の2発で使える良いCPUクーラーって無いでしょうか?
今は1.13@153MhzをPAL6030で何とか冷やせていますが
1.4に乗換を考えているので一寸不安です、
来年の夏場ころにはS370に使いまわせるモノが流通していない可能性も大きいですし・・・
此方にはSLOT1*2の方々が出入りしてらっしゃるみたいなので
良い情報があれば御教授くださいませ。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/10/01 00:08:54]
もけもけさん、こんばんわ。

>一応参考にURLを入れておきます。
>http://www5a.biglobe.ne.jp/~hiromi-1/ATX.htm
>ATX電源のカツ入れに関して分かりやすく書いてありましたので。

おおお、アイディア頂きました。
内部を見た結果行けそうだったのですが、手元に適当な大きさの半固定抵抗器がない為、あえなく保留中。次の休みはパーツの買出し決定です。

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/09/29 08:04:16]
さすが師匠。また面白い事やってますね。<DP400
電源系のカツ入れをやられるとのことで
師匠にはこんな情報は必要無いと思いますが
一応参考にURLを入れておきます。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hiromi-1/ATX.htm
ATX電源のカツ入れに関して分かりやすく書いてありましたので。
自分のP3DMEもこれを参考に3.5V化してあります。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/09/25 23:30:30]
junker1319さん、はじめまして。
書き込み有難う御座います。

実は、最近ネタ切れ状態でありまして、2ヶ月以上前のBIOS解析ネタをアップしたばかりだったりします。後は、Xeon用ヒートシンクファンのネタが控えておりますが、その後が続かないンですよね。i840関連は、なんだか落ち着いてしまった感じです。

また、BH6の情報有難う御座います。
実のところは、別のページに誘った上に既に解決されてしまったようですので、報告すべきかチョッと迷っていますが。

junker1319 <junker1319@yahoo.co.jp> [2002/09/25 11:19:48]
N-yagiさん、みなさん、はじめまして。
i840マザーはなかなか手を出せないのですが憧れのようなものを感じてたまに
見させてもらっております。
BH6+Celeron1.2の件ですが、CPU SoftMENUでUSER DEFINEを選択して
Speed Error HoldをDisableに設定すれば、次回からF1を押さなくてもFSB100で起動します。
あき <???@???.??.??> [2002/09/22 09:37:36]
N-yagiさん、返答ありがとうございます。

>これは、Windows上でも800MHzで動作していると言う事なのでしょうか?
>それとも、BIOS表示が800MHzのまま、と言う意味ですか?
BIOS表示はPentium800MHzで、Windows上ではCeleron800MHzで起動します。

>この手の情報に詳しい方々が多いページを紹介しますので、
>そちらで相談されては如何でしょうか?
>「CITY LINK 初心者らくらく Takapen & NijimasuX のホームページ(^_^)V。」
>http://www.ac.wakwak.com/~takapen/
ありがとうございました。早速相談してみます。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/09/22 01:11:06]
あきさん、はじめまして。

大変申し訳ないのですが、正直言ってBH6は扱ったことが無いので分かりかねます。
私の経験から推測しますが、BIOS側でCPUの種別がチェックされているのではないでしょうか?BIOSがCPU種別を正しく認識していないような書き方をされているので。

>F1を押せばそのまま800MHzで起動します。
これは、Windows上でも800MHzで動作していると言う事なのでしょうか?
それとも、BIOS表示が800MHzのまま、と言う意味ですか?

この手の情報に詳しい方々が多いページを紹介しますので、そちらで相談されては如何でしょうか?
「CITY LINK 初心者らくらく Takapen & NijimasuX のホームページ(^_^)V。」
http://www.ac.wakwak.com/~takapen/

あき <???@???.??.??> [2002/09/21 22:05:19]
初めて書き込みさせていただきます。
いろいろ調べているうちにここに辿り着いたのですが、
素人なもんで今困っています。
ABITのBH6のマザーボードにPL-iP3/T(Ver1.0)の下駄を
使ってCeleron1.2GHzを付けているのですが、いざ起動すると
PentiumV800MHzと出てきたはじめの黒画面でとまります。
F1を押せばそのまま800MHzで起動します。Deleteをして
セットアップメニューに入りクロックの設定を変えると1.2GHzで
立てあがるのですが、結局同じ画面でとまるのでF1を押さなければ
なりません。また、1度切ってから立ち上げるとまた800MHzに戻り
同じことになります。難なく起動できるようにする方法があれば
教えてほしいです。よろしくお願いします。
なお、BIOSは最新のSSで、OSはWin2000です。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/09/15 00:28:24]
もけもけさん、お久しぶりです。

>差分ファイルを作って配布ってのはどうでしょうか?
>っていうかそれしか無いでしょう?
実のところ、差分ファイルのツールは何が良いかなと探していたのですが、WSPっちゅーのが良さそうなのでこれに決定しました。
現在、差分ファイル配布用のページを作成しております。

>現在自分のHPでもTualatin使用の改造過程を
>要約したものを載せようと思って編集中です。
>殆ど師匠の記事を参考にしているので恥ずかしいのですが(^^ゞ
転載はヤですが(笑)参考はじゃんじゃんして下さい。むしろ、ミスを見つけて教えてください。自他共に認めうる間抜けなので・・・(^_^;A

最近は・・・
それにしても、P3−S1.4Gも安くなりましたねぇ・・・25k円かぁ・・・半年前は45k円だったのに・・・
って、これを言ってはきりがありませんね。最近でも、1日60Hitくらいなので、まだまだ需要があるようです。なに気に、英語圏の方々からメールが来るので、もしかしたら日本より海外の方が需要が高かったりして(^_^;;; と、想像しつつ翻訳作業をしちょります。
そろそろ、Xeonのページもナンか書かなきゃ時代遅れになっちゃうワン!?(ぉぃ

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/09/13 01:53:05]
おひさしぶりです。
師匠>
差分ファイルを作って配布ってのはどうでしょうか?
っていうかそれしか無いでしょう?

先ほどまでP3DMEでの原発振乗っ取りでのオ−バ−クロックに
挑戦してましたが上手くいきませんでした。
14Mhzと48Mhzを増設したクリスタルから
直に入力してやったのではダメなようでした。
やっぱメインの原発振とタイミングを合わせないとダメなんだろうか・・・
PLL-TURBOを使っての改造でなら成功するらしいのですが。
ガックシ

現在自分のHPでもTualatin使用の改造過程を
要約したものを載せようと思って編集中です。
殆ど師匠の記事を参考にしているので恥ずかしいのですが(^^ゞ
N-yagi <???@???.??.??> [2002/09/12 23:27:47]
現在、改変ROMの配布法を検討中。
そのままはマズイよなぁ・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/28 23:33:23]
ながさん、こんばんは。

うーん、私もうにょんさんと同じくメモリ相性でそれほど悩む事はなかったのですが・・・
ページではメモリー異常の事を書いていますが、実のところあれはメモリーがイカレていたので、不具合ではなく故障だったんですよ。いままでに、P3DRE2枚、P3DR3を1枚を扱いましたが、正常なメモリーでの相性問題は発生していません。

動かせなかったのは残念ですが、いつかは日の目を見させてやってください(笑

うにょん <???@???.??.??> [2002/08/27 22:25:33]
ながさんへ

C-RIMMっていうのは、RIMMのターミネーターです。500円ぐらいであると思いますよ。

うまく動かなかったのは残念ですね。
でも、そこまでメモリの相性ってシビアなのかなぁ・・・
割と何も考えずに買ってますけど、問題おきたことがないです。 > うちのこ(P3DR3)

やっぱり、メモリというよりは、マザーもしくは、ほかのところに問題があるんでしょうね・・・。
なが <???@???.??.??> [2002/08/27 13:38:57]
N-yagiさん、こんにちは。

メモリ自身には問題は確かにないと思います(別のマザーで今使ってます)
起動最少構成はもちろん行いました。
電源も2種類ですが試したことになります(最初のケース電源350Wとテストの電源420W)
やっぱりメモリの相性(表現が違うかも知れませんが)だと思います。
(新しいマザーを購入したショップでもそう言われてしまいました)

色々アドバイスを頂いたのですが、新しい開発マシンのために今回のマザー(P3DRE)を
使いたかったのですが、時間的制約もあり今回は諦めました。
(でもマザーは取っておくつもりです)

今後、時間が出来たら相性?のいいメモリなどを探す旅に出ようと思っています。
開発マシンは別のマザーを購入して、新たに制作いたしました。
(RIMMメモリは有効活用してます)

また質問をするかも知れませんがその時はよろしくお願いします。
ありがとうございました。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/27 00:00:29]
ながさん、こんばんは。

メモリー自体には、問題ないかもしれません。大事を取って、もう一度T−ZONEさんに持ってゆくのがベストですが、なかなかそうも行かないとも思われますので、とりあえず気になった点を1つ。
可能ならば、電源を換えてみてください。また、起動最小構成は、FDDとHDDを付けない形(CPU、メモリー、VGAのみ)で試してみてください。P3DREのメモリー付近にある補助電源コネクタに電源を繋いでいる場合は、外してみてください。P3DREはメインATX電源だけで動作しますので。

なが <nagahashi@kjps.net> [2002/08/26 00:03:15]
うにょんさん、説明が悪くてすみません。

確かにそのままT-ZONEのメモリが欲しくなりましたが、
テストしたメモリは作業用にゴミ箱からだしたような古いメモリで
メーカーもサイズも判りませんでした(でもPC800の45とは言ってましたけど)

今考えるとその時メーカーと型番などを聞いておけばよかったですね。
後日聞くこともできますが、そこまでしないと使えないマザーはさすがに
今後使っていくには腰が引けます。

ですからRIMMを中古や、オークションなどで探すのも恐すぎで・・・
遊びで組み立てている(テスト的な)マシンではなく、開発用なので安定性と
確実性がほしいのです。ハードウェアを作りたい訳ではないんです。

はずかしい話、度胸無いんですよ。
うにょん <???@???.??.??> [2002/08/25 20:58:43]
ながさん

ちょっと話がよく見えないところがあるんですが、T-ZONEで動作確認した
メモリに交換してもらったのではないんですか?

T-ZONEで確認用にさしたメモリと実際に購入されたメモリは異なるので
しょうか?
もし動作確認に使ったのと違うのであれば、まさに動いたそのものをくれ
とかT-ZONEの店員に言ってみるのはいかがでしょう?

最初、店員が間違って、W-ECCとN-ECCをごちゃ混ぜにしたとか・・・って考え
たんですが、いくらなんでもそれはなさそうですよね。^^;

C-RIMMは探せば割と転がってるような気がするんですが、中古やとかで探
されてはいかがでしょう?

Yahooのオークションなんかでもたまに出てますよ。
なが <???@???.??.??> [2002/08/25 19:49:17]
N-yagiさん、こんばんは。

早速、接点復活剤を近くのビックカメラへ行って購入してきました。
結果は惨敗です。まったくビープ音は変化せず・・・
やっぱりだめですかね、とほほ。

うにょん <???@???.??.??> [2002/08/25 19:29:41]
N-Yagiさん。

ありがとうございます。^^

BIOSでは、温度が出ていませんでした(笑
ですので、SiSoftwareのSandraというソフトでCPU周りの温度を見てみましたが、
CPU1 43℃ CPU2 36℃でした。

CPUの真横、今排熱用に使っている16cmファンの真下にもうひとつ16cmファンを
つけるところがあるので、もうひとつ排熱用につけるつもりです。

前面からも16cmファンで空気を吸い込んでいるので、多分16cm2連で排熱すれば、
吹き付けている風自体の温度も下げれるでしょうし、ヒートシンクを通った風も
かなり効率よく排出されるはずなので、多分大丈夫かなと思っています。

また、レポートしますね。
写真つけたほうがわかりやすいかもしれませんけど(笑
なが <???@???.??.??> [2002/08/25 16:03:51]
N-yagiさん、こんにちは。

T-ZONE ではメモリだけでなく、一組み全部もって行きチェックしてもらいました。
BIOS画面が一度は出たのでマザーが壊れてはいないと思いますが、
メモリスロットルがへたってるとは言っていたのでメモリの接触不良はあり得る感じです。

自宅で組んでいる時もちろんエアーで吹いたりゴミが無いかの基本的な事は行っていますが、
接点復活剤などは知りませんでした。

接点復活剤ってRIMMとスロットルの部分に塗るんですか?それともマザーとスロットルの接点?
接点って言ってるんだから後者?(調べます)

んーーでも、そこまでP3DREはメモリの相性があるのでしょうかね。
メモリセットの確認は何回も行っていますが一度も成功していません。
ちょっと諦めムードです。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/25 13:11:20]
ながさん、こんにちは。

T−ZONEで診て貰ったのは、メモリーだけなんでしょうか?

マザーボードが故障していなければ、他のパーツは問題なさそうなんですけれど。
素組み(マザー剥き出しの状態で、起動に必要な最小構成で)で起動試験しても動かない場合は、最悪マザーの故障の可能性があるかもしれません。

私の経験則では、CPUスロットが中途半端にヘタると、メモリーエラーが多発しどうしようもなかくなります。その時は、スロットの埃を取って接点復活剤(安物だった気がする)で解決できました。
ビープが鳴ると言う事は、CPUがBIOSプログラムを実行できている(この時点では、メインメモリーにタッチしていない)証拠なので、CPUには問題ない事になります。この場合は、メモリースロットがヘタっている可能性が大きいです。ぐりぐり押し付けるだけでは駄目な場合、先に説明した接点復活剤で上手く行く事があります。

原因が本当に接触不良ならば、接点復活剤は値段も高いものでなくとも効果があると思われますが、いかがでしょうか。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/25 12:51:01]
うにょんさん、こんにちは。

起動成功おめでとう御座います。どうやら接触の問題だったようですね。

1.4Gへのアップグレードを狙っておられるようですが、熱には注意して下さい。P3−S1.13Gは28W弱ですが、1.4Gは33W程度のはずです。ヒートシンクが貧弱な場合、30W辺りを境界に廃熱が厳しくなるので(あくまで経験則ですが)注意が必要です。
まあ、ファンコンなどで無理やり静音マシンにしたりしなければ大丈夫ですが・・・(^_^;;

なが <???@???.??.??> [2002/08/25 11:53:39]
うにょんさん、ご意見ありがとうございます。

>個人的にあまりそういったトラブルに見舞われたことがないので、たいしたアドバイス
>はできませんが、いちど、最小構成で動かしてみてはいかがですか?
 最少構成で動かしています。

>メモリも4本挿すのではなく、2本だけにして、CPUもシングルにしてとか。
 バルクで買ったマザーなので、接続ソケット(言葉適当)が付いていませんでした。
 ですから4本差さないと、「メモリが差さってないよー」とビープが・・・

さて、前回の続きですが、T-ZONEに連絡して、秋葉原まで行って来ました。
結果はやっぱりメモリの相性の様で、PC800-45を付けたらあっさりと
BIOS の画面が出ました。あんまりにもあっさりです。

T-ZONE さんのご厚意により、前のメモリ(PC800-40)を引き取ってもらって、
新しいメモリ(SAMSUNG PC800-45(MR16R1628AF0-CK8))に交換して頂きました。
なんと値下げまでしてくれて、うれしかったです(まあ怒る人もいるんでしょうが)

さあ自宅に帰って接続して、電源を投入・・・
ピーピーピーピーピーピーピーピーーーー、
なんと同じ現象が・・・どうやら本当にメモリの相性がキツイらしいですね。
T-ZONE のメモリがなにか調べなかったのはショックです。

・・・もう諦めました。さすがに一枚 11,000〜17,800 もするメモリを相性が合うまで
探すほど忍耐力も無ければ気力もありません。P3DRE このマザーは本当に難しいですね。
このマザーどうしよう、売るのも情けない。
うにょん <???@???.??.??> [2002/08/24 17:48:34]
N-Yagiさんへ

昨日、無事にPentium III-S 1.13GHz x 2でようやっと起動しました。

どうも、PL-370/TとCPUの挿しが甘かったようです。
もう一度、それぞれが正しくシングルでSlot1/2ともに動作するか確認したところ、
片方だけSlot1では動くけれどもSlot2では動かないという妙な状態でした。

で、昨日の夜から、PCストレスチェッカーなるものを連続運転で動かしながら、MPEG-2
からMPEG-1へのエンコードをTPMGEncでフルフィルターで動かすなど負荷を掛けまくっ
ていますが、今のところ落ちたりはしていないようです。

冷却に関しては、PL-370/Tについていた、ヒートシンクだけどをつけています。
それにPCIスロットにつける、12cmファンのステーを使って、真上(真横?)からCPU2個
に風を当てています。

さらに、すぐ近くに排気用の12cmファンをつけて外へ空気を逃がしているので、なか
なか、温度状態はよいようです。

このまま安定するようなら、1.4を買ってきて付け替えてビデオエンコード専用マシン
の出来上がりかなと^^

ながさんへ

個人的にあまりそういったトラブルに見舞われたことがないので、たいしたアドバイス
はできませんが、いちど、最小構成で動かしてみてはいかがですか?

メモリも4本挿すのではなく、2本だけにして、CPUもシングルにしてとか。

なが <???@???.??.??> [2002/08/24 10:39:10]
N-yagiさん、返信ありがとうございます。
さらなる情報を追加します。
まず、BIOS画面まで行きません、ビデオには表示がいかないままビープ音です。
画面が出ない状態でBIOSをアップデートする方法があるのでしょうか?
ビデオカードは GeForce 256, GeForce 3, VooDoo3(PCI), G450, RADEON8500 をテストしました。
CPU 866MHz(FSB133MHz)もバルクですが、1つは未開封のものです。
どうもビープが速くて分かりにくいのですが、6 short 1 long beeps では無く、
8 short 1 long beeps (EDO memory is installed) みたいです。
EDOメモリが入っている?どういうことでしょうか?

メモリは秋葉原のT-ZONEで購入したSamsung(MR16R1628AF0-CM8,Non-ECC)を4枚です。
電源は、TOPOWERの 420W の PentiumIV に対応したものです。
全体の接続はケースに入れないで行っています。
CPUなどは慎重に挿しているので接触不良やへたりは無いと思っていますが、
マザーもCPUもバルクなのでもしかして・・・が大きいです。

全てが壊れていない事を前提に考えると、
最終的にメモリーがPC800-45でなければダメだと思いました。

今日出来るか分かりませんが、T-ZONEに行って検品してもらおうと考えています。
これから連絡してみる所です。
ああ、眠れなかった・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/24 03:17:09]
ながさん、はじめまして。

P3DREのBIOSバージョンはいくつでしょうか?
Ver1.2でないと256M片面実装のRIMMは使えなかったと思います。起動できなかった時の症状はいろいろあるのでなんとも言えませんが・・・


BIOSに問題が無ければ、ハードウェアの問題ですね。情報が少ないので断定は出来ませんが、私もメモリーが怪しい気がします。ただ、PC800−45でなければならない事は無い、と考えてます。

メモリーそのものがマズイ可能性:i840はi850やi860ほどこなれていないので相性が厳しいカモしれません。SamsungとInfineonのメモリーは当方で確認が取れています。

電源が怪しい可能性:RIMMのシステムは意外と電流が流れます。電力が大きければ良いわけではありません。P4&アスロン対応だから大丈夫だろう、とは限らないので、なるべく良い電源(表現が曖昧ですが・・・)を使う事をお勧めします。

その他の可能性:スロット(メモリー、CPU、その他)がヘタっていると不安定になる事があります。また、マザーボードの立て付けが悪かったりすると不安定になる事があります。

P3DRx固有の問題としては、メモリー相性がもっとも可能性がある事になります。

なが <???@???.??.??> [2002/08/23 01:25:34]
すみません、助けて下さい。

最近、SuperMicro の P3DRE をバルクで手に入れたものの、
電源投入時に 6 short 1 long "registered or buffered memory is installed"
の連続ビープが鳴り響き、それ以降画面も出ません。

オンラインマニュアルをダウンロードして頑張って読んでいるんですがさっぱり・・・
マニュアルを見ながらジャンパの設定もしたのですがうまく動きません。
なんかメモリが怪しいような(PC800-45でないとダメとか)・・・
CMOSクリアも行いましたが結果変わらず・・・
色々悩んでいるのですが、解決方法が浮かばずここに書込みました。

どうかアドバイス下さい。

CPU : PentiumIII/866MHz(FSB133MHz) x 2
RAM : RIMM PC800-40 256MB x 4 <-- 全く同じ物です
VIDEO: GeForce256, G450, VooDoo なども試しました。
うにょん <???@???.??.??> [2002/08/22 21:28:06]
うにょんです。
出張でお返事が遅れました。すみません。

症状は”デュアルにしたとたんウンともスンともいわない。”です。

ジャンパーっていうのは、唯一ついている黒いジャンパーですか?
でも、関係ないようなのですね。

もうちょっとこねくり回してみます。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/21 16:22:04]
うにょんさん、はじめまして。

デュアルが上手く起動しないとの事ですが、具体的にどのような状態なのでしょうか?

「デュアルにしたとたんにウンともスンとも言わなくなった」のか「デュアルだとPOSTのある時点で止まってしまう」のか「なんだか不安定でPOSTが終了しない」など。
PCガイガーがあるとPOSTコード番号が判るので楽なのですが・・・
BIOS改造は成功しているようなので、ハードウェア(下駄の設定など)の問題であると考えられます。

「デュアルにしたとたんにウンともスンとも言わなくなった」場合は、下駄の設定に問題があると思われます。(6905Master、PL−370/Tの両方)
PL−370/Tは、デュアル信号線の切り替えジャンパーがあります。(PL-370/T接続状況(MS-6905Masterとの比較)を参照してください)
BXマザーでもない限りは、どちらでも動くはずなのですが・・・
MS6905Masterは、J2をオープンにしないと起動しなかったような気がします。(うろ覚え(^_^;;

「デュアルだとPOSTのある時点で止まってしまう」や「なんだか不安定でPOSTが終了しない」の場合は、メモリーやVGAの電力&相性問題が絡んでいる事が予想されます。

うにょん <???@???.??.??> [2002/08/20 23:48:23]
はじめまして。
少し前に、このサイトを知って、いろいろ試しましたが、現在うちでは起動していません。
何かアドバイスいただければと思います。

M/B : P3DR3
CPU : Pentium III-S 1.13GHz
下駄 : MA6905Master(無改造)
   PL-370/T

BIOSの改変はうまく言っているようで、シングルでは、問題なく起動しました。
ところが、Dualにするとどうしても起動しません。
一通り目を通してみましたが、問題点がよくわかりません。

6905は電圧を1.55にしてCeleron Dual設定にしています。
FSBは133MHzにして、M/B側も自動設定ではなく、133MHzにしてあります。

何かほかにチェックするべきところはありますでしょうか?

よろしくお願いします。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/11 23:27:35]
最近、PL−370/Tのヴァージョンが上がったようですね。
コア電圧が指定できるようになったそうなので、イイかもしれません。
irasawa <???@???.??.??> [2002/08/07 02:14:18]
素早いレス本当にありがとうございます。
&度々長文で失礼いたします。

RADEON8500のWin2K使用の件ですが、
その後いろいろ試してみたのですが、
(BIOSの設定や他社製ドライバの使用)
どうも当方のマザーではダメっぽいです(^^;

どうもWin2Kのドライバロード時に、
ビデオBIOSの所在を
OS?が取り損ねているような感じの動作をしているため、
(BIOS設定で、オンボードのSCSIに関して
 SCSI側のBIOSを切った状態で
 起動をかけると、ビデオカードと同じエラーが
 発生するためその様な判断をしました。)
ビデオドライバがBIOSを元に初期化処理に行くことが
出来ない状態で終わっているようで、
結局他社製のドライバでも同じ症状になってしまいました。
(OMEGA製ドライバ・玄人志向付属・純正とあとその他1つほど)

正直かなりへこみました(T-T)

画質はとても良好で、このまま2000でまとも動作するようなら
このまま行きたいと切に思っているのですが・・・・
(玄人志向は既に友人へのプレゼントに決定しました。(^^;; )

もうちょっと頑張ってみて
ダメなようなら他社製のビデオカードに乗り換えようと
考えています。

このたびは、アドバイスありがとうございました。m(_ _)m

N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/04 15:20:17]
1ヶ月ぶりに更新?しました。

実のところは、DP400のBIOS解析をしていたのですが、海外の何処かにリンクを貼られたのか、英語圏の方からメールが来るようになりました。内容が「英訳フィルター通しても訳判らん(意訳)」だったので、英語化をしてみました。が、1文1文は、それほど問題なくても、全体で、日本語で言うところの「てにをは」とか「ですます」が変になってないかと心配です。

DP400の解析も結果が出ていないので、なんとかしなきゃだわン、という状態だったりします。長い休みがほしいなぁ(笑

N-yagi <???@???.??.??> [2002/08/04 15:10:38]
irasawaさん、はじめまして。

テュアラティンP3−Sの起動おめでとう御座います。また、ご報告有難う御座います。
一筋縄ではいかなかったようですが、上手く動いて何よりです。

Radeon8500に関しては、8500のVGA−BIOSが悪さをしている感じですが、最近ドライバーの更新をしていないので(ぉぃ)判断しかねますです。ただでさえ癖があるのに、3rdパーティー製のはオリジナルBIOSだったりするので、不具合の原因が掴みにくいンですよね。
ファームのチェックをしないドライバーがあるらしいので、それを探してみては如何でしょうか?

irasawa <???@???.??.??> [2002/08/03 20:02:51]
はじめまして、irasawa と申します。
こちらの AMI BIOS解析記事が大変参考になり、
テュアラティンP−IIIS1.4Gのデュアル起動に
成功することができましたので、ご報告申し上げます。

起動確認マザーボードは
TYAN Thunderbolt (S1837DLUN-BX)という
AMI-BIOSサーバ用Slot1マザーボードで、
このマザーに PL-iP3/T rev2 をのせて
無事に起動することができました。

ノーマルBIOSでは、
BIOS画面すら立ち上がらず、
(2個買ってきたCPUの内1つはキャッシュが有効で
 ない状態で起動したのですが、もうひとつは
 ディスプレイ表示にたどり着けない状態でした)
こちらの記事の様にダブル下駄でないと起動しないのかと
あきらめかけたのですが、
BIOS改造後は嘘のように2つとも問題なく起動いたします。
(単体・デュアル起動両方問題ないようです)

今回の改造で苦労した点は、
記事にあったCPUテーブルと同じ間所を探して
PIIのCPUコードテーブルをBx06に修正後
アドレスを河童(8x06)のテーブルと同一に書き換え、
CPUマイクロコードに関して
単に古いものを削除して新しいマイクロコードを追加する
といったやり方で試してみました。
この段階で無事に起動はできたのですが、
マイクロコードエラーが発生してしまい
IRQの割り付けなどがうまく動作してくれませんでした。

そこで、
CPUマイクロコード 0681 の部分を
(もしかして下位バイトしか見てない?などと推測を付け)
すべて 新しく入手した06B1 のマイクロコードに
上書きをしたところ
なぜか( 運良く(^^; )マイクロコードも
正常に通る様になってしまいました。

今のところ問題なく動作しているため多分大丈夫の
様ですのでご報告いたします。

以上 こちらのページがなかったら
テュアラティン化を諦めていたと思いますので
本当に感謝です。

PS
RADEON8500LE(玄人志向製)なのですが
当方のマザーでも、お約束の様に駄目でした。
で、純正英語版8500・128Mを購入したところ
WIN98では問題なく起動したのですが、
WIN2kだとドライバが何故かまともに動作しないといった
症状が出てしまっております。

しかも、エラーの内容がお持ちのファームウェアが8500ドライバに未対応
とかのたまっております。(^^;
(BIOS改造が原因とは考えにくいし(他のVGA(RIVA−TNT)は動作します)
 すでにBIOSのアップデートが1年以上ないし今後も期待できそうにない)

RADEON8500は諦めかな・・・・・

それでは!

TMM <???@???.??.??> [2002/07/15 00:24:55]
>どうやらWindowsXP起動がPL-370/T使用時と比べて若干遅いです。
IDEに繋いでいた1部のドライブの電源コードを抜いたままになっていたからでした・・・
お騒がせしてすいませんでした(^^;
相変わらずDUALで動作しません。もしかするとMS-6905MASTERかもしれなくなってきました。
ここまでくると、なにがなんでもDUAL動作をさせて見せます!
N-yagi <???@???.??.??> [2002/07/13 01:58:36]
TMMさん、こんばんは。

>1.55あたりに上げたほうがいいんでしょうかね?
BIOS読みで、1.45v程度になるように調整してみて下さい。

>そしてレベルシフタが無い分N-yagiさん的には気持ちいいでしょう(^^)
イイかも。何故、もっと早く出してくれなかったんだ・・・

>どうやらWindowsXP起動がPL-370/T使用時と比べて若干遅いです。
うーん、見当がつきませんね。何か状態が違うのかもしれませんね。

TMM <???@???.??.??> [2002/07/12 22:21:21]
追加情報ですが、どうやらWindowsXP起動がPL-370/T使用時と比べて若干遅いです。
なんでだろう?
TMM <???@???.??.??> [2002/07/12 22:14:38]
こんばんは N-yagiさん!

もう1個のPL-370/Tをアキバに購入しに行ったついでに、新製品PL-Neo/Tまで購入してきました(^^;
1個しか買ってこなかったのですが、Pen3-S 1.26GHz+MS6905Master+PL-Neo/Tでも認識しました。
MS6905Masterでコア電圧1.5V設定にするとシングルCPU時にBIOSでは電圧は1.38と表示されています。MS6905Masterの設定を1.55あたりに上げたほうがいいんでしょうかね?
何も問題が無いようであれば、PL-370/TよりもPL-Neo/Tを使ったほうが、ほんの若干ですが高さが低く抑えられます。そしてレベルシフタが無い分N-yagiさん的には気持ちいいでしょう(^^)
どうせだったら2個買ってくればよかったかな・・・

TMM <???@???.??.??> [2002/07/10 23:17:32]
N-yagiさんアドバイスありがとうございます。

MS6905Masterの設定は確認済みで、両方ともコア電圧1.5V、FSB133、セレロンデュアルにしてあります。CPU、MS6905、PL-370/T、のどれかに問題があるかを確認するため、3つのパーツ×2の、全ての組み合わせで試したのですがダメでした。
ただ1つ気がかりなのは、シングルではどちらも起動可能ですが、CPUクーラーを触ってみると明らかに温度が違うのです。片方はとても熱い。同じCPUクーラーを使っていて、Slotを入れ替えても同じで、ターミネーターを挿してシングル動作にしても温度が違います。
もしかするとPL-370/Tの微妙な不具合なのではないかと推測しています。
新しいPL-370/Tを購入して試してみようと思います。

あと下駄で気になったのですが、MS6905Masterしかほぼ使えないということですが、IO DATAのPK-P3A850NXなどで使われている下駄はどうなんだろうと思ったのですが、これもやっぱりダメなんでしょうかね。
試した人がいたら、教えて欲しいです。
自分で試そうと思ったのですが、ここまで来るのにかなり投資してしまったものですから(^^;

N-yagi <???@???.??.??> [2002/07/10 19:34:17]
TMMさん、こんばんは。

>1度だけBIOS上1000MHz×2と認識したのですが、それ以外はシングルでしか認識しません。
MS6905Masterの設定は、大丈夫でしょうか?AUTO設定では、不安定になるはずです。コア電圧&FSBを必ず明示的に設定してください。
また、PL−370/Tをお使いならば、セレロンデュアルの設定にしないとデュアル起動は無理です。

あと一歩のようですね。がんばってください。
TMM <???@???.??.??> [2002/07/10 01:32:07]
N-yagiさんこんばんは。お久しぶりです。

前回から多少は進歩したので報告いたします。
P3DMEでのBIOS改造ですが、前回XEONと表示が出ていたのは、間違ってS2DM3のBIOSを使っていたからでした。当然不安定なわけですね(^^;
その後いろいろ試して解ったのは、BIOS downloadにあるDME3171 R1.5ではBIOS書き換えしても866MHzでしか認識しないということです。
FTPサイトにあるbetaBIOSのdm6a03.zipを使い、これをベースに改造するとうまくいくようです。
ただ、自分の今の段階ではシングル動作しか成功していません。
1度だけBIOS上1000MHz×2と認識したのですが、それ以外はシングルでしか認識しません。
下駄を入れ替えてもシングルですし、Slot2に下駄を挿し、Slot1にターミネーターを挿しても、問題なく動くのでSlotのヘタリでも無いようです。
1度は認識したのに・・・
かなり惜しいところまでいってるようなんですが。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/07/08 23:26:13]
maさん、こんばんわ。

レポート有難う御座います。
私が思うに、P2ODPの2次キャッシュが無効なのと、セレロンの不具合は同じ問題であると考えられます。AMI−BIOSでは、結構真面目にキャッシュの構成(容量やレイテンシなど?)をチェックしていて、Pentium2以外のキャッシュ構成(外部512kの物。P3でもカトマイコアは大丈夫なんではないかな?とか考えてます)は未知の物としてハネていると思われます。
これは、BIOSのCPUイニシャライズ部分でチェックしていて、例の6バイトテーブルのデータとは無関係である可能性が高いです。
つまり、これらのチェックを潰すには、直接BIOSプログラムを弄くるしかないと思われます。困った事に、AMI−BIOSでは、至る所にそういう部分がある(1箇所だけ変えても安心できない)ので、プログラム改変の場合はデータ改変と比べて覚悟が必要(^_^; であると思われます。

>後ろの4バイトの意味が知りたいところですね。
P3DREのBIOSプログラムでは、CPUのキャッシュ関連の設定データだったと思います。詳しい解析はやってませんです。
が、どのBIOSも似たような値である事から、このデータを参照しているルーチンの構成はかなり似通っている事でしょう。1つ解析すれば、他に応用が利きそうですね。
ma <???@???.??.??> [2002/07/07 04:06:07]
こんにちは。

BIOSVer2.8+PII-ODPx2で、L1-W/B選択が可能になりました。L1-W/Tにくらべ大分スムースになりました。
とりあえず333MHzで動いたのですが、PII-266x2より遅い気がして調べたところL2が効いていませんでした。L2もDiseble,W/T,W/Bを選択できるのですが、どの設定にしてもパフォーマンスは変りませんでした。

S1682DのBIOSにはVer2.0とVer2.8がありまして、8GB以上のHDDの対応の違いと対応のCPUの違いです。VER2.0はP-proとP2(300MHzまで)Ver2.8はP2(300MHzまで)のみの対応で、どちらもP2-ODPには未対応です。PCの起動は出来るのですが、L1-W/TではXPの起動に50分以上かかり、3Dボタンが白文字書いてから黒文字を書いているのが判る位です(新たな発見でしたが^^;)これが3分位になりました。
NT4SP6は途中で青画面に成ってしまいました(何故?)

CPUIDはPIIは063x。PII-ODPは1632なので「0→1」程度の書き換えとMicroCode追加しか行っていません(汗)のでコアへの設定定数がPIIのままであると思います。で、BIOSはPIIに対してL2の設定をしたことを表示しているのではないかと思っています。
とすると、L1のW/Bの設定も怪しいのですが、上記のようにOSの起動が激変したので、L1の状態が本当のところW/BなのかW/Tなのかは判りませんが、有効にはなったもようです。
PIIとPII-ODPのL2に対する設定値の違いが今のところ分りません。

BIOSの構造について、S1682DはMicroCodeをROMイメージの先頭から生DATAが並ぶ構造をしていました。いやぁ探しました〜。目の前にあった、ていう感じでした(^^;
AMIBCPでBIOSメニューのカスタマイズを行うとこの領域がFFで埋まってしまうようです。BIOSメニューのカスタマイズ後にMicroCodeの埋め込み作業が必要でした。
MicroCode.binを持つタイプのBIOSのROMイメージ先頭がFFで埋まっているのが気になります。

MicroCode.binを持たないBIOSにROM先頭FFのままでMicroCode.binをいれたら有効になるのか?
MicroCode.binを持つBIOSに、ROMイメージ先頭にMicroCodeを置いたら読むのか?

など。

ところで、POST.BINの例の6バイトテーブルについて、
P6DGEのテーブルは(2バイトの並び替えをしています)書かれている順に

063F 19CB 1912
065F 19CB 1A13
065F 19CB 1C14
066F 19CB 1D15
067F 19CB 1E16
068F 19CB 1F17 ←これを早く書き換えてみたい(^^;

と規則的でした。
しかし、今回のS1682D書き換えで集めたPOST.BINのテーブルは

S1682Dver2.0
061F 17CB 1611
063F 17CB 1912

S1682Dver2.8
063F 17CB 1911 ←今回163Fに変更(後ろ4バイトは触らず)
065F 17DA F012 ←065が有るのにセレロン300Aはダメだった。

FICのM/B
061F 17CB 1611
063F 17CB 1912

忘れた
063F 19CB 1912
065F 19CB 1A13

SuperMicro P6DNF
061F 17CB 1611
163F 17CB 1A13 ←これを参考にした
165F 17CB 1812
264F 17CB 1812
063F 17CB 1914

とサンプルが集まりました。こちらは同じステップ間でもばらばらなんです。
後ろの4バイトの意味が知りたいところですね。
165Fとか264F は何なのでしょうね?

ではでは。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/07/05 21:31:28]
DP400のBIOS−ROMを剥がしました。
秋葉に行ったら、実装用のソケットが見つかりませんでした。ぐはぁ。

ROM焼きを直接半田付けしようかなぁ(ぉぃ

N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/28 23:34:42]
maさん、はじめまして。

>これに、P2ODPを対応させてみたくてやってみてみましたが、今のところ上手く動いてはくれません。
P2ODPですか・・・PentiumProとは物が全く異なるので、CPUのイニシャライズ法もかなり違うはずです。カトマイコア固有の部分で難儀すると思われますが・・・データシートをよく見ないとなんとも言えませんです。

>コマンドラインで使用してみたところPOST.BINの置き換えが出来ました。
おお、できましたか。AMIMMも入手していたので、AMPBCPのコマンドラインは全く考えていませんでした。情報ありがとう御座います。

>SupermicroのP6DGEのBIOSがここに書かれているPOST.BINと同じ状態のようですので、早く試してみたいです。
ご報告お待ちしております。
改造応用編?のページでも作ろうかなぁ・・とか考えていたりしますので。

ma <???@???.??.??> [2002/06/28 01:13:05]
はじめまして

とっても古いM/B TYAN S1682D で試してみています(^^;
これに、P2ODPを対応させてみたくてやってみてみましたが、今のところ上手く動いてはくれません。
ですが、とても参考になっていますm(_ _)m

ところで、AMIBCPですが、POST.BINは置き換え出来ないと有りましたが、コマンドラインで使用してみたところPOST.BINの置き換えが出来ました。
ただし、Ver7.51ではエラーになりました。Ver7.00b12で出来ました。
一応下まで検索しましたがこの件書いていなかったと思うので報告します。

SupermicroのP6DGEのBIOSがここに書かれているPOST.BINと同じ状態のようですので、早く試してみたいです。

では〜

TMM <???@???.??.??> [2002/06/26 22:27:39]
すいません、間違って2回送信してしまいました・・・
起動後の報告ですが、全く安定しません。
そして2つ目のCPUを載せてもシングルでしか認識しません。
まだまだハードルはありそうですが、地道にがんばります。
TMM <???@???.??.??> [2002/06/26 20:59:51]
N-yagiさん、もけもけさん、アドバイスありがとうございます。
お二人のアドバイスから無事起動画面を見ることが出来ました。
もけもけさんの「過去ログを穴があくほど・・・」がききました(^^;
じっくり過去ログを読み返したところJP5のHOST BUS ECCに気が付き、このジャンパをOPENにしたところ、あっさり起動しました。相変わらず表示はPIII Xeon 1000MHzですが・・・
これかWindowsのインストールに取り掛かろうと思います。
まずは起動報告でした!
N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/26 20:15:59]
TMMさん、おめでとう御座います。

>じっくり過去ログを読み返したところJP5のHOST BUS ECCに気が付き、
私自身は、これに「引っかからなかった」ので、あまり気にしていませんでしたが、以外に大きな罠のようです。
ページに注意書きを追加しておきましょう。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/25 21:26:59]
もけもけさん、お久しぶりです。
師匠は照れるなあ(ぉぃ

>ボードのVer1.2というのはおそらくP3DMEのVerの事ではないでしょうか?
>僕の所持しているP3DMEもVer1.2なのでおそらくその事ではないかと。
ありゃ、そー言われてみれば、そーですね(^_^;A

>あとMS6905Masterの大改造は必須です。
PL370/Tをお持ちならば、改造しなくても大丈夫ですよ。ただし、廃熱で苦労しますが・・・

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/06/23 07:56:13]
おひさしぶりです。

TMMさん>
僕も同じくP3DMEを使ってTualatin1.26G×2に挑戦した身です。
結論を言えば可能です。
その作業の経過はこちらの掲示板の過去ログ及び
N−yagi師匠(と呼ばせてください)のレポートに反映されてますので
穴が開くほど見られるのがいいと思います。

ボードのVer1.2というのはおそらくP3DMEのVerの事ではないでしょうか?
僕の所持しているP3DMEもVer1.2なのでおそらくその事ではないかと。
あとMS6905Masterの大改造は必須です。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/20 20:05:33]
TMMさん、はじめまして。

>ボードはREV1.2 MS686905です。
MS6905MasterはVer2.0以降だったと思います。Ver1.2はMS6905Dualではないでしょうか。ただし、Masterでないと動かないのはFSB133の場合ですので、FSB100ならば動く事はこちらで確認が取れています(P3DRxですが)。

>あと追記ですが、BIOS改変時にP3DRx系と書き換える数字の並びが違っていたのですが、
BIOS改変方法にも書きましたが、データが異なっていた場合は書き換えないで下さい。TMMさんの場合はそれほど大きな問題は出ていないようですが、最悪起動不能になります。
BIOS改変方法のページに書かれているデータの並びを弄る事に意味があるのであり、同じ位置にある別のデータを書き換えても上手く行かないはずです。

>いま無難にSECC2の1G×2を購入するか、FC-PGAの1G×2を購入するか悩んでいます(^^;
最後に、まだ諦めるのは早いですよ。MS6905Masterが2個そろっているならば、問題はBIOS改変方法のみですから。
TMM <???@???.??.??> [2002/06/20 01:26:30]
あと追記ですが、BIOS改変時にP3DRx系と書き換える数字の並びが違っていたのですが、場所的にはココだろうと書き換えたのですが(^^; その後SECC2の500Mhzをさした所、BIOSでXeonと表示が出るようになりました。チョイ不思議です。変なとこ書き換えたかな?
TMM <???@???.??.??> [2002/06/20 01:16:40]
N-yagiさん、はじめまして!
ちょうどBXデュアルマザーでTualatinデュアルを計画していたときに、このページを発見し、
i840でチャレンジしてみようとP3DMEを購入してみました。
とりあえずPL-iP3/TにPen3 1.26SとTekram P6B40D-A5の組み合わせでは、何の問題も無く成功しました。
そしてP3DMEにはN-yagiさんのBIOS改造等を参考に、MS-6905MasterとPL-370/TにPen3 1.26Sで電源ON・・・みごとに起動しませんでした。ボードはREV1.2 MS686905です。
いま無難にSECC2の1G×2を購入するか、FC-PGAの1G×2を購入するか悩んでいます(^^;
このチャレンジでかなり勉強になりました。
N-yagiさんに感謝です!
N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/15 14:01:35]
クロさん、はじめまして。

「BXデュアルマザーでAMIBIOS」この報告を見るまで、何故か考えた事がありませんでした。(^_^;;

少々苦労されたようですが「テュアラティンをカッパーマインに見せかける」方法は上手くいったようですね。解析のスキルがあれば、この方針であらゆるBIOSに対応できそうですね。

貴重な情報ありがとう御座いました。
クロ <???@???.??.??> [2002/06/14 09:43:15]
どーもはじまして・・・

N-yagiさんの記事に触発されてTulatain+PL-iP3T下駄でキャッシュが切れて起動してしまう
MSI-6120(BXのDual Slot1でAMI-BIOS)のBIOSを弄ってみました。ほぼ近いところでヒットしました。
CPUID判別分岐の部分が少なく、すぐ後ろも詰まっていて、63x?68x迄でしたので今更63xの
Klamathは使わないだろうということで・・・・
63xの部分を6Bxにして分岐先の4バイトのアドレス?を68xと同じにしました。
(最初は68xの部分を6Bxへと変更したのですが、Copperimineを載せるとキャッシュ切れに!)
microcode対応はAMIMMでは元々入ってない(別の場所?に格納??)みたいで現状では
諦めてます。

以上ご報告、それと感謝です。N-yagiさんの記事がなければTualatin対応は諦めていたでしょうから。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/10 18:20:20]
ゼンクンさん、お久しぶりです。

とりあえず見てみましたが、何が新しくなったンだかさっぱりですね。
履歴も見当たらなかったので保留です。今、特に困ってないしなぁ・・・

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/06/09 01:58:06]
こんばんは

ご存知かと思いますが、P3DRXの新しいBIOSが出たようです。
でも、リンク先はver1.0Aのままです。
リンク先に直接ver1.2のファイル名を入れるとダウンロードできますので
リンク先を間違えているか、あえて違うのかわかりません。
改変して使ってますが今のところ正常に稼動してます。何が変わったのか
わかりませんが。

ダウンロードする場合は、自己責任で。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/06 23:44:02]
METROさん、お久しぶりです。

>私も次はXEONかもしれません。今の所、DUAL+RIMMだとやはりXEONしか無いですよねぇ。
>ぬ〜ん、やっぱS-1.4G安くならないかなぁ・・・。

P3−S1.4Gの瞬発力には凄まじい物があります。Xeon2.2Gでも微妙に及ばないのでは?とか考えてます。
P3コアのままFSB帯域だけ上げる事って出来ないンでしょうかねぇ。
P3−Sの2次キャッシュを1Mにするとか(^_^;;

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/06/05 03:30:30]
お久しぶりです。
皆さんもうちと同じで安定しまったんですかねぇ。書き込み減りましたね。

>先週の時点で、私が手に入れても良かったのですが、そうするとXeonQuadマザーを買わなければならなくなるので自粛しました(^_^;;

XEONまた買うつもりだったんですか(°口°;) !!
あっ、8CPUって表示されるとスゴイかも・・・マザーか手に入るか謎ですね。現物見た事ないや。

私も次はXEONかもしれません。今の所、DUAL+RIMMだとやはりXEONしか無いですよねぇ。
ぬ〜ん、やっぱS-1.4G安くならないかなぁ・・・。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/01 17:29:40]
先週、じゃんぱらで見かけたXeonMP1.5G/1M−ESが、AkibaHotLineで紹介された途端に無くなりました。チャレンジャーの報告が聞きたいものです(笑
先週の時点で、私が手に入れても良かったのですが、そうするとXeonQuadマザーを買わなければならなくなるので自粛しました(^_^;;

あああ、時間が欲しいー!
N-yagi <???@???.??.??> [2002/06/01 09:59:33]
う〜む、もうすぐ5000Hit?

あああ、粋なネタが欲しいー!
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/22 19:48:25]
いつのまにやら4400ヒット。

BIOS解析ツール?でも作ろうかなぁ・・・などと考え中(^_^;;;;

今は、PC1066メモリーが出回るのを待っているところです。やっぱ6月ッスかねぇ・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/20 23:44:22]
ゼンクンさん、こんばんわ。

実は、まだXeonには移行してません。L3キャッシュに気になるところがあるもので・・・

そちらのPCは調子が良いようですね。CPUの温度は似たような値です。夏場は、エアコンの無い部屋でも、ギリギリでスペック内程度かなぁ?とか考えてますが、怪しいモンです(ぉぃ

最近、更新が滞っているのは、ファイナルファンタジー10なんぞをマッタリとプレイしてるからだったりします。ああ、マッタリ(笑
ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/19 22:38:22]
こんばんは

本当に、静かになりましたね。N-yagiさんは、XeonMPに移られたようですね。
私のPCは、トラブルなく順調に動いてます。
たまに64bitカードが原因で固まってましたが、原因がわかってからは問題なくなりました。
ただ、まだ5月だというのにCPU温度が45℃もあり、夏場が心配ですが。


N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/13 23:33:34]
ここも、静かになりました(笑
しかし、カウンターはそれなりに?回っています。

ページのメインのネタはユーザーを選ぶのでそんなに需要があるとは思えないし・・・

やっぱり、AMI−BIOSのツールなんでしょうかねぇ・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/08 22:27:30]
XeonMPの関心事はやはりL3キャッシュでしょう。
が、良さげなメモリー転送速度チェックツールを吟味している最中でして・・・

DP400ですが、BIOSでL3を無効にしても、無効になるのはCPU1だけでCPU2はL3を切れない事が判りました。今になって、DP400のBIOSに不安を抱いています(笑

XeonMPの速度ですが、普通に使うならプレストニアXeon2Gの方が速いでしょう。多分。Xeon2.4Gには、とても及ばないのでは?とか考えてます。やっぱり、サーバー用ですね。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/05/06 22:10:42]
こんばんは。

>DRE一筋か?と、思いきや、なんとP4Xeonに手を出してしまいました。が、やはり、
>ただのXeonでは面白くないですね。今回のネタ(笑)は、XeonMPです。
Joさんのトコの板で見て「Xeon逝ったんだぁ」と思っていたら、また激しい道を歩んでいますね。
Xeonには"あこがれて"いたのですが・・・もうすぐボーナスだし。どうしよう。

ぱんださん>>
>改造記事を期待してしまいましたが解析する方の負荷になるだけでしょうか?
ちょっとやろうかと思っていました(かなり本気で)。
最初は370本全部調べる必要があるかなと思っていたんですが、Vtt/Vss/Vccなんかはどうせ
CPU内で繋がっているようなので無視して、信号系のピンは繋がっていないことは無いだろう
ということでこれも無視すれば、かなり数は減らせるだろうと思って。
まぁ、大変と言えばそうなのですがそれが楽しかったりもしますし。

ただ、ちょっと今VBAなんぞいじっていまして(使っていなかったのですっかり忘れてる)、しば
らくHard系は手を出せなさそうです。申し訳ないです。
ぱんだ <???@???.??.??> [2002/05/06 20:16:19]
レスありがとうございます。
そんなにBXやらと差異があるというのに、MSIの下駄は
よく対応しているものですね。
ではでは。また参ります。今後ともよろしくお願い致します。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/06 18:08:43]
はじめまして、ぱんださん。

>はじめまして。上記の板から来ました(笑。いつも有意義な情報ありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ書き込みありがとう御座います。

>改造記事を期待してしまいましたが解析する方の負荷になるだけでしょうか?
改造したいのは山々?なのですが、見通し、と言うか、取っ掛かりが全く無いんですね。なので、どこから手を付けて良いやら、と言う状態なんです。
そもそも、i840で動かない下駄(PL-iP3/Tを含む全て)は、何故動かないのか、MS−6905MasterやMS−6905Dualは、何故起動できるのか、が説明できないのです。

具体的に、どの当たりが怪しいのかでも分かれば良いのですが、今現在、ネットで検索出来得る範囲では、明確な原因が判らないので、お手上げなんです。

ぱんだ <???@???.??.??> [2002/05/06 16:12:58]
>http://red.sakura.ne.jp/~sleepcat/PC/BBS/yybbs.cgi
>DRE/DME Userの巣窟(笑 が復活しています。なんか期待されてるみたいですよ >N-yagiさん

はじめまして。上記の板から来ました(笑。いつも有意義な情報ありがとうございます。
こちらにも掲示板があることに気がつき読んでみたら
PL-iP3/Tってi840ではダメダメなんですね。向こうの書き込みは消してきました。
改造記事を期待してしまいましたが解析する方の負荷になるだけでしょうか?
Ver2.0を買ってP6DGEやらASUSの板で遊んでみることにします。
もしくは現在6905Masterに乗せているFCPGA(cC0)1GHzを外すかですね・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/06 14:32:29]
DRE一筋か?と、思いきや、なんとP4Xeonに手を出してしまいました。が、やはり、ただのXeonでは面白くないですね。今回のネタ(笑)は、XeonMPです。

物理的な体感速度は、P3−S1.4GDualが上です。確実に。
しかし、ところどころで妙にレスポンスが良かったりするところもあります。
電力と体感速度で選ぶなら、P3−S1.4GDualですね。
しかし、重くならないマッタリ感がなんとも・・・・ぉぃ

Windows2000で、Hyper−Threadingが有効になれば・・・

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/05/06 01:58:59]
>PL−370/Tを使う場合、FSBとVIDが手動で設定できない下駄だと、と動かない可能性があるのです。
>かろうじて、1.3vの電圧が出ているのは、VID25mの扱いが特殊?な為だと思われます。

なるほど。CPU壊れてなかったんだ・・・よかった。
PL370/Tから取り外したらポロっと足がもげるんじゃあないかと(((゜Д゜)))ガタガタブルブルしてました(笑)。
だとすると1個(370SPC+PL370/T+PenIII-s1.13のもう1組)だけ1.45vの定格が出ているようでこれはこれで謎です。ちょっと調査しておきますね。


>METROさんのCPUが不安定なのは、PL−370/Tの特性のせいだと言う事に、もっと早く気付くべきでしたね。すみません。

いえいえ(^^;)。壊れてないのが解っただけで助かりました。ありがとうございました。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/05 10:15:33]
METROさん、こんにちは。

>で、コア電圧がBIOS読みで1.25vだったんで下駄の簡易改造を試しました。
>その結果CPUが1個逝っているかも知れないのを見つけました。
>どの下駄に載せてもこのCPUが出すAutoの値は1.25vでしたので変だとは思ってたのです
>が・・・(PIIIDRxでは少し低く表示されるのを考慮すると実際は1.3v位)。

PL−370/Tに関して、大事な事を忘れていました。
今回「PL−370/Tを使わずに起動する実験」で分かったのですが、PL−370/TはAN3:DYN_OEがVSSに落ちているのです。ここがVssだと、VIDとBSELがハイ・インピーダンスになってしまい、実質、信号が出ていない状態になってしまいます。つまり、PL−370/Tを使う場合、FSBとVIDが手動で設定できない下駄だと、と動かない可能性があるのです。かろうじて、1.3vの電圧が出ているのは、VID25mの扱いが特殊?な為だと思われます。
なので、下駄を改造するなら、VIDをしっかり、ハイに吊る(3.3v?から1kΩの抵抗)Lowに落とす、の処理をしなければならないのだと思われます。BSELは、オープンだとFSB133ですから大丈夫そうですが・・・

METROさんのCPUが不安定なのは、PL−370/Tの特性のせいだと言う事に、もっと早く気付くべきでしたね。すみません。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/05 10:01:03]
Kitさん、こんにちは。

>インターネットが繋がらなくなって(停電でアダプタだかがイカレた
おぅ、停電ですか・・・ご愁傷様です。
最近の矢フーオークションは、6905Dualばっかりですね。
自分は、6905Masterにはそれなりの価値があると思っているので、
価格1000円の物を、最初ッから3000円とかで入札してました。即効で落札できたり、チマチマ値段を上げる人を萎えさせたり(笑)できるのか、だいたい2500円程度で落札できていましたよ。さすがに3000円超えると躊躇しますが。

>確かAbitのSlocket!!!のRev1.0なら動くとかいう話があったような気がするのですが…
Abitのは、駄目でした。何故かこれだけ売らずに残っていたのですが・・・・

>DRE/DME Userの巣窟(笑 が復活しています。
復活しましたか。かつては、私もここで触発されてDREを買ったんですよ。

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/05/05 09:26:02]
レス遅くなりまして済みません。
CPU電圧UPの為下駄改造していたら、また認識不安定現象になりましたんで追求してました(汗)。
MicroCODEの件ですがErrでも動くんで諦めていたんですが、もけもけさん&ゼンクンさんの方法で試したら改善しました(オォ
なんか良い感じです。情報ありがとうでス。

で、コア電圧がBIOS読みで1.25vだったんで下駄の簡易改造を試しました。
その結果CPUが1個逝っているかも知れないのを見つけました。
どの下駄に載せてもこのCPUが出すAutoの値は1.25vでしたので変だとは思ってたのですが・・・(PIIIDRxでは少し低く表示されるのを考慮すると実際は1.3v位)。

下駄のSPC370は電圧部分(VID0〜3)をスルーしているのでVIDをGNDにジャンパもしくは端子マスクで任意電圧を生成してみたのですが、
色々組み合わせても変化無いと思ったらどうもCPU側のVID0〜3が機能してないようで、これらがNA状態でデフォ1.3vになっているようです。
まぁ1.3vと解れば合わせられたので1.45に調整してBIOS読みで1.42〜1.38vになりました。
このPen3は中古通販で2個まとめて買ったのですが、1個だけリテールのパックが上手く閉まってなくてヒートシンクが暴れて
CPUのPIN足を十数本曲げていた状態だったんで壊れている?感じです(はずしてないのでPL370/Tの方かも)。


それから、色々試してたらAスロット側(背面側)のCPU認識が不安定なのが解りました(Bスロット側はほぼOK)が、
PL370/Tの電源以外の全ての機器を別電源から取るようにした(マザーからFANの電源も取らなくした)のと
RIMMを256MBx4から256MBx2に変更しましたら改善されました(再現性があるんで多分正しいと思います)。
まだ1度も認識ミスってません。

私の電源がしょぼかったのかもしれませんが、どうもPL370/Tは相当電力を食う(電源に負荷かかかる?)ようで、
N-yagiさんが128MBx4に変更して改善したようにRIMMの容量を減らすのも電力を下げる意味で重要かもしれません。
何とか・・・なったようです(;^_^A


ゼンクンさんこんにちはです。
>ENERMAX-651で使ってましてHDDが途中でスピンOFFするような現象がよくありました。
ENERMAX-651でも出ましたか・・・ENERMAXって良くないんでしょうか?うちもENERMAXで不安定(?)だし・・・
2重下駄のデュアルが原因っぽいんで、完全解決にはN-yagiさんのように下駄直接改造しかないかも知れませんね。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/05/05 00:13:02]
ちょっと古いネタも引っ張り出しますが、読んでていくつか思ったことを

・BIOS改変
大してお役には立てませんが…自分はN-yagiさんが最初に公開した方法でErrorとかは出た記憶
無いです。DM6のBetaBIOSにDE6のマイクロコードを追加。ちょっと不思議&心配。

・電源&メモリ周り
自分はPIIIDMEなので話が違うかもしれませんが、以前Win2kのログイン画面でエラーが出て、
勝手にリセットの永久ループになったことがありました(CPUの認識はOKですが)。
そのときはEnarmaxのEG-465VE(?)とか言う電源だったのですが、原因はケースFanの電源を
メモリソケット付近のコネクタから取っていた為にメモリエラーが発生(?)していたようです
(はずすと直ったし再現性もあったので、Fanが原因なのは間違いない)。
HTPCの世界では割と知られているんですが、M/BのコネクタにFanをつなぐとFanからのノイズ
がM/Bに入ってしまう(12VとGND両方)らしいです。それ以来Fanの電源はFDD用の電源コネクタ
から取るようにしています。
その他にもHTPCではいろいろとPCの動作を安定させるKnowHowがあって参考になります。
あと、今はSupermicro(Ablecom)のSP-420RPを使ってます。あまりにウルサイのでFanを交換
しました。


それから、すでにご存知かもしれませんが
http://red.sakura.ne.jp/~sleepcat/PC/BBS/yybbs.cgi
DRE/DME Userの巣窟(笑 が復活しています。なんか期待されてるみたいですよ >N-yagiさん
Kit <kitamura@george24.com> [2002/05/04 23:03:39]
とうとうPentiumIII-S Dualが成功のようですね。おめでとうございます。

自分の方は起動しないMS-6905MasterのAK6:A28のチェックをしたのですが、つながってまし
た。他の配線が切れていないかその近辺のPinを片っ端からチェック(生きてるMS-6905Master
と比較)したのですが、どこもおかしくはありませんでした。
あきらめてオークションでMS-6905Masterを探していたのですが・・・MS-6905Masterだけ高い
です。他の下駄なら\1000位で買えるのにこれだけ\3000位って(迷
おまけに、それでもたくさん入札してくるし。やっぱりみんな探してるんですかねぇ。
と思ってたらインターネットが繋がらなくなって(停電でアダプタだかがイカレた)、プロバイ
ダはGWで連絡取れないし。
やっと今日繋がったらチェックしてた出品はほとんど終わってました。CPUとセットで\13000
てのがあるんですが、さすがにちょっと…

PIIIDME/P3DREで動く下駄って
・MS-6905Master
・PSC370
の他には何かあるんでしょうか?
確かAbitのSlocket!!!のRev1.0なら動くとかいう話があったような気がするのですが…

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/04 21:41:41]
>すいません、書き忘れです。
>AMIMMで追加するときに、/Uオプションをつけないとやはり圧縮されたままでした。

情報ありがとう御座います。ページを修正しました。

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/04 12:21:13]
すいません、書き忘れです。
AMIMMで追加するときに、/Uオプションをつけないとやはり圧縮されたままでした。
ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/04 12:17:51]
HYさん>

こんにちは、圧縮格納ですが、確認したら確かに、エラーが出るやつは圧縮されてました。
私の乏しい知識では、圧縮したままFlashするとMicrocodeでエラーがでるということしかわかりません。ただWinXP使ってましたが、不具合らしきものはありませんでした。


N-yagiさん>

HPに新しいの方法を作っていただいたようですね。AMIMMでは圧縮格納が標準なんでしょうか。圧縮しないで書き換えるオプションでやればいいようですね。私は下記方法で行いました。

AMIMM /d 11 ---> Microcode削除 (HPと同じです)
AMIMM ***.ROM /I MICRO.BIN 11 /U ---> 非圧縮(/Uオプション)で追加
(***.ROMはBIOSファイル、MICRO.BINは改変Microcode)
です。

HY <???@???.??.??> [2002/05/04 11:06:45]
おはようございます。昨日紹介したMicroCodeViewer早速お役に立てているようでうれしいです。
ゼンクンさん>
私もAMIMM.EXEで/Rオプションで上書きしましたがちゃんと上書きされていましたよ。
ただ、私の場合はAMIBCP.EXEでチェックしたところ11 MICROCODEが圧縮格納になっていたので、CommpressionをNoに直してSaveし、頭の三角マークを元通り消しました。
こうすれば、MicroCodeViewerでも表示されますし・・・
BIOS書き戻した後でもMicroCode Errorは出ず何も不具合はありません、今のところ。
もしかして、CommpressionがYesのままBIOSFLASHするとMicroCode自体が使えなくなってる、なんてことは考えられませんか?
試していただけたらと思います。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/04 10:47:31]
ゼンクンさん>

>私の使ってるAMIMMですがバージョンはわかりませんが、タイムスタンプは2001/08/05です。
なんだか、同じっぽいです。
うーん、やはり、確実に書き換えが出来る方法に説明を変えたほうが良いようですね。

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/04 10:07:58]
N-yagiさん>

私の使ってるAMIMMですがバージョンはわかりませんが、タイムスタンプは2001/08/05です。
AMIMMで書き換えた後に再度、抽出すると一応は置き換わってますが、エラーがでました。なぜだかわかりませんね。

AMIMMの削除オプションは /D ですね。

それと、先日書いた、Microcodeの先頭のほうがTDEとDREで違うのはソケットかスロットかの違いなんですね。下記のMicrocodeViewerで見てみたらわかりました。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/04 09:50:28]
ゼンクンさん>

>Microcodeの改変ですが、はじめはHPの通りに全てAMIMM.EXEでやってました。
あれ?これで上手く行きませんでしたか。AMIMMで、/Rオプションを指定すると、「置き換え」になるので、削除などの手間は省けるはずなのですが・・・

もしかして、AMIMMのバージョンの問題かな?

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/04 09:45:25]
HYさん>

>PL-iP3/Tでトライしていらっしゃる方いませんか?
実は、試しました。結果は惨敗で、全く反応ありません。POSTコード番号も、最初から反応が無いので、「起動しない」のでは無く「動いていない」ようです。
そもそも、i840で動かない下駄は、何処が悪くて動かないのかが解明されていませんので、現時点ではまともに動かす事は出来ないと思われます。

PL−iP3/Tは、P3DREなどに限らず、他のメーカーのi840マザーでも動かないと思います。

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/04 09:44:27]
N-yagiさん、おはようございます。

Microcodeの改変ですが、はじめはHPの通りに全てAMIMM.EXEでやってました。
今回は、もけもけさんに、改変前のMicrocodeを削除しないといけないことを教えていただいたので、AMIBCP.EXEを使いました。
AMIMM.EXEでのMicrocodeの削除方法を調べるよりAMIBCP.EXEで削除するほうが簡単だったからです。


N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/04 09:28:13]
HYさん、はじめまして。

>MicroCodeViewerというソフトがあり
実は初耳です。(^_^;;;
こんなツールがあったんですね。書き換えたマイクロコードの正当性チェックとかに使えそうですね。と、書きつつ、自分の書き換え実験の時はロクにチェックしてなかったなぁ、もしかして物凄く無謀な行動をしていたのでは・・・(ぉぃぉぃ

>詳細を見てみるとCommpressionの項目がYesになっていました。
これは、BIOS内に圧縮格納するかのフラグです。マイクロコードは圧縮格納すると使えないみたいですね。

>ただ、Postファイル中の48FFhの値AFhをBFhに書きかえるのは何のためなのでしょうか?
実は、これが今回の成功の要だったりするのです。
AMI−BIOSでは、マイクロコードを充てる時の他に、BIOS起動時にもCPU認識をしてキャッシュの設定などをしています。この起動時にテュアラティンコアが認識されないので、この後に続くキャッシュの設定やマイクロコードなどの認識が出来ていませんでした。そこで、BIOS起動時にテュアラティンコアをカッパーマインコアに見せかけるようデータを弄くったのです。
これに関しては、一応ページにありますので、読んでみて下さい。
もし、下駄を手に入れられた時には一度無改造BIOS(BFhに書き換える前)で立ち上げてみてください。あの遅さを体験すると分かると思います(笑

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/04 08:58:58]
もけもけさん、おはよう御座います。

>P3DMEでの1.26−DualでWIN XP起動成功しました\(^o^)/
起動成功、おめでとう御座います。N37はリファレンス通りでは駄目でしたか。
E27はともかく、S35は68Ωでも安定しているようですね。ただ、下駄のターミネーションとCPU内部のターミネーションで二重に効いてしまうので、もしかしたら高クロックは・・・と、ちょっと気になってます。

しかし、FSB150って・・・原発乗っ取りですか?

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/04 08:50:27]
ゼンクンさん、おはよう御座います。

マイクロコードの件は解決したようですね。
AMIMMで書き換えしていると思っていたのですが、AMIBCPでしたか。AMIBCPのやり方をもっと詳しく説明した方が良さそうですね。というか、BIOS書き換えのページから、AMIBCPの使用法のページにリンクでも張ったほうが良いようで。

HY <phoenix@t-cnet.or.jp> [2002/05/04 04:58:23]
はじめまして、皆さんこんXXは。
以前よりこのN-yagiさんのHPと掲示板を参考にさせて頂いていた者です。
内容もかなり難しく・・・理解できるようになるまで初級者の私にはチョット時間がかかってしまいました。そもそもこのページに辿り着いたのは、この私も他ならぬPIIIDREユーザーだからです。そして、皆さんのように自分のPCも何とかPIII1.4GTualatinでDual駆動する安定したマシンにしたいという夢(?)を抱いていたからです。ものすごく勉強になるこのページを参考に自分のPIIDREもDualTualatin化する計画ですが、よくよく読んでいるともう使える下駄がかなり入手困難な様子。早まってPL-iP3/Tを買ってしまった後でした。いつの日かパーツが手に入り作製に取り掛かれる日が来るのを信じてBIOSの改造からやってみました。皆さんにはもう常識なのかもしれませんが、MicroCodeViewerというソフトがあり、romイメージや抽出したマイクロコードのバイナリファイルからそのマイクロコードのCPUIDが判るというものですが、ページ上に登場していないようなので念のため書いてみました。私にとってBIOSを改造するなんて事は恐れ多くて触れられない領域であったのに、N-yagiさんの手順に従ってやってみているうちになんとなーくわかってきた(つもり)ようで何とか自作BIOSROMをフラッシュして無事立ち上げることができました。今の私のマシンの構成は下駄が手に入らないため純正のSECC2Pen31GHzx2とRIMM1GBです。今回は、元のR1.0AのBIOSROM中のマイクロコードの内SEPPPentiumIIのマイクロコード2つを削除し、代わりにP3TDE6のBIOSROMであるde6b142.romからTualatin用のマイクロコード2つを追加してAMIMM.EXEで書き戻したものでBIOS書き換えしてみました。普通にAMIMM.EXEで書き戻したばかりのROMファイルを確認のためMicroCodeViewerでチェックしたところマイクロコードの一覧が表示されません。失敗したのかと思ってさらにそのROMファイルからAMIMM.EXEでマイクロコードを抽出してみたらちゃんと上書きされています。変だな〜と思って今度はAMIBCP.EXEで確認してみると、なんと11 MICROCODEの文字の先頭に三角マークが付いている。書きかえる前はなかったので詳細を見てみるとCommpressionの項目がYesになっていました。これにどういう意味があるのかよくわかりませんがNoに変更してSaveし、再度MicroCodeViewerでチェックして見ると今度はちゃんと表示されました。これで安心だということでBIOSをPCに上書きすることにしました。AMIFLASHではなくsupermicroから一緒に付いてきたFWHFLASHで書きましたが難なく成功。無事起動しました。ただし、元のままのハード構成なので何も変わったことはないんですけど(T_T)
これでPIII-Sに換装したときもマイクロコードの問題は出ないのでは?と思っています。
ただ、Postファイル中の48FFhの値AFhをBFhに書きかえるのは何のためなのでしょうか?初歩的な質問で恐縮ですが、どなたか御教示くだされば幸いです。PL-iP3/Tでトライしていらっしゃる方いませんか?是非成功して下さい。私もがんばりますが、技術がついてこないので先行き不安です。6905Master欲しいです。またこのページを参考にさせていただきます。
最後に、マイクロコードのファイルを見ている内にヘッダー部分でマイクロコードが認識されていることがわかりますが、その一覧を書きこみますので参考にしていただけたらと思います。
これを見ると必ずしも古い順に並んでいるのではないことがわかりました。それでは


1999/05/25 Rev. 0x40 (CPUID 0x650) SECC/SEPP Pentium II Processor/Celeron Processor
01 00 00 00 40 00 00 00-99 19 25 05 50 06 00 00
B9 B9 A8 B6 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/05/25 Rev. 0x40 (CPUID 0x651) SECC/SEPP Pentium II Processor/Celeron Processor
01 00 00 00 40 00 00 00-99 19 25 05 51 06 00 00
AC B4 00 F4 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/05/12 Rev. 0x2A (CPUID 0x652) SECC/SECC2 Pentium II Processor
01 00 00 00 2A 00 00 00-99 19 12 05 52 06 00 00
C7 4C B3 C8 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/06/28 Rev. 0x10 (CPUID 0x653) SECC/SECC2 Pentium II Processor
01 00 00 00 10 00 00 00-99 19 28 06 53 06 00 00
5E FC 6D 4B 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1998/05/28 Rev. 0x06 (CPUID 0x670) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 06 00 00 00-98 19 28 05 70 06 00 00
AD 41 E0 0C 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1998/08/11 Rev. 0x03 (CPUID 0x671) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 03 00 00 00-98 19 11 08 71 06 00 00
0B 7B CF F6 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/09/22 Rev. 0x10 (CPUID 0x672) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 10 00 00 00-99 19 22 09 72 06 00 00
99 30 C5 0F 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/09/10 Rev. 0x0E (CPUID 0x673) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 0E 00 00 00-99 19 10 09 73 06 00 00
D1 16 41 F6 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2000/05/05 Rev. 0x07 (CPUID 0x686) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 07 00 00 00-00 20 05 05 86 06 00 00
3F 30 AA 87 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/04/23 Rev. 0x01 (CPUID 0x680) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 01 00 00 00-99 19 23 04 80 06 00 00
15 F4 D1 BC 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/09/21 Rev. 0x0D (CPUID 0x681) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 0D 00 00 00-99 19 21 09 81 06 00 00
66 81 70 31 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2000/01/10 Rev. 0x0C (CPUID 0x683) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 0C 00 00 00-00 20 10 01 83 06 00 00
CA 5B 60 B1 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00


1999/09/10 Rev. 0x0E (CPUID 0x673) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 0E 00 00 00-99 19 10 09 73 06 00 00
D1 16 41 F6 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1998/05/28 Rev. 0x06 (CPUID 0x670) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 06 00 00 00-98 19 28 05 70 06 00 00
AD 41 E0 0C 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1998/08/11 Rev. 0x03 (CPUID 0x671) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 03 00 00 00-98 19 11 08 71 06 00 00
0B 7B CF F6 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/09/22 Rev. 0x10 (CPUID 0x672) SECC/SECC2 Pentium III Processor(Katmai)
01 00 00 00 10 00 00 00-99 19 22 09 72 06 00 00
99 30 C5 0F 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

1999/09/21 Rev. 0x11 (CPUID 0x681) FC-PGA Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 11 00 00 00-99 19 21 09 81 06 00 00
8D 53 16 FC 01 00 00 00-10 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2000/01/10 Rev. 0x10 (CPUID 0x683) FC-PGA Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 10 00 00 00-00 20 10 01 83 06 00 00
8C D8 8E AA 01 00 00 00-10 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2000/05/05 Rev. 0x08 (CPUID 0x686) FC-PGA Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 08 00 00 00-00 20 05 05 86 06 00 00
61 7B 2B EA 01 00 00 00-10 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2000/11/02 Rev. 0x01 (CPUID 0x68A) FC-PGA Pentium III Processor(Coppermine)
01 00 00 00 01 00 00 00-00 20 02 11 8A 06 00 00
3B 9E FC 80 01 00 00 00-10 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2000/11/15 Rev. 0x04 (CPUID 0x6B0) FC-PGA Pentium III Processor(Tualatin)
01 00 00 00 04 00 00 00-00 20 15 11 B0 06 00 00
B6 1E 61 65 01 00 00 00-10 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2001/02/15 Rev. 0x1C (CPUID 0x6B1) FC-PGA Pentium III Processor(Tualatin)
01 00 00 00 1C 00 00 00-01 20 15 02 B1 06 00 00
CF E1 06 65 01 00 00 00-10 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2000/11/15 Rev. 0x07 (CPUID 0xF07) PGA-423 Pentium 4 Processor
01 00 00 00 07 00 00 00-00 20 15 11 07 0F 00 00
4B A7 F3 D8 01 00 00 00-01 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

2001/02/27 Rev. 0x09 (CPUID 0xF0A) ? PGA-603 Pentium 4 Xeon Processor
01 00 00 00 09 00 00 00-01 20 27 02 0A 0F 00 00
5E E4 1F 57 01 00 00 00-04 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00-00 00 00 00 00 00 00 00

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/04 04:37:41]
モケモケさん、ありがとうございます。エラーが消えました。
変更点はAMIBCP.EXEでMicrocodeを削除した後に一度セーブした点です。
削除後続けて、改変したものを入れると駄目でした。

FSB 150MHz化ですか、CPUの排熱が難しそうですね。
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/05/03 23:30:36]
(゜.゜;
↓の書き込みですが「オーム」を記号表示させようとしたのですが
上手くいかなかったようです。
「&#8486」の部分は「オーム」と解釈してください。
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/05/03 23:27:50]
P3DMEでの1.26−DualでWIN XP起動成功しました\(^o^)/
生真面目にN37:NCHCTRLを14&#8486;で吊っていたのが良くなかったようで
これを外してVtt直結にし、
E27を110&#8486;で、S35を68&#8486;とリファレンス通りの値で落とす。
AK4は680&#8486;でVttに吊りました。
それ以外はVttにコンデンサーを噛ませたことと
推奨絶縁箇所を絶縁したくらいのものでしょうか。

3DMark2001が完走しませんが
これはG450のドライバーと当方の環境との相性の問題と思われます。
それ以外は安定しており自己満足度80%ほどです。
残り2割は実用度がどの程度あるかでしょうね(^_^;)
とりあえず技術的興味が先立っていたもんで・・・(苦笑)
しかしこれでやっと念願のFSB150Mhz化の実験が出来ます``r(^^;)ポリポリ

ゼンクンさん>
僕は比較的最近まで「BSP CPU...ErrMicrocode」と
出ていたクチなのですが
もしかしたら改変したマイクロコードをBIOSに書き込む前に
旧のマイクロコードを削除する作業を行っていないのではないでしょうか?
一度削除してから新たに改変したマイクロコードを書き込む作業を行わないと
ちゃんと認識できないようです。
僕もしばらくは頭を悩ませていた部分だったのですが。
ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/03 21:50:10]
N-yagiさん、こんばんは

CPU温度は、センサーで測ったほうが高いです。少し温度差に傾向があって、センサーのほうが温度が上がりやすいようです。38℃付近ではほとんど同じ温度を示しますが、45℃を越えたあたりから温度差が大きくなり、54℃では8〜10℃差になります。
諸事情で温度センサーの位置をCPUの下面からヒートシンク面に変更しましたが、同じような結果です。

Microcodeですが、Win98のDOSフロッピーから立ち上げたときに
BSP CPU...Err:Microcode
AP...Err:Microcode
と表示されます。

私がやった方法は、DRX BIOSのDR31091.ROMからAMIMM.EXEでMicrocodeをエクスポートし、TDE BIOSのTDER1082.ROMから同様にエクスポートしました。

TDEのほうから、B0 06の項目を探し、その行の先頭から最後まで(B1 06まで)をコピーしてDREの最後の00の8バイトの前に付け足しました。
インポートはN-yagiさんのHPの通りです。

TDEのコピーした部分は、400Xの「01 00 00 00 04 00 00 00 00 20 15 11 B0 06 00」から4FFXの「86 80 68 57 05 40 8E 21 3D 4E 05 CA EC C3 A3 C1」までの4096バイトです。

TDEのBIOSを見てると、DREにあるマイクロコードでも始まりの12バイトが異なっているものがあるようです。たとえば、
DREのIDが0683のとき「01 00 00 00 0C 00 00 00 00 20 10 01 83 06 00」
TDEでは 「01 00 00 00 10 00 00 00 00 20 10 01 83 06 00」
DREのIDが0686のとき「01 00 00 00 07 00 00 00 00 20 05 05 86 06 00」
TDEは 「01 00 00 00 08 00 00 00 00 20 05 05 86 06 00」
です。
素人なものでこれが当たり前なのかもしれません。その場合、ご容赦ください。
頼りっきりで申し訳ないです。


N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/03 20:15:48]
ゼンクンさん、こんばんは。

>CPU温度ですが、センサー買ってきて測ってみたら、10℃も違ってました。
おおっ、そんなに違いましたか。ところで、どちらの読みが高い温度になっているのでしょうか?ヒートスプレッダの内側(コアの真の温度)なら、もしかするとそれくらいの温度差になるカモしれませんね。

>370/Tは結構電気食うのかなと思ってます。
たとえ同じ消費電力でも、コア電圧の低い方がコア電圧生成回路の変換効率の悪化から電力を食う事になります。テュアラティンコアは、カッパーマインと比べて電圧が低いので、電力が大きくなっていると考えられます。(説明が大雑把ですが、多分あっているはず(^_^;;;

>以前、MicroCodeエラーのことを書かれていたと思いますが、解決されたでしょうか、
>私もエラー出てます。何回か、オリジナルから作り直しましたが同じでした。
METROさんも含め、具体的にどのようにマイクロコードを追加しているでしょうか?もしかしたら、説明が足らないところがあるかもしれないですね。
ゼンクン <???@???.??.??> [2002/05/03 04:33:56]
N-yagiさん、こんにちは
CPU温度ですが、センサー買ってきて測ってみたら、10℃も違ってました。
ただ、ケースを開けておくと温度差は2〜3℃程度になります。測定点がコア直接でないのではっきりとはわかりませんが。やっぱり、software温度を100%25信用するのは難しいですね。

METROさん、電源ですが私はENERMAX-651で使ってましてHDDが途中でスピンOFFするような現象がよくありました。いまは、昔使ってた250WのAT電源を併用してまして、問題出てないです。370/Tは結構電気食うのかなと思ってます。

以前、MicroCodeエラーのことを書かれていたと思いますが、解決されたでしょうか、
私もエラー出てます。何回か、オリジナルから作り直しましたが同じでした。特に不具合ないのでそのまま使ってますが、ちょっと気持ち悪いですね。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/01 21:11:18]
Super静が静かと書きましたが、今まで不安定だった頃は、
・それなりに負荷のあるWindows稼動状態まで行かなかった
・BIOSレベルで電源を切っていたため、起動時間が短かった
等の理由により、うるさく?なる前に電源を切っていたようです。
Winインストールが成功し、それなりの時間稼動させていたら、うるさくなりました(^_^;;;

Varius335も、テュアラティンコア(1.4Gだから?)では、3.3vが限界(電源のスペックでは3.3vが15A)らしく、BIOSモニター読みで、3.2vをきる事もあるのでお勧め出来ません。SECC2P3-1Gの頃は静かで良かったんですが・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/01 21:03:19]
METROさん、こんばんは。
>あと確かRIMMの抜差し限界は60回程度で、回数重ねるとどんどん劣化していくと聞いた事があります(うる覚え)んで
>中古が原因かも。
この話は、私も聞いた事があります。が、実験の際には気にせずザクザクやってました(笑
今のところ、問題ないです。

>電圧AUTOしか存在しない370SPCではBIOS読みで、
>CPU1:1.40V
>CPU2:1.25V
>なんで影響したかもしれません。
うぉ、1.25vはいくらなんでも低すぎですよ。
下駄の改造をしてでも、BIOS読みで1.44v程度まで上げた方が良いです。当方では(MS−6905Masterですが)、CPU1とCPU2で同じ電圧設定をしてもCPU2の方が低くなります。CPU1は1.50v設定で1.42v、CPU2は1.55v設定で1.44vになってます。CPU2を1.50v設定にすると、かなり頻度は低いですが微妙に不安定になる事がありました。

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/05/01 12:56:25]
N-yagiさんこんにちはです。

>PCガイガー
そう言えばうちの取締役が持ってたような・・・
会う機会が少ないんでなんともですが、借りれたら試してみますね。

あと、下の書き込み後何度か起動チェックしてみましたが1度だけ1CPU認識が出ました…
が、2,30回の起動でそんなもんです。良い感じです(喜)
N-yagiさんの記事やご指示のおかげで原因が特定しやすくて助かりました。ありがとうデス。

そう言えば、うちの電源のEG351P-Vは前は静かだったと思うんですが、結構長く使ってるんで段々
五月蝿くなって来た気が・・・。Super静、良いですか。う〜ん、でもなんかもう弄りたくないような・・・(笑)

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/05/01 08:27:18]
N-yagiさん下駄改造成功おめでとうございます。
メモリーが原因なんて気付きにくいですよね・・・。

私のメモリーはどっちも両面タイプです。詳しくいうとKINGSTON256-ECC(銀色カバー)の両面タイプのPC800が4枚と、
中古購入のSUMSONG256-nonECC(青色カバー)の両面タイプのPC700が2枚です。
しかしこのSUMSONGのはUSO800を付けてPC800化してずっとオーバークロック状態で使ってたんで、劣化のため
信頼性が薄くなっている可能性があります。USO800をはずしてもCPU認識の改善しませんでした。
あと確かRIMMの抜差し限界は60回程度で、回数重ねるとどんどん劣化していくと聞いた事があります(うる覚え)んで
中古が原因かも。

あと電源はENERMAX-EG351P-V(350W)で、HDD用にST200PIII(200W)を付けてます(常時起動状態に改造して電源
タップでの連動起動です)。予備でETASIS-EPR400があり今回チェック用に使ってます。


嬉しい事に、あれからやっぱりメモリー?とか思って色々組み替えていたら前と同じ構成(PIIIDR3+KINGSTON256x2or4+370SPCx2+EG351P-V)
ですが、まだ1回も認識をミスらなくなりました。CPUをスロット1と2を入れ替えたかもしれません。
もしかしてCPUの耐性でしょうか。

電圧AUTOしか存在しない370SPCではBIOS読みで、
CPU1:1.40V
CPU2:1.25V
なんで影響したかもしれません。


また6905MASTERで認識が安定しなかったのは微妙に形が違うのでロット(?)違いな為かも知れません。
(あと以前FSB100にすると安定すると書き込んだのですが、気のせいでした。)

私も何とか解決したっポイです(ヨカッタ
またヤバくなったらアドバイスどおりSETTENno1を試して見ます(ご助言感謝です)。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/01 02:11:38]
Soyさん、こんばんは。

>今搭載しているメモリはSamsung製256MBNonECC*4(両面シルバースティック)ですね。
と言う事は・・・メモリーチップの容量が原因では無さそうですね。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/01 02:07:34]
不安定現象に関してチョッと気になったのですが、皆さんはどんな電源を使用しているのでしょうか?

私は、TORICAのSuper静420Wを使って実験していました。今も使ってます。かなり静かだと思っています。
これの前は、Varius335でした。これもかなり静かで重宝してました。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/05/01 01:57:56]
下駄の改造に成功したと言えるレベルになりました。下駄の問題箇所を発見し修理する事が出来ました。
問題のあったメモリーを、別のもの(SAMSUNG128Mx4)にしたところ、Windowsのインストールを問題なく終了できるほどに安定しました。SyncMaxに騙されていた模様。

ただ・・・CPU認識不安定現象(「コールドスタート時」は解釈が違いそうなので、この言い方はやめますです)に関して不安が残るところ。私の使ったSyncMaxメモリーは、もともと評判が良くなかったので仕方在りませんが、SAMSUNGで不安定となるとチョッと問題です。
SyncMaxが使えないと分かった以上、別のブランド?のメモリーを探さなければならんのですが、最近SAMSUNG256Mって見かけないんですよね。
Soy <???@???.??.??> [2002/04/30 22:49:08]
少しでも情報を提供したいと思いますので私も。

今搭載しているメモリはSamsung製256MBNonECC*4(両面シルバースティック)ですね。
あとVGAに信号がいかないのはマザー側の電力不足ではないようです。
電源から直接給電するビデオカード使っても起動しない時はありますしね。
再現性がありそうでないのでタチ悪いです。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/30 17:53:10]
METROさん、こんにちは。

>手持ちはKINGSTON256MB-ECCx4とSUMSONG256MB-nonECCx2です。
うーん、私のところと原因が違うみたいですね。
ところで、このRIMMは片面実装ですか?それとも両面の古いタイプ?これによっても、事情が変わる可能性が考えられます。
もし、両面の古いタイプで不具合があるとすると、128Mの片面RIMMにしても不具合が起こる可能性が出てきてしまうので・・・

>それか10cm位で差が出るか分かりませんが2CPUの場合370Tの電源が2個同時に入らないといけないとか・・・。
HDD電源から引いてきている時点で、大した精度が必要ない事が明白ですので、気にする必要は無いと思います。と書きつつ、HDD&ファンノイズ軽減用のコンデンサー(パーツ屋で売っているアレ)を挟んでいたりします。しかし、今までこれが明らかに効果がある事が確認できる現象に遭遇していません。実験では、付け外しが頻繁で、コンデンサー無しの状態になったりした事が多々ありましたが、起動状態に全く影響がありませんでした。

>あと、下駄をSPC370に変更したら(1CPU:2CPU:起動せず)の割合が5:5:0位になりました。
>4:1:1から大分改善されましたがヤッパリあやしいです。
PCガイガーがあると、POSTコード番号が分かる(止まってるとかリセットとか)のでかなり現象を把握しやすくなるのですが、値段が約1万円と高いのがネックです。
また、下駄の不具合は、接点復活剤で回復する場合があります。

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/30 08:23:43]
下の私の書き込み分かり辛いですね、すみません。
HDDの件書いてますが370Tもコネクタの接触かなぁ・・・と
実際のところ疑う所が多すぎて原因がわかんないです(TT)

あと、下駄をSPC370に変更したら(1CPU:2CPU:起動せず)の割合が5:5:0位になりました。
4:1:1から大分改善されましたがヤッパリあやしいです。
(4:1:1時はたぶん6905MASTERが1個ヤバイらしかった為)

1CPUと認識されてもBIOSではCPU2つとも電圧モニター出来るんで動いてるようですけど・・・(汗)
認識さえ出来れば2CPUの動作は問題無いんですが、1CPU認識だとWIN起動後もホントに1個しか動いてません。
もうちょっと弄ってみます。
METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/30 03:19:00]
コールドスタート時の「メモリー怪しい」の件、気になって手持ちで調べて見ましたが
私の所では改善されませんでした(涙)
手持ちはKINGSTON256MB-ECCx4とSUMSONG256MB-nonECCx2です。

PL370/Tの電源コネクタが”ふにふに”しているんで接触が甘くなり易いのかもしれません。
私はATLUS10KIIにHDD用のファンを付けているんですが、ファンの電源分岐コネクタをHDに
付けて電源を得ているとHDDの電源が不定期に落ちたり入ったりを繰り返す事があるので電源分岐
コネクタを通さずに付けたら改善しました(今のところ)。

それか10cm位で差が出るか分かりませんが2CPUの場合370Tの電源が2個同時に入らないといけないとか・・・。
今実験中です。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/28 00:53:10]
「コールドスタート時にチョッと不安定現象」は、メモリーが原因らしいです。少なくとも、私の環境ではそのような結果がでましたので報告します。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/26 23:16:51]
最近、更新が滞っています。下駄の突然死の原因が把握できておりません。

また、以前オークションで入手した下駄は、中古のP3DR3で起動せず別のP3DREではそれなりに動く、と言うひねくれ物である事が判明致しました。しかし、これとPl−370/Tの2重下駄で、上手く起動出来ない現象にぶつかり作業が滞ってしまっています。

「コールドスタート時にチョッと不安定現象」に関しては、POSTコード番号が大抵13hでリセットがかかるので、結果、起動に時間がかかったり、起動しない(リセット永久ループ)状態になっていたりします。
どうやら、VGAがしっかり挿してあっても認識できないと、この様になるようです。そして、この現象は、AGP、PCIに関わらず起こるので、チップセットに問題があるのかもしれません。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/24 01:28:13]
もけもけさん、こんばんは。
デュアル化の実験がんばっているようですね。

>試しにVttを可変できるように改造したのですが
>1.3V以下だとDualであることを認識できず
>1.3以上だとWindowsの起動画面が出てこないって状況です。

Rtt関連の抵抗をつける前がこんな感じでした。

>133Mhzだと何の問題も無く起動するのですけどね。

信号の反射具合が絶妙な状態で、FSB100ではタイミングが合わないと考えられます。これも、ターミネーション関連でしょう。多分(^_^;;

Rtt関連の最適値を探す実験中に下駄が突然死(ホントに死んだかは調査中)してしまったんで、実験が止まってます。ソケットの接触なんだろうか・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/24 01:26:39]
Kitさん、こんばんは。
がんばってらっしゃるようですね。

>AK4のピンを折ってしまいました。
あぅ、やってしまったようですね。もっと早くチューブマスクの危険性に気付いていれば・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/24 01:25:24]
センクンさん、こんばんは。
>ちょっと気になることがありました。
>PL370/Tでは温度がBIOS上で見えませんよね。
PL−370/Tでは、サーマルダイオードのピンが絶縁されている、と思いました(以前調べたが、記憶が怪しい)。
デュアル化の実験では、CPU2が異常な温度になる事が確認されています。PL−370/Tでも、同様の現象が出て保証できないから絶縁したのでは?と勘ぐっています(^_^;;

モニターソフトで見えるのは何故なんでしょう?サーマルダイオードの電流値以外に内部の温度を知る方法があるのかもしれませんね。

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/04/23 23:34:02]
Kitさん>
>まずは自分で調べてできるだけのことはやって見ます。
漢(おとこ)らしいコメントがナイスです(o^ー')b
自分はソケットを引っぺがして断線箇所を直したのですが
その時確認した限りでは、表側ではAK6くらいしか
断線するような場所に配線されていないので
繋ぐことが出来ればまずOKだと思われます。

ここのログを読む限りはKitさんは唯一
僕と同じP3DMEユーザーなのでお互いがんばりましょう。

って言うかこちらの近況報告なぞを。
N−yagiさんのレポートを見ながらなんとかDual起動までは成功しました。
BSP、APとPOSTコードをクリアーするのですが
Windowsの起動画面が出てきません。
ちなみにWindowsはXP Proです。
試しにVttを可変できるように改造したのですが
1.3V以下だとDualであることを認識できず
1.3以上だとWindowsの起動画面が出てこないって状況です。
RAIDを組むのに「FastTrack66」を使用しているのですが
もしかしたらこいつが邪魔をしているかな?とも思っているのですが。
もともとP3DMEとの相性は今一良くないとは前から言われていますし・・・

もう一つ、不思議なことにFSB100Mhzでは何としても起動できません。
マザー側を強制的に100Mhzにしようが、ゲタ側を100Mhzにしようが
とにかく100Mhzにしたとたんにビープ音がなるだけで起動できません。
133Mhzだと何の問題も無く起動するのですけどね。
不思議です。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/04/23 22:39:53]
>切ってしまった配線というのはAF4でしょうか?
その通りです。ついでに反対側の線=Z6:A18も切ってしまいました(穴がでかすぎ)。
この2本は何とかつないだのですが、BIOSすら上がりません。うまく修理できていないのだろう
と思っていたのですが、他の線も切れている可能性もあるんですね。

>必要なら修理箇所の写真をメールで送らせててもらいます。
まずは自分で調べてできるだけのことはやって見ます。
いざというときには宜しくお願いします。

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/04/23 06:59:01]
Kitさん>
切ってしまった配線というのはAF4でしょうか?
僕の経験上でお話させてもらいますがその配線を切ってしまったと言うことなら
おそらくAK6も切ってしまったと思われます。
ピンネームで言えば「A28」が割り当てられています。
Slot1のピン配列の中にも当然同じ「A28」がありますので
そこからたどっていけば簡単に修理できるはずです。
MS6905Masterをひっくり返してみてSocket370の
角っこすぐ左下にホールスルーのパターンが2つ並んでいる箇所があります。
そのどちらかがSlot1の「A28」に割り当てられています。

必要なら修理箇所の写真をメールで送らせててもらいます。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/04/23 00:15:25]
お久しぶりです。ちょっくら出張に行っていました。

帰ってきたらAK4:VttPWRGDでかなり安定するとの話なので早速やってみようと思ったら、AK4の
ピンを折ってしまいました。他のピンが折れそうになっていたので被服チューブをやめようなど
と余計なことを考えたのがいけなかったようです。
修理はまず無理と判断しPIII-S 1.26GHzをもう1ヶ買ってきて、下駄の方の改造(AK4のピン抜
き)に取り掛かったところ、横にある線まで切ってしまいました。
一応修理してみたのですが、まったく動作しません。自分もN-yagiさんと同様にかなり痛い状
況になってしまいました。

土曜日に(PIII-Sを買いに)秋葉原へ行ったのでついでにMS-6905Masterを捜し歩いたのですが、
どこにもありませんでした。オークションとか以外ではもはや入手不可能な感じです。
かなり[あきらめモード]に突入していますがPL/iP3-TをGetして、こいつでDualに挑戦するか、
P3TDLEにでも逃げちゃおうか考え中です(ぉぃ

>>ゼンクンさん
>皆さんはCPU温度はどのようにしてみてるんでしょうか?
自分は"LM87Mon"とかいうソフトを使っていました。Supermicro製M/B(モニターチップが2つ
乗っている)に対応しているってことで。シンプルでLogも取れたりして便利です。

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/04/22 22:31:34]
こんばんは
大変なことになったようですね。1〜2週間前にPCパーツを探してるとき
どこかのHPに6905Masterが売っていたので探してみましたが本当に売っ
てないですね。

ちょっと気になることがありました。
PL370/Tでは温度がBIOS上で見えませんよね。
しかし、SandraTeでは、ちゃんと見えるんです。ひょっとしてと思って、
Hardware Monitor ProというソフトでHardware Settingをいじってみると
設定0でCPU1の温度、5でCPU2とM/Bの温度が見えました。
皆さんはCPU温度はどのようにしてみてるんでしょうか?

私は、PL370のクーラーとこれで銅だコツブを使ってますが、かなりあっ
たかくなります。(上のソフトでは42〜45℃位)

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/22 00:28:02]
とりあえず今は、PL−370/Tを使っても普通に起動出来ない問題を何とかしなくては、とか考えてます。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/22 00:23:55]
370SPC・・・欲しい・・・

現在、実験を中断せざるを得ない状況になってしまいました。
今まで、改造してきた下駄が、ウンともスンとも言わなくなってしまいました。片方のみなのですが、1個ではデュアルの実験にならないンですね。オークションなどで確保した物は、PL−370/Tを使って普通に起動出来ない(ぉぃ)ので、改造以前の問題ですし、他の1個はバージョンが2.3だったりで、カナリ詰まってます。
個人的には、370SPCx2か6905MasterVer2.3をもう1個欲しいところですね。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/22 00:23:25]
ゼンクンさん、こんばんは。
>RDに書き込んでくれるとこはみつからず
書き込みだけなら同じ扱いで行けそうなのに・・・残念です。

NEX6420のバイオスで起動したときは書き込めたので、ソフトウェアだけで物理的に書き込むことが可能といえる訳ですから、起動バイオスによらず、書き込みが出来るフラッシュプログラムを作る事は不可能ではないはず・・・・・と思います(^_^;;;;;;;;;;;;

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/22 00:15:05]
METROさん、こんばんは。
>賞味期限切れのものだったようです(笑)
実は、私の物も期限切れのようで・・・なんか動きません(^_^;;;

>370SPCのが安かったんでチャレンジしてみました。海外通販慣れてないんでドキドキです(笑)
おお、楽しみにしてます。実は370SPC欲しかったり・・・

ゼンクン <???@???.??.??> [2002/04/19 18:10:03]
N-yagiさん、ありがとうございます。あなたのおかげでうまく言
ったようなものです。
RDですが、あの後色々と問い合わせたのですが、RDに書き込んで
くれるとこはみつからず、もうあきらめました。ただ、RDのサポ
ート情報の板でP3C-Dの書き込みができるということとRDは初期不
良率が意外と高いことを知りまして、購入先に問い合わせたとこ
ろ、交換してくれました。(初期不良品かどうかはわかりません。)
その後は、BIOSを改変したのに書き換えたので、予備は不要となり、
RDはそのまま、ほっといたままです。
そのうち、P3C-Dで試そうかと思います。

METROさん、こんにちは。
実は私もはじめは気づかなくて、かなりあせりました。

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/19 14:12:00]
N-yagiさん。こんにちはです。
私のMASTERですがオークションで購入した中古品なんで、賞味期限切れのものだったようです(笑)
このての下駄はもう手に入らないですねぇ。
Googleで検索すると海外の通販サイトが引っかかりますが$34.99って・・・5000円位ですね(オイ
370SPCのが安かったんでチャレンジしてみました。海外通販慣れてないんでドキドキです(笑)

ゼンクンさん。こんにちは。
JP5のOPENはやっぱり肝のようですね。おそらくPL370/Tの仕様でしょう。気が付かないと私のようにハマります。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/19 00:21:58]
ゼンクンさん、お久しぶりです。
>私もやっとP3-Sでデュアルに成功しました。
デュアル起動成功おめでとう御座います。成功者もだいぶ?増えました。

話は、さかのぼりますがBIOSはどうだったのでしょうか?
実は当方でベリファイエラーがでたFWHは、どうも故障していたらしかったので。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/18 23:45:53]
METROさん、こんばんは。

>搭載部品は同じ物のようですがプレスチックレバーの方はPOST率50%25な感じでダメダメです。
ありゃ、私の所有してる物は、全部プラスチックレバーですよ。ダメダメですか。困ったなぁ(笑

コールドスタートに関してですが、どうもRtt関連が影響ありそうな感じです。
確実に起動できる抵抗値は、まだ検証中ですが、PL−370/Tの値は低いようです。S35とE27を110ΩでVssに落としていましたが、これらを220Ωにすると起動状態(POSTコードの上がり方)や、Winインストールの進み具合(まだインストール自体は失敗する)が、僅かに改善しました。

デュアルはバス設定が非常にシビアです。ホントに。
ゼンクン <???@???.??.??> [2002/04/18 21:18:57]
久しぶりに拝見しましたら、ずいぶんと難しいページになってますね。
皆さんの技術力はすごいですね。

私もやっとP3-Sでデュアルに成功しました。
ただ、METROさんと同様に、JP5をOPENにしないとシングルですら起動
しませんでした。

一応、動作報告ということで。

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/17 23:59:14]
>起動成功おめでとう御座います。
ありがとうございます。N-yagiさんのおかげでここまで来れました(喜)

下駄改造行き詰ってきたようですね。ここは気分を変えて370SPCで改造とかどうですか(^^;)
妙な回路が付いてないだけ弄りやすいかも。さらに入手が困難ですが・・・。お疲れのようですね、がんばってください。


コールドスタート不安定現象皆さんもあるようですね。起動不可時はSoyさんの状態と同じです。
私はCPUx1:CPUx2:起動せずが4:1:1位の確立でした。相当ひどいですね(^^;
やはり私も下駄を疑ってMS6905MASTERを1個ずつチェックしたら1個起動が不安定なものを見つけました。
2個ともRev2なのですがよく見るとCPU固定レバーが片方はプラスチックでもう片方は金属の物でした。
搭載部品は同じ物のようですがプレスチックレバーの方はPOST率50%25な感じでダメダメです。
個体の問題によるものだと思いますが・・・。

ダメな方のMASTERを370SPCに交換して起動させた所、ほぼコールドスタートに失敗する事はなくなりましたが、
WIN起動中に不安定なんでこの組み合わせはマズイようです。
電圧調整出来ないタイプだからBIOSで1.25vとでてます(これが問題かも。
また下駄手に入れないと・・・。

あっとPen3-S1.4Gご愁傷様です。もうオークションで売るしか(^^;)



N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/16 22:23:41]
なんか、ヘンな日本語ですね。チョッと疲れているカモしれません。

Winインストールが上手く行きません。
そろそろ、疑うところが無くなってきています(笑
次は、何処を疑ってやろうか(ぉぃ

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/16 20:39:06]
Soyさん、こんにちは。
>そういえば言われて気づきましたが 当方もDual P3-Sにして
>CPU認識が安定しなくなりましたね。
METROさんも確認されている「コールドスタート時にチョッと不安定現象(そのまんま」は、実は当方でも確認されています。と言っても、状況が違いますが。
実験が行き詰まった時に、保険を兼ねて「6905Master」をオークションで2個入手しました。ところが、PL−370/Tを使ってもデュアル起動できなくなってしまったので、下駄を良く見ると下駄のバージョンが違っていました。Ver2とVer2.3では、インピーダンスマッチングの抵抗値が56Ω(Ver2)に対して75Ω(Ver2.3)と異なる値の物でした。これのせいで、デュアル起動出来ないにしても、シングルで起動しない事があったので下駄を疑っています。
なんとなく、CPUコア電源が不安定なのではないかなぁ、とか考えています。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/16 20:38:36]
METROさん、こんにちは。
METROさんのおっしゃっていた「SUPER SLOCKET-III」ですが、既に(笑)購入していた模様。
チョッと前に「この時期の下駄は検証&報告されてないから実験してやろう」と意気込んで手に取るも、なんか高FSBで不安定になりそうな配線パターンで躊躇。したのですが、結局購入、そして玉砕しました。まさか、これが「370SPCの偽者(笑」だったとは。
パッケージ?の何処にも「Frendtech」「370SPC」の表記がなかったし・・・

M25B(エイサー?のサーバ向けOEMボード。i840のSDRAMシステム)では、Iwillの下駄でも動いたらしいのですが、何処かを弄らなければならないようで・・・
i840は厳しいですね。

>何とかPIIIDR3で起動成功しました。
起動成功おめでとう御座います。やはり、マザーの方に罠がありましたね。直って良かったです。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/16 20:38:19]
もけもけさん、こんにちは。
>ヒートシンクの高さが予定より5mm程高く
5mmは結構おおきいですねぇ。私も、アルミ版やら銅版やらをノコギリで切断した事があるのですが、木を切るのとは訳が違うのか、やたら疲れるンですよね、鉄製品の加工って。

>例の壊れてしまった6905ですが無事に直りました。
おおお、良かったですね。これで、心置きなく改造が出来ますね。
ソケットを剥がせるなら、剥がしてから改造した方が簡単カモしれません。

Soy <???@???.??.??> [2002/04/16 06:46:21]
>>METROさん
なるほど、370SPCといっても注意しなくてはいけませんね。
ショップで840で動く方ですか?…とか言ってもわからないでしょうし。

そういえば言われて気づきましたが 当方もDual P3-Sにして
CPU認識が安定しなくなりましたね。
それでも9割方一発起動しますし、起動後は全く問題ないので
許せないレベルではないです。
システム的にもイレギュラーでシビアな環境なので
2重下駄のせいか電源のノイズ(SP-401RA12V)のせいだろうと思ってましたが。

電源入れるとファンの回転とHDDのスピンアップが始まるのですが
VGAに信号がいかない状態ですね。
PowerLEDが点灯せずHDD LEDが点灯しっぱなし(SCSIカードに接続)
というわかりやすいエラーなので即Reset or 電プチ、その後正常起動な感じです。
METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/16 03:30:39]
何とかPIIIDR3で起動成功しました。
やっぱり剥離ランド部分が直ってなかったので直横のスルーホールに接続して何とか修理しました(たぶん;)。
ですが問題はここでなくJP5のHost Bus ECCをDisabledにしないと起動しない事がわかりました。
河童ではEnebleで大丈夫なのになんでだろって感じです(^^;)

BIOSを書き変えると・・・出ました「PentiumIII x2, 1000MHz」がっ!(感涙)
キャッシュのライトバックも有効で2CPUともチャンと動作しているようです(パイx2で確認)。
ただ、microcodeでErrが出てる状態は変わらないのでもうちょっと弄ってみます。

新たな問題はBIOS起動時に何故かCPU認識が安定しない事です。1CPUだったり起動しなかったり・・・。
FSBを100に落とすと解決するのでN-yagiさんの同現象から推測すると・・・色々試さないといけませんね(T^T)。
たぶんチップ抵抗を剥がす時に手を抜いてたんで故障したかも(?)。後で新品のに張り替えてみます。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 5 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium III 1132.85MHz[GenuineIntel family 6 model B step 1]
Cache L1_D:[16K] L1_I:[16K] L2:[512K]
Processor Pentium III 1132.85MHz[GenuineIntel family 6 model B step 1]
Cache L1_D:[16K] L1_I:[16K] L2:[512K]
VideoCard RADEON 7200
Resolution 1280x1024 (32Bit color)
Memory 1047,980 KByte
OS 5.1 (Build: 2600)
Date 2002/04/14 20:07

Intel(r) 82801AA Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル

Intel(r) 82801AA Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
ST320414A

Adaptec AIC-7892 Ultra160 PCI SCSI Card
QUANTUM ATLAS10K2-TY092LDA40
FUJITSU MAJ3091MP 0114
FUJITSU MAJ3091MP 0114
FUJITSU MAJ3091MP 0114
FUJITSU MAJ3091MP 0114

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
67504 105352 117941 25489 24320 41106 37

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Sp Drive
33373 27600 6780 133 136351 139130 2705 D:\100MB

HDDはTEMPドライブ用のRAID0での結果です。
ケーブルの問題でUW接続のメインHDDは結果がひどすぎたもんで・・・(汗)

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/16 03:26:44]
Soyさん。はじめまして。
ツートップで売っている370SPCですがi840系での起動が確認されている370SPCではありません。
私もP3DR3で動作確認できた370SPCを1個持っているのでデュアル用にとツートップで1個注文したのですが、
明らかに別商品でもちろん起動できませんでした。
Webのリンク先に一瞬出る画像のものが本物と同じ形ですがツートップ販売のものと違います↓。
http://img3.ac.yahoo.co.jp/users/4/3/8/9/kumakorosi-img400x300-101733747403290002.jpg

クレームを出したらPowerLeapからOEM供給をうけてFriendTecが”SUPER SLOCKET-III”として販売しているとの事で
FTK-370SPC BULKとSUPER SLOCKET-IIIは同じ商品と言われました(クレーム後”SUPER SLOCKET-III”の表記が加わりました)。

皆様、私の失敗を教訓に気をつけて下さい(涙)。
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/04/16 00:11:06]
P4クーラーと今回のアイデアに使用できそうなP3クーラーを目の前にして
散々迷った挙句にP3クーラーを買ってしまいました(笑)
結局、加工しなくちゃいけないことに変わりは無いし
ソケットに留める金具がそのまま使えるからいいやー
とか思って買ったらヒートシンクの高さが予定より5mm程高く
手間が増えてしまいトホホな感じです(´ヘ`;)ハァ
結果的にはP4クーラーの方が楽だったんだろうなぁ・・・

というわけで現在ヒートシンク加工中。

例の壊れてしまった6905ですが無事に直りました。
案の定、AK34ピンをほじくった時に隣のピンの配線を切ってしまってました。
発見できたのは思い切って再びソケットの張替えに
踏み切ったからなんですけどね(笑)
おかげで直りましたし絶縁やら配線処理が楽に行えたっていう副作用もありましたし。
まぁ、結果オーライですかね。

まさか1ヶ月の間に3つもソケットを張り替えることになるとは思いませんでした(笑)
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/14 02:14:57]
もけもけさん、こんばんは。
>これに関しては叩き売りされてるP4のリテールクーラーを
>使って何とかできる案があるので近日中に報告したいと思います。
P4のクーラーがあの隙間に入れられるンですか?私は、P4のクーラーを良く観察した事がないので見当が付かないのですが。
楽しみにしてます(^_^)

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/13 20:34:38]
Soyさん、こんにちは。
画像拝見いたしました。なんとも、見事に装着してますね。
当方も、12センチファンを、ZALMANのファン固定金具で固定して使おうと考えています。ファンコンで、ガンガンに電圧を下げているのが冷却不足の原因であるのがわかっているのですが、ウルサイんですよ、12センチファンが(笑
今回は、AK4の接触不良が要因になっていそうなので、なんとかなる?かもしれませんが。

それにしても、死んでもいないCPUが使えないのが非常に残念&無念でなりません。むう。と、書きつつ、既に次のCPUを購入してしまいました。(ぉぃぉぃ

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/13 20:05:54]
とうとう、やってしまった模様。
>直したつもりですが、心なしか動作が不安定です。Windows2kが起動できません。マズイです。非常に。
直したピンが、今度は根元から折れてしまいました。CPUの発熱もこれが原因の様子。

しかも、デュアルの安定化には結構重要なピン(AK4:VttPWRGD)なので、この石をデュアルで使うのは、もう無理のようです。あああ、1.26Gで実験してれば良かったー(T^T;
今までのヘンな不安定さも、多分これが原因でしょう。

皮膜チューブのピンマスク法は、私の実験のように何度も付け替え作業をすると根元からモゲて修復不能になります。皆さん、気をつけてください。

Soy <???@???.??.??> [2002/04/13 08:39:47]
使っているケースがCS-588で
ファンの力に頼らない通気性がありますので
冷却が楽な感じはしますね。
ちなみにヒートシンク実測温度は33℃弱です。
Soy <???@???.??.??> [2002/04/13 08:10:31]
どうもです。
私はチャレンジャーではないので もうなにもやってないですが
いろいろと苦労なされてるようなのでちと情報を。
下駄の件ですが Frendtech社の370SPCでも当方のP3DREで動作可能でした。
今はP3DM3持ちの知人に譲ってしまいました。
クレームがないことをみると動いているのでしょう(もしくは使ってないか)

昨年末 工房の通販で買えました。ツートップの通販で今も販売しているようです。
ただ公式サイト、ツートップのサイトでのFSB66/100対応の表記が気になります。
私が購入した370SPCはAUTO設定で1.0BGHzが動作しましたし。

あと冷却に関してですが特に私は困ってません。
http://bekkan.omosiro.com/img-box/img20020413075309.jpg
こんな感じで
下駄のプラスチッック部分にスぺーサーをねじこんで
そこに120mmファンと搭載してます(1500rpm)
ヒートシンクはSUPERMICROのP3T系マザーに入っている
AVCクーラー(青箱)のヒートシンクのみ、爪はPL-370/Tのものです。
下駄のプラスチック部分を外さなくても搭載できてます。
これでもCPU間の数mmの空きはあります。
参考になれば幸いです、では。
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/04/13 06:42:32]
あんまりゲタが壊れたってのを信じたくないんで虫眼鏡を使って調べています。
一箇所、金属粉満点のシリコングリスが悪戯している箇所があったので
他にもあるんじゃないかと期待しちゃいます。

>CPUのピンが根元からボッキリと折れてしまいました
改造中にCPUを外してピンを見てみると
マスクをしている関係でやや斜めになっているの見ると
「そのうち折れないかな?」
とか思っちゃいますね。
考えてみれば曲がっているのは機能しちゃいけないピンだから
折れてもいいんだけどね(^_^;)

>やっぱり、CPUクーラーを何とかしなければイカンようです。
P3DxxシリーズはCPU間が狭くてクーリングに関しては深刻ですよね。
これに関しては叩き売りされてるP4のリテールクーラーを
使って何とかできる案があるので近日中に報告したいと思います。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/13 00:48:42]
どうも、潰してしまったZALMANのヒートシンクがあまり機能していないようで、CPUがかなり熱を持っている模様。1センチの余裕を得たと言うのに、これでは意味がありません。
やっぱり、CPUクーラーを何とかしなければイカンようです。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/13 00:41:07]
CPUのピンが根元からボッキリと折れてしまいました。AK4の方は根元が残っていたので、はんだ付けで何とかなりました。AJ3も折れたのですが、こちらは根元から綺麗に取れてしまいました。もともと、マスク絶縁端子だったから良かったものの、これが機能ピンだったらと思うとぞっとします。
直したつもりですが、心なしか動作が不安定です。Windows2kが起動できません。マズイです。非常に。

皆さんも気をつけましょう。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/13 00:35:18]
METROさん、こんにちは。
>ジャンクマザーから部品取りするのが一番良いかもしれません。QC-PASSあたりがお勧めかと。
実はそれも考えたのですが、基板にじかについている物は足が短く取り付けに不便です。銅線を継ぎ足す方法も考えられますが、大電流が流れる可能性があるので、継ぎ足しはなるべくやりたくないと言う思惑があり、足の長い新品が欲しいなぁと考えております。

でも、通販でもない限り、4v大容量品は手に入れられなそうです。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/13 00:27:49]
もけもけさん、こんにちは。
>お亡くなりになった感じです・・・
今壊れるとは大変痛いですね。
中古やジャンクでは望み薄ですから、オークションしか手がないですね。

せめて、他の下駄でも動けば・・・・

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/11 06:45:27]
>AK4の処理に、1kΩの抵抗と書きましたが、どうやら10kΩがついていた模様。
うっ私も・・・(^^;)週末辺りちょろっとやってみます。
配管修理の為、移動した荷物で狭くなった部屋が元に戻ったのでそろそろ弄れそうなのです。

OSコンの件ですが、
ジャンクマザーから部品取りするのが一番良いかもしれません。QC-PASSあたりがお勧めかと。
1000円しなくてあると思います。ただこれが壊れてジャンクになってると泣けます(笑)
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/04/11 00:00:59]
P3−S 1.26Gが2つ揃ったんで早速実験してみました。
ところが、どうも2つあるMS6905Masterのうち片方が
お亡くなりになった感じです・・・

以前ソケットを交換した方が壊れてるのならまだ話は分かるのですが
今までP3−1Gを使っていたゲタがいきなり起動不能に・・・
「なんでやねん!」って気分です。
このゲタ、すでに手に入りにくいのになぁ(ノ_・。)
以前近所に合ったパソコンショップで放出品として980円で売っていたことがあって
店が潰れる前に買い占めておけばよかった・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/10 20:26:51]
最近、自分の間抜けさに嫌気が差してます。
AK4の処理に、1kΩの抵抗と書きましたが、どうやら10kΩがついていた模様。
慌てて、1kΩに付け直した結果、コア電圧を上げずとも(1.5v設定でモニターの読みが1.46v)でも起動できるようになりました。ただ、スロットへの挿し具合で起動しなかったりするので、スロット金具の接触抵抗で電源が・・・・などと、チョッと不安になってます。

話は変わりまして、OSコンですが、秋葉では以外に選べない事が分かりました。電圧が最も低い物で6.3vなのですが、この電圧で最も容量が大きい物は150〜220μF程度です。SANYOのホームページでは、4v1000μFとかが在るらしいですが、どうも特殊な値のようで何処も(そんなに大して見回った訳ではありませんが)扱ってないと言われてしまいました。見た中で一番大きい容量が、16v1000μFでしたが、以外に大きく値段も1000円を超える物でした。どうせ高いのなら、4v2200μFとかが欲しいなぁ・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/09 23:22:16]
Windowsのインストール試験が上手く行ったので、ちゃんと組み上げてみたところ、AGPに挿すカードによって、安定度が変わる事が発覚してしまいました。
RadeonLEでは問題ありませんが、Radeon8500では、コア電圧を上げないと起動しません。
どうやら、Kitさんがおっしゃっていた状況にぶち当たってしまった模様。

今度は、AGPかぁ・・・(実は、チョッと息切れ気味(^_^;;;

コア電源強化(コンデンサー追加)だけで、なんとかならないかなぁ・・・とか、考えてます。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/09 01:31:15]
もけもけさん、こんにちは。

>データシートで見る限りSocket370、FC−PGAのX2ピンが
>BR1、つまりDual認識の機能を有効にする箇所になっており
>N33ピンはリザーブになっていますが
>X2とN33、どちらにつなぐのが正しいんでしょうか?

実は、カッパーマイン時代からのPentium3の謎としてその筋?では以外に有名な話だったりします。

まだFC−PGAのデュアルが正式に保証されていない頃にPentium3を解析したひとがいました。この頃のデーターシートに既に、「X2がBR1である」と記述されていたのですが、その通りに繋いでもデュアル起動出来なかったようで、RSVピンを片っ端から調べて、X2の他にN33、R2ピンがBR線である事を突き止めたらしいです。すごいですね。
この頃の一般的なデュアルマザーは、BXでしたが、BXチップ自体が「デュアル起動時のエージェントID制限みたいな物」を持っていたらしく、N33ピン以外はデュアル起動できなかったようです。
(Dos/Vマガジン2000年4/15号より)

なので、下駄のデュアル化改造でN33ピンが一般化した模様。
ApolloProなどでは、何処のBR線でも起動するようですが・・・
i840では、情報がないので分かりませんが、チップ自体は4CPUまでは対応していた(と思う。うろ覚え)ので、何処のBR線でも起動すると思います。

以下のページにも関連の情報があります。
PPGAセレロンでQuadの試みを考察しているページ
http://www.softclub.co.jp/~zoro/memo/quadron.html

私は、データーシートよりも実績のあるN33ピンをお勧めします。現に、こちらで動いていますし・・・(^_^;;

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/04/09 00:14:36]
日曜日にPen3−S 1.26Gを購入してきまして
さらに今日のオークションで同品を落札しましたので
近日中にDualに挑戦しようと思っています。
そこで極めて基本的な質問な気もするのですが
N33とJ3の3番ピンをつなぐことでMS6905MASTERを
カッパ及びTualatinでDual対応させるとのことですが
データシートで見る限りSocket370、FC−PGAのX2ピンが
BR1、つまりDual認識の機能を有効にする箇所になっており
N33ピンはリザーブになっていますが
X2とN33、どちらにつなぐのが正しいんでしょうか?
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/08 20:21:42]
METROさん、こんにちは。

>それと、PL370/TなしのDUAL駆動の成功おめでとうございます。
>また敷居高そうですね。バイスで穴空けて接続ってのが特に・・・。
>N-yagiさんの技術力の高さに感服しました。う〜ん、すばらしい!
ありがとう御座います。
最初は、マスクの情報しかなかったので、「これなら簡単だし、動いたら儲けもの」程度の気持ちで始めたのですが、いつのまにやら・・・
こんなに苦労すると分かっていれば(笑)、CPUヒートシンクをなんとかする方法に走っていた事でしょう(^_^;;;;

マザーの修復がんばってください。
METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/08 14:40:15]
>付け直した抵抗の抵抗値が実は間違っていて、もしくは、コンデンサーの付け忘れ?などで、
>規定外のリンギングが発生しているとか・・・
動くから問題無いと思っていたのですが、ちょっと自信が無いのでチェックしてみます(汗)。

それと、PL370/TなしのDUAL駆動の成功おめでとうございます。
また敷居高そうですね。バイスで穴空けて接続ってのが特に・・・。
N-yagiさんの技術力の高さに感服しました。う〜ん、すばらしい!

私は取り合えずPL370/Tの付属のクーラーからファンを取ってマザーに垂直に風を送る方法で
対応しようと思っています。ヒートシンクはメモリ側のスロットだとSのリテールがくっ付くんですが、
もう一方はコンデンサ高でスロットに差し込めませんでした。シンクの加工は大型工具が要りそう・・・。

取り合えずマザー直ってからの話ですよね。
では頑張ってみます。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/08 02:19:14]
デュアルの実験はやっと、一息つける状態になりました。
VttPWRGDの処理は、かなり効果があります。その分、下駄の改造も難易度が高いですが。
PL−370/Tの状態を再現できたカモしれません。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/05 13:15:37]
Kitさん。こんにちは。

>AGPに問題が出ることがあるような情報を見た気がしてAGPなのかなと思いました。
「最近のVGAでは、電力供給が出来ないらしい」と言う事を(P3DR3中古購入時に)某ショップ店員から聞いたことがあります。GeForceなどはかなり厳しいようです。

>ところで、CPU 1とCPU 2を入れ替えると起動しないって話ですが、実は自分もです。
>銭さえあれば石を選ぶことでDualで安定するのでは?
今のところ、「2つのCPUの相対的な差」と考えています(あくまでシングル起動に問題の無い物という前提)ので、動かなかったら入れ替える事で何とかなるのではと思っております。

>あと、ひとつお聞きしたいのですが、Vttってモニターしてます?
簡易テスターの先がずれないように立てかけて(^_^;;使っています(でも短時間)。起動状態で電圧がゆれるような事はあまり無いようです。

CPUクーラーを付け替えた感想は、「PL−370/Tを使った時に比べて、明らかに発熱が多い」です。
また、「CPU1と2での相対的な差を埋められない程にシビアな状態でありうる」「Vttを徹底的に下げないと起動できない」事から、AGTLバスの状態設定がしっかり出来ていないのではと考えております。
AGTLバスの状態設定ピン「N37:NchCTRL」「E27:SlewCTRL」「S35:RttCTRL」がかなり怪しいと見ていますが、データーシートにはリファレンス設定しか書かれていないんですね。これらの具体的な設定を説明した詳細な資料がないので、実は現在お手上げの状態です(笑

リファレンス通りに設定しても、動かないって事は、リファレンス通りなってないとも言えちゃったりするのですが・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/05 13:14:08]
METROさん、こんにちは。

>クロックジェネレーター付近の抵抗部ランド剥離品を修復したつもりの物だったのですが、
私が言うのもなんですが、付け直した抵抗の抵抗値が実は間違っていて、もしくは、コンデンサーの付け忘れ?などで、規定外のリンギングが発生しているとか・・・

Kit <kitamura@george24.com> [2002/04/05 00:06:09]
長文失礼します。

>もし、不安定な状態が私の物と同じ条件ならば、AGPは…
前回書き込み時点ではWindowsの起動までは問題ありませんでした。HDBenchのALLを
実行すると描画の「BitBlt」で固まるってのが一番確実な止め方(泣)です。他にも
解像度の変更とかでも止まりました。

AGP周りなのか描画関係の処理(=CPU?)なのか良く分かっていないのですが、どこかで
AGPに問題が出ることがあるような情報を見た気がしてAGPなのかなと思いました。


ところで、CPU 1とCPU 2を入れ替えると起動しないって話ですが、実は自分もです。
PentiumIII-SをGetしたときに2個目のCPUは耐性が低い(?)みたいだと書きましたが、
そっちをCPU 2にしないとDualでは起動しません(BIOSすら上がらない)。N-yagiさんと
まったく同じ状態ですが、「きっと自分だけだろう」と思っていました。
N-yagiさんの言う通り「安定と不安定の境目」にある感じですが、動作しやすさは

 Single @ FSB=100MHz
 Single @ FSB=133MHz
 Dual @ FSB=100MHz
 Dual @ FSB=133MHz

という感じ(上の方が簡単)だと思います。耐性の低いCPUだとFSB=100MHzのSingle
でも起動できないことがあるのではないかと(自分の2個目の場合)。他の対策具合
でも変わってきますが、銭さえあれば石を選ぶことでDualで安定するのでは?と考
えたりもしました。


あと、ひとつお聞きしたいのですが、Vttってモニターしてます?
今まで実測していなかったのですが、VttとVcc位はしっかり見ておきたい状況に
なってきたので、どうしようか迷っています(テスターではショートしそうでドキドキします)。

METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/03 21:11:55]
N-yagiさま。お返事ありがとうございます。
Revは一緒なようですのでこの組み合わせで問題無い事がわかって一安心です。

お教え頂いたMASTERで1.5v、1.6vを試しましたがどうもダメなようです。
ほんとにマザーが直ってないのかもしれません(^^;
クロックジェネレーター付近の抵抗部ランド剥離品を修復したつもりの物だったのですが、
Tualatinコアの時に影響が出る部分だったのかもしれません。
色々弄ってみます。

実験ご苦労様です。何か御手伝いできれば良いのですが・・・
頑張って下さい(^^)/
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/03 20:38:42]
>Kitさん
もし、不安定な状態が私の物と同じ条件ならば、AGPはありえないと思われます。現在、PCI−VGAで実験をしているので。ここで更にAGPに問題があったりすると、私が困ってしまいます、非常に(笑

やっぱりデュアルは難しいですね。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/04/03 04:12:23]
N37:NCHCTRLをVttにつないだらFSB=133MHzでのDual起動に成功しました。ただし、
不安定でとても使い物になりません。
まだはっきりとは言えませんがAGP周りっぽい感じがします。やっぱりVtt=1.25Vは
低すぎるんでしょうか。

>一晩経った状態で、CPUクーラーを付け替えただけなのに、起動しなくなってしま
>いました。一体何がそんなにシビアなのか皆目見当もつきません。すっかり暗礁に乗
>り上げ、挫折気味に。
自分はCPUクーラーを付けるのに下駄のチップコンデンサをふっ飛ばしちまいました。
今の所問題無さそうなのでそのままですが…
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/02 23:48:33]
一晩経った状態で、CPUクーラーを付け替えただけなのに、起動しなくなってしまいました。一体何がそんなにシビアなのか皆目見当もつきません。すっかり暗礁に乗り上げ、挫折気味に。

昨夜は夢でも見ていたのでしょうか・・・

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/02 01:14:16]
>どうも、お疲れ様です。
ありがとう御座います。

私の感覚では「Vtt総結線」より、「N37:NCHCTRLをVttに吊る」方が、デュアルの安定度に劇的な効果?がありました。もしかしたら、Vtt総結線しなくともN37だけで行けるかもしれません。

>なんだかN-yagiさんに世話になりっぱなしになっています。
単に先か後かなだけですよ(^_^)
私も自分より多くのピン解析を行っているTsutomuさんのページに大変お世話になってますから。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/04/02 00:43:16]
どうも、お疲れ様です。
ほんとにN-yagiさんのスキルと努力には頭が下がります。

自分の方の状況ですが、Vttの強制Downをやったらかなり前進しました。1st/2ndCPU共に
Singleでの起動は問題ない様子(例によってあまりいじっていませんが)。
「やっぱりVttがキモかな」と思い下駄の空きパターンにコンデンサを追加して、FSB=100MHz
でのDualはできるようになりました。でもFSB=133MHzだと片方のCPUだけで起動してしま
い、当然Win上でも1CPUしか認識しません。

その後も、あちこちマスクしたりはずしたり、Vcoreを上げたり下げたり、やってみたの
ですが、一向に改善せず。

データシートと睨めっこしてみたりもしたのですが、自分が気付く所はすでにN-yagiさん
が確認済みの所ばかり。「Vtt総結線」とかも考えたのですが、面倒なのでまだでした。
なんだかN-yagiさんに世話になりっぱなしになっています。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/02 00:10:19]
とりあえず、というか、とうとう、というか、FSB133のデュアル起動が「安定してそう」と言うところまで来ました。
アップしましたので是非御覧下さい。チョッと弄くる箇所が多い?のですが、皆さんの参考になればよいですね。

しかし、Vttが低い・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/04/02 00:01:05]
METROさん、はじめまして。

BIOS改変の前はカッパーマインは正常に動いていたんですよね?しかし、BIOS改変前でも、P3−Sが起動しないことは無いので、もしかしたら、6905Masterのコア電圧設定がAutoになっているのではないかと思われます。当方の解析から、PL−370/Tが、正しいコア電圧を出力しているかどうか怪しいので、6905Masterの方で明示的に設定してみてはどうでしょうか。

マザーボードのリビジョンですが、私もVer1.1以外は見たことがありません。
6905Masterのりビジョンは、それほど気にする必要は無いと思います。これより前のバージョンの6905Dualでも起動だけなら出来るので。
BIOS改変失敗の可能性がある場合は、間違った箇所を探すより、また正しいBIOSを改変する方が楽です。
METRO <cadenza@ceres.dti.ne.jp> [2002/04/01 08:29:16]
はじめまして。すばらしい情報ありがとうございます。
このホームページを参考にPIIIDR3でTualatinDUALを狙ってます(^^)。

ためしにPentiumIII-S 1.13シングルで370/TとMASTERの二重下駄で乗っけてみましたが、
素のBIOSの状態でも真っ暗でnuknownとすらも表示されません(^^;
(因みに改造BIOSでもダメだったのですが、私のMicroCodeの追加が上手く行ってないらしく
カッパーマインで起動してチェックしたらBIOS終了後にMicroCodeErrが出てます)
マザーのレビジョンはRev1.1でBIOSは1.0A/1.2どちらもダメです。
CPUターミネータはつけてますしMASTERはceleron設定やdual設定など試しましたが駄目でした。
MS6905MASTERはRev2.0です。こいつのRevも関係あるんでしょうか(謎)←河童ではOK。
PIIIDREとPIIIDR3との違いはSCSIの非搭載/搭載なんでボードは共通と思うのですが
成功なさっている方々のマザーのRevはいくつでしょうか?

・マザーのRevが問題またはPIIIDR3が問題
・MS6905 MASTER のRevが問題
・BIOSが正常に改造出来てないのが問題

どれか解決できれば光明が見えてきそうなのですが・・・。
お手数ですが宜しければお知恵を拝借致したく思いますm(_ _)m

P.S.修理マザーなんでチャンと直ってない恐れもあるんですが・・・(結構問題なく使ってるのに・・・)
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/31 23:45:24]
Kitさん、こんにちわ。
耐性の違い、と言うより、現在の環境が丁度、安定と不安定の境界にあるンではないかと思われます。
FSB100では、どうでしょうか?
Kit <kitamura@george24.com> [2002/03/31 14:20:24]
こんにちは。
昨日PentiumIII-S 1.26GHz x2をGetしていろいろやってみました。

とりあえずSingleで確認したところ、1個目はあっさり起動。ちょっといじった感じでは
特に問題なさそうでした。HDBenchやSuperπ104万桁はO.K.
2個目もマスクしてやってみましたが、こちらは起動できず。メモリカウントが"192kB"
とか"256kB"で止まってしまいます。そのままリセットするとメモリカウントは通るのです
がその後"BSP:CPU Microcode Error"とか出てWin起動できず。

下駄の方はCeleronや1個目のCPUを挿せば動くので問題ない様子。なので2個目のCPUを他の
M/B(Tualatin対応)に挿してみるとあっさり起動。CPU自体もO.K.

ダメ元でDualでもやってみたのですが、やっぱりダメでした。

CPUによって何か(VTT周り?)に対する耐性が違うのかな?と思っていますが、皆さんはCPUに
よって起動したりしなかったりってことあるんでしょうか?

N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/31 08:44:53]
Tsutomuさん、こんにちは。
AF36について、データーシートを見てみました。
Vttの1.5v、1.25v切り替えの出力とありますが、それだけなら何故トライステートなのか既に謎です。
下の方にもけもけさんが書かれている、データシート「24965801.pdf」(半年前に落としたのですが、最近何故かインテルのサイトで見当たらない)には、「NCかGNDに落とせ」と書かれていたりします。これが正しければ、マスクするのも、下駄に任せて接地するのも問題ないと思われます。
AN3も「下駄任せ」なら無視できそうですね。
Tsutomu <PEG01466@nifty.ne.jp> [2002/03/31 02:21:45]
こんにちは
AF36:DETECT についてですが,データシートを信用するとNCのはずでどこにもつながっていないかと。でも実測するとロジックがつながっているように思いました。謎の多いピンです。

AN3:DYN_OE は,ここがGNDだとBSELとVIDの信号をハイインピーダンスにするそうです。外部からVID乗っ取りをしていて,且つバスクロック倍率を100MHz.なのか133MHzなのかを手動でセットしてある場合は,問題ないです。
Tsutomu <PEG01466@nifty.ne.jp> [2002/03/31 02:00:00]
あ, 肝心のリンクを張っているページですが,以下のアドレスの真ん中辺りです。

http://member.nifty.ne.jp/computerature/pst_tualatin.html
Tsutomu <PEG01466@nifty.ne.jp> [2002/03/31 01:56:04]
はじめまして N-yagiさん

え〜〜〜〜 実はダイブ前からなのですが,うちのページに
無断でこちらのページをリンクしていました。
事後処理となってしまいましたが,リンク許可をいただけたらと思いましてこちらに書き込みました。

もしご迷惑ということであれば,すぐにでもリンクを外します。

BIOS解析とかマイクロコードの話とかすごく参考になることが多数書かれていますので,私もバイブルとしてつかわせてもらいたく思います。

マイクロコード・・・ネプチューンの時は頼るものがなくて自分でいろいろいじりました。いまはネット様様です。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/29 18:25:17]
もけもけさん、情報ありがとう御座います。
データーシートに関しては、随分前に落としていたのですが、その存在をすっかり忘れていたようです。最近それを思い出し、Rtt関連のピンの実験をしました。

このデーターシートによると、AN3:DYN_OEとAF36:DETECTは、Vssに落ちていても問題無さそうです。実際、起動には何の影響も無かったので、これについては、しっかり検証?しようかと思っています。

>コンデンサーの空きパターンが空いたままですよね?
ええ、バッチリ空いてます。コンデンサーは最後の手段〜というか、Vttも含めて、PL−370/Tの状態を再現したかった為に、わざと後回しにしておりました。決して忘れていたわけではありません。ホントだってば。
とか書きつつ、本日、小ぶりのOSコンを幾つか買って来ました。今晩辺り実験しますので、少々お待ちください。
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/28 20:57:31]
追加情報です。
以前インテルのサイトをウロウロしていて面白いデータシートを入手していたのを忘れてました。
ご存知かもしれませんが念のために。
アドレスはもう忘れたのですがデータシート番号「249658−001」と言うもので、ご丁寧に
「Intel Pentium VProcessor with 512KB L2 Cache Dual Processor Platform Design Guide」
と題が書いてあります(笑)
内容は見たまんまでTualatinでのDualの仕様書になっていまして
Tualatinの使っているAGTLと
AGTL+を使っている河童のピンの違いまで載っている優れものです。
一度参考にされてはいかがでしょうか?
もし見つけることが出来なかったらこちらからメールで送りますよ。
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/28 20:46:04]
N−yagiさん>
N−yagiさんのMS6905の写真を今見ていてふと思ったのですが
コンデンサーの空きパターンが空いたままですよね?
空きパターンの中には今回の改造のミソである
VTTに接続されているものもあります。

以前にも書いたように当方のゲタはコンデンサーが追加してあるのですが
コンデンサーの追加してないゲタでは起動すらしなかったのですが
コンデンサーを追加したゲタでは起動し、さらに安定しているという状態です。
しかも以前のPen3の1Ghzの時よりも安定度は高いのでは?と言える状態です。
(Pen3の1Ghzはコンデンサー未追加のゲタを使用してました)

VTTを1.32Vにしてあるにも拘らずFSB133/DUALで安定しない状態とのことですので
物は試しにコンデンサーを追加してみてはどうでしょうか?
少なくとも損にはならないと思います。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/28 19:52:53]
申し訳ありませんでした。
Kitさんの報告された値は、正しい物になります。
CPU一つ当たりの正しい式は、「Integer&Floatの値が、周波数(MHz)x45程度になる」ですね。

あああ、すみません。「穴があったら入りたい」です。心底、本当に。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/28 19:43:00]
「HDBENCH半分現象」について
本当に半分なのかを疑って、シングルでPL−370/Tの値を取ったところ、私の言う半分の値が出ました。どうやら、デュアルでの値をCPU1つの正常値と判断したところに私のミスがあったようです。

大変申し訳ありません。私の思い込みと勘違いが原因でした。何人かこの勘違いに巻き込んでしまった事を、ここでお詫び申し上げます。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/27 14:01:34]
あと、
>実験によって「HDBENCH半分現象(笑)」は、FSB133だと発現するようだと言えそうです。
と書きましたが、これはRttコントロール端子に抵抗を付け足した影響でありそうです。
この辺もページにまとめましたが、間抜けな間違いをしているので、チョッと結果がアヤシかったりします。
ただ、FSB100では「半分現象」が改善されたので、バス関連の安全機構が働いている(半分現象)状態ではなくなったと思われます。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/27 13:48:33]
素早い対応ありがとう御座います>Kitさん

今の私だと「半分だ!」と判断してしまう値ですね。
検索しても、オーバークロックの値ばっかり(笑)で、普通のデータが無いんですね。それに、Win98とWin2kでも値が倍くらい違うので、比較する為の測定条件が厳しいです。
それでも、ある程度?の法則みたいな物があって、測定条件が「OSはWin2k、チップセットはBXか840」の場合に限り、「Integer&Floatの値が、周波数(MHz)x90程度になる」らしい事が分かっています。
P3−800で、72000程度
P3−600で、54000程度
メンドシノCeleron500でも、45000程度
レギュレーションがしっかりしていれば、コアの種類に関係なく通用する法則だと思っていたのですが、もしかしたら通用しない?カモしれませんね。

Kit <kitamura@george24.com> [2002/03/27 01:40:41]
おぉっと。ちょっと数字がずれちゃいましたが、わかりますよね?

CPUクロック Integer Float

です。
それと、以前PentiumIII 800 x2だったときがたしか7万ちょっとだったので、やっぱりこんな
モンではないかと思うのですが。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/03/27 01:31:18]
やってみました。
ただHDBenchはver3.40beta6(だったかな?)が手持ちであったのでそちらですが。

Integer Float
1.33GHz 61985 61110
1.00GHz 46243 45585

「12万前後」には程遠いですね。
最近はベンチマークとかはさっぱりやってなかったので、この数値が妥当なのかどうか
よくわからないのですが「Singleだとこんなモンなのかなぁ」と思ってました。

ただ、FSB 133/100でほぼクロックどおりの変化をしているような感じなのでFSB 133で
キャッシュなどに問題があるってことはないのではないかと…素人考えですが。

N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/27 00:16:36]
実験によって「HDBENCH半分現象(笑)」は、FSB133だと発現するようだと言えそうです。

そこで、Kitさんにお願いがあります。セレロンをFSB133で起動した時のHDBENCH(できればVer3.22)での、Integer&Floatの値をお教え頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
1次キャッシュのレイテンシがP3−Sと同じだとすれば、12万前後の値になると思うのですが・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/26 23:30:56]
なんだか脅かしてしまったようですね。すみません>Kitさん

ただ、自分で試した感想は「生半可な事ではFSB133の安定化は出来ない」ので、やはり、保険にPL−370/Tを確保されていた方が良いかと思われます。
PL−370/Tを使った時は、これはこれでまた冷却が厳しかったりするのですが・・・
Kit <kitamura@george24.com> [2002/03/26 22:47:22]
レスありがとうございます。

N-yagiさん>
>やはり、成功の声を聞く?(見る)と、情報を掲示板だけでとどめずにページとして公
>開して良かったと実感できますね。
ほんとに助かりました。BIOSの改変は初めてだったのですが、説明がわかりやすかった
ので何とか動かすことができました。本当にありがとうございます。

もけもけさん>
>3DMark2001とかの高負荷状態でも安定しますか?
まだほんの少ししか触っていないので、はっきりとは言えませんが…
一応Superπ3355万桁で完走しました。CPU使用率が常に100%25ではない(時々ほとんど
IDLEまで下がる)ので中途半端ですが、軽作業程度なら問題ない程度には安定している
ようです。
3DMark2001はまだインストールすらしていません。VGAがRageXLなので多分動かないだ
ろうということで。そのうちVGAを換えてやってみます。
あと、現在はまだテスト中ということでケースに入れていないので熱的には有利な状態
です。といってもCPUクーラーを触った感じでは、TualatinはわりとCoolなようですが。

現在、引き続きテスト中です(といってもWebブラウジングしているだけですが)。とり
あえずCeleronでは問題無さそうな感じですが、PentiumIII-S Dualではより不安定に
なるとの話なのでちょっと不安です。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/26 01:01:20]
「PL−370無しの起動」のページを整理しました。
間違いなんかも発見してチョッと動揺してます(笑

自分の間抜けさが身にしみる今日この頃
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/26 00:15:29]
Kitさん>
同じP3DMEでの動作成功おめでとうございます。
セレロンの1.0Aで1.33に成功されているようですが
3DMark2001とかの高負荷状態でも安定しますか?
うちの環境では安定しないので1.0で使用しているのですが。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/26 00:08:56]
Kitさん、はじめまして。
BIOS改変成功おめでとう御座います。
やはり、成功の声を聞く?(見る)と、情報を掲示板だけでとどめずにページとして公開して良かったと実感できますね。

Kitさんは、PL-370/Tを使用されていないようですが、セレロンは安定していて良さそうですね。
もけもけさんの報告にもある通り、チョッと不安定でもWin起動と軽い作業なら問題ないようですが、Pentium3-Sはそれ以上に不安定になるかもしれません。
と、言っても、私自身は、P3−Sしか実験した事が無いので分かりませんが。P3−Sのデュアルは、現在詰まってます。もし、上手く動いたら、是非ともご報告お願いします。
Kit <kitamura@george24.com> [2002/03/25 22:53:28]
はじめまして。Kitといいます。よろしくお願いします。

自分はP3DMEを最近まで使っていたのですが、いいかげんにCPUを更新しようと思って
いたところに皆さんがTualatinを動かしている事を知り、渡りに船とばかりにやっ
てみました。
手持ちであったCeleron1.0AにAN3,AJ3,AK4,X4,X34のマスクと下駄の電圧を1.50v
にして、一応起動。ただし、"(i)Unknown 866MHz"とか表示されて、体感でわかる
ほど遅かったのでここを参考にβ2.0を改造してみました。結果は(とりあえずSingle
ですが)特に問題なく動いているようです。

現在の構成は
M/B:Supermicro P3DME rev1.2
BIOS:β2.0改
CPU:Celeron 1.0A @ 1.33GHz
下駄:MSI MS-6905Master改
Mem:Hyundai 128MB x2
VGA:ATI RageXL
電源:Ablecom SP420-RP

あと、転がってたHDDとCD-ROMでWin2kをインストールして動作確認中です。

給料も出たことだし、今週末にでもPentiumIII-SをGetしてDualに挑戦しようと
思っています。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/25 20:11:49]
返事が送れて申し訳ないです>もけもけさん

マスクの箇所は大して変わらないですね。
AK4、AJ3、X4、X34は必須で、
AN3、AF36は、変えてみたけど変化無し
AK36は、電圧設定ジャンパでオープンにできるのでマスクなしです。

なんとかPL−370/Tの状態を再現できないもんでしょうかねぇ・・・
現在かなり、詰まってます(笑ぅιヵ無ぃ

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/24 08:09:30]
解析ご苦労様です。
こちらの環境でのマスクの箇所ですが
AN3,AK4,X4,X34,AF36,AJ3
AG1,AK36、X2
の9箇所です。
まだDUAL動作できる環境ではないのでX2をマスクしておりますが
DUALのする時がきたら外すことになりますね。

VTT下げる実験はまだ施していないのですが
とりあえず今日追加コンデンサーを買いに行こうかと思っています。

現在、当方でHDBENCHをやったところおそらく不具合の無い値になっているので
N-yagiさんの現象は不思議ですね。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/23 23:13:23]
>もけもけさん
おお、起動しましたか。
当方でもVttを下げた(いきなり1.25v)ところ、シングルでは、かなりの安定度を得る事が出来ました。ところが、デュアルではまだ不安定です。
今回の実験では、ベンチの値が妙な事になる不具合が認められました。それらを含め、まだ途中ですがまとめ?てみたので、是非見てみてください。

で、具体的に何処をマスクされました?>もけもけさん

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/23 06:44:04]
いきなり止まる現象ですが、やはりオーバークロックが原因のようです。
Celeron1,0Aを1.33で動かしてたのですが。
ただ、ハングするタイミングにバラつきがあることから熱暴走とかではなさそうです。
あと、MS6905の空きパターンにコンデンサを追加しないと起動すらしないようです。
まだ未確認なのですが空きパターンのどれかが例のVTTに接続されていそうです。
現在、適当な容量のコンデンサを付けてあるので、これをもう少し大容量かつ質のいいものに
交換しようと思っています。

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/22 22:46:31]
例のPL−370/T無しでTualatin+MS6905+P3DMEですが
あっさり起動しました。
いきなりオーバークロックのせいかVTTが高いのかはわかりませんが
ベンチマークなど負荷のかかったときに止まったりしますが(^_^;)
ソケット交換し修理したゲタに問題のある可能性も捨てられないのですが・・・

もちろんN-yagiさんの発見されたBIOS改変の技が無ければ
2次キャッシュOFFのままで使い物にならないでしょうけど
改変に成功したおかげでなんとかなってます。
ありがとうございました。

あなたは凄い!!
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/21 23:40:07]
ああ、下駄が欲しいなぁ・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/21 22:16:11]
「MS−6905Dual」ですが、ベンチ取ったら値があまりに低いのでWCPUIDで見たところ、FSBが100になってました。で、FSB133にすると何故か起動しません。シングルではFSB133も問題ないのですが、デュアルにすると起動しなくなります。
で、下駄をよくみると確かに両方とも「MS−6905Dual」なんですが、なんかリビジョンが違うみたいです。このせいなのかと疑っております。

これに関しても、そのうち?ページにアップしようかと思います。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/21 01:39:27]
ありゃ、「MS−6905Dual」の間違いです。6906なんてありませんね(笑
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/21 01:37:24]
とうとう実験中に犠牲者が!!
今回の事故の犠牲者は2人で、「82802AB(フラッシュロム)」「Pentium3−S1.26G」です。
午後7時ごろ、N-yagiPC研究所にて「PL−370無用」の実験中に、Pentium3−S1.26Gさんが動かなくなっている所を所員が見つけ通報、気が付いた時には既に意識は無く、搬送中に間もなく死亡。また、82802ABさんは、「なんだか書き込みエラーが多発する。様子がおかしい。」と話していたところ突然倒れ、現在意識不明の重態。関係者の話によると、「静電気が原因ではないか」との事。今回の事件についてN-yagi氏は「今回の事は、私の不徳といたす所であり(中略)まことに遺憾であります。・・・っちゅーか、事故が起きた後にワシにどないせーっちゅーんじゃあ!!」とやや逆切れの模様。


うー、どちらが欠けても致命的なのに同時に逝かれるとは・・・

>もけもけさん
やはり、マザーに鏝入れしなければならないみたいです。が、チョッと困った事になってるのでどうなる事やら。

>Soyさん
お褒めに預かり恐悦至極に御座候(笑)。ありがとう御座います。確かに、「下駄」はネックですね。当方では、新たに「MS−6906Dual」での動作確認をしました。が、これも入手性に問題ありですね。

Soy <???@???.??.??> [2002/03/19 10:03:48]
どうも。某BBS、某BBS群ではお世話になりました。
大げさではなくN-yagiさんのDual P3-S+840動作の
功績は大きいと思うのですが
いかんせん840マザー、P3-Sの価格、
MS-6905Masterを含む非インテリジェント型下駄の入手性が
ネックなんでしょうかねぇ、
意外と盛り上がらないのが残念です。

しかしながらN-yagiさんが参考にされた
最初にMS-6905Master+PL-370/Tを使って
P3DREでTualatinを動かそうとした人は
なんというか詰めが甘いですねぇ
私みたいな人だヽ(´ー`)ノ
もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/19 07:11:53]
N-yagiさん>
>かなり不安定で今のところ使い物になりません
それはもしかしてあれですかね。
VTTに1.5Vが入ってしまっていてっていう。
半田ごてを握って1.3Vを作らないとダメなんでしょうかね。
とりあえず自分はソケットが破損してしまってお蔵入りだった
MS6905のソケットの張替え作業をしてから実験に入ろうかと思ってます。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/19 00:10:06]
ゼンクンさん、こんばんは。
P3C−Dで駄目でしたか。うーん、NEX6420は、よっぽど特殊なんですかね。一般的方法が駄目となると、ROMライターしかないんでしょうか。

現在、PL−370/Tを使わない方法を試しているのですが、かなり不安定で今のところ使い物になりません。もうチョッと粘ってみるつもりですが、なんだか諦めムードが・・・
しばらくは、反応や更新が鈍くなると思われます。
ゼンクン <yoshih@attglobal.net> [2002/03/17 19:32:57]
とりあえず、RD1-8XのHP拝見しました。
以前のUniflashの書き込みも見ていたので昨日、P3C-DでUniflash+DR31091.ROMの書き込みを試しましたがベリファイでエラーが出ました。
当方も、P3DREの書き換え時にBootBlockの警告を無視して書いたのがいけないんですかね。
でもUniflashのRomをFlashする項目(上から3番目です)でflashしたんですが、これでも駄目なんでしょうか?
普通にP3C-Dで使ってみようかとも考えてます。
とりあえず、有料でROMライターを使って書き込んでくれる所に対応可能か聞いてる最中です。
RD1-8Xを意地でも使いたくなってます。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/17 18:04:46]
ゼンクンさん、書き込みありがとう御座います。
RD1−8Xを無駄にしない方法をページに追加してみました。
運用の条件にマッチするマザーが無くはない(NEX6420を所持してます)のですが、Game&録画用PCとして別の部屋で使っている関係上、実験の最中ずっと手元に置いておく訳にも行かない状態です。
数日前に秋葉を徘徊(笑)していた時にP3C−Eを見かけたのですが、その時は買いませんでした。あの時に買っておけば・・・(^_^;;
ゼンクン <yosih@att.global.net> [2002/03/17 17:05:49]
下の連絡先入れ忘れです。ごめんなさい。
ゼンクン <???@???.??.??> [2002/03/17 17:04:50]
某提示版ではお世話になりました。
大変参考にさせてもらってます。
P3-S Dualの準備中です。
とりあえず、BIOSのバックアップがほしいんですよね。
それと、P3Cをお探しということですが、当方、P3C-D
を所有してます。(second PC、P3-733(550)*2)
何か手伝えることがあれば、連絡ください。
ただし、PCはN-yagiさんほど詳しくないです。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/17 14:01:58]
もけもけさん、書き込み&ご報告ありがとう御座います。
ページを拝見ました。作業も結構手軽で良いですね。上手くいけばPL-370/Tの分だけ(今はかったら11mm)の余裕が出来ますね。

現在はクーラーの取り付けに難儀した為、なんだかバラスのが勿体無くて(笑)チョッと躊躇しております。代わりといっては何ですが、PL370/Tでは、問題のピンの配線がどうなっているか調べてみようと思います。

もけもけ <JAG01755@nifty.ne.jp> [2002/03/17 07:26:11]
某掲示板にて色々ご指南いただいたもけもけです。
あれ以降、P3DMEでの動作実験は行っていないので
レポ−トをまとめるとこまで出来ていないのですが
PL−370/Tをサ−チエンジンで調べているときに
面白いサイトを見つけたので報告します。
ぶっちゃけた話、カッパ−マイン対応ゲタのみで
テュアラティンを動かしたというレポ−トが載っていて
実に興味深いです。
当然、動いたり動かなかったりしていますが
こちらで紹介されているBIOS書き換え技と組み合わせれば
さらに動くマザ−が増えるのでは?と思っていますが
どうでしょうね。
PL−370/Tを使わなくても動いてくれれば
CPUの間隔が狭くク−リングが難しいマザ−にとって
福音になると思うのですが。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/16 20:39:58]
まともなホームページの運営は初めてだったりするのですが、カウンターだけ回り続けて?いるのに何の書き込みも無いのは結構不気味(笑)ですね。
どんな人が見てるんだろう・・・・・
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/16 01:30:54]
今は特にReadeon8500の起動状況が知りたいですね。
N-yagi <???@???.??.??> [2002/03/16 01:27:50]
なんだかDREばっかりのページになってしまいました。DREに限らず、特にPCパーツの相性情報などを扱ってゆきたいと思っております。
が、P4&アスロンは(持っていない&興味がイマイチ)なので反応は鈍いです。でも、いすれはP4Xeonを・・・



N-yagi PC ManiaX