ホーム >> 左脳ActionScript3 >> 2009年11月

2009年11月アーカイブ

AIRアプリケーションを統合開発環境の Flash Develop で開発する方法について説明します。 Flex SDK には AIR SDK が含まれています...
パッケージ作成
Flash Develop の Release でビルドしても作成されるのは swf ファイルだけです。 作成したswfを、AIRアプリケーションとして公開する...
ドロップによるファイルの取得について。 文中のソースコードは">前回からの続きになっていますので、あわせてお読みください。 ファイルリスト形式 ファイルは一度に...
ドロップ受け入れ
ドラッグされてきた物を受け入れる事が出来るならば、明示的に受け入れ可能な状態にする必要があります。 受け入れ可能状態を指定してやらないと、ドロップできません。 ...
まずは、アプリへドラッグされてきた物の判別をするコードを書いてみましょう。 ドロップを受け付ける Sprite ベースのクラスを作成します。 drop.as:ド...
ドラッグ&ドロップ
ActionScript 3 で ドラッグ&ドロップ を扱ってみましょう。 今回は実験的意味合いが強いのでアプリケーションとして完成するに到っていません。 し...
AIR プログラミング
AIRアプリケーションプログラミングに関する事を説明していきます。 Action Script 3 に関する事柄は、Flash にも共通する事が多いので、">...
アンインストール
AIRアプリケーションでは、インストーラーがアプリケーション情報をしっかり管理しているので、アンインストールも非常に楽に出来ます。 「">アプリケーションのファ...
サンプルアプリケーションインストールで作成されたショートカットを見てみると・・・ ファイルが exe 形式です。 ちょっと気になったのでインストールされたファイ...
インストール
作成した ">パッケージ をインストールしてみましょう。 Windows版 自己証明なので、このような表示になります。 普通のアプリケーションと同じく、インスト...
AIRアプリケーションのパッケージ作成方法、アプリケーションのインストールについて説明しています。 ">パッケージ作成 AIRアプリケーションのインストーラを作...
Flash Developを起動し、「Project >> New Project」で新規作成。(Flash Develop のインストールは">コチラを参照の...
AIR ランタイム
まずは、「Adobe AIR ランタイム」を入手しましょう。コレがないと、AIRアプリケーションを動作させる事が出来ません。 →http://www.adobe...
フリーの AIR 開発環境
Flash 開発には実は先があります。 Flash の技術を応用し、ブラウザのプラグインの域を超えた、アプリケーションを作成する事が可能です。AIRアプリケー...
ホーム >> 左脳ActionScript3 >> 2009年11月