ホーム >> 左脳ActionScript3 >> フリーの AIR 開発環境 >> 開発環境構築 >> AIR プログラミングを Flash Develop で行うには
AIR プログラミングを Flash Develop で行うには
Flash Developを起動し、「Project >> New Project」で新規作成。(Flash Develop のインストールはコチラを参照のこと。)
air_prj.PNG
AIR と付いているものが2つあります。どちらでも AIRアプリケーション の開発が可能ですが、このブログでは ActionScript3 に拘って説明して行く事にします。

AIR AS3 Projector を選び、プロジェクトを作成すると、以下のようになります。
air_prj1.PNG

Flashを作る場合に比べてファイルが多いです。
どれも AIRアプリケーションを開発する上では意味のあるものですので、順を追って説明していきます。

  • application.xml
    アプリケーションの詳細が記述されています。アプリのアイコン等の指定もココです。

  • CreateCertificate.bat
    AIRアプリケーションパッケージを作成する為の証明書を作るバッチファイルです。

  • PackageApplication.bat
    AIRアプリケーションパッケージを作成する為のバッチファイルです。


ビルド&実行をすると、adl.exe を通してAIRアプリケーションとして実行されます。 Flash Develop で、開発&デバッグが可能です。

AIRアプリケーションとして公開するには、もうひと手間必要になります。
>> AIRアプリケーションについて

ホーム >> 左脳ActionScript3 >> フリーの AIR 開発環境 >> 開発環境構築 >> AIR プログラミングを Flash Develop で行うには