ホーム >> 左脳ActionScript3 >> アクションスクリプト3 >> TextFieldクラス >> 文字列の位置
文字列の位置
文字列を表示出来るようになりました。
(TextField の)大きさも調整出来るようになりました。

しかし、文字はスクリーン左上の隅っこに張り付いています。
そのうち「任意の場所、任意の数、任意の色(装飾)で表示したい」なんて事になるのは目に見えています。

なにしろ Flash です。見た目が大切。インパクトのある表示、派手な表示、訴えかけるような表示、とにかくイロイロな表示が出来るに越した事はありません。
順番に解決して行きましょう。

tf4.PNG

var	tf:TextField	=	new	TextField();
tf.x	=	30;
tf.y	=	30;
tf.text	=	"おィい?";
addChild(tf);

位置を決めるのは、xプロパティが横方向、yプロパティが縦方向、です。 ここに数値を設定すれば、位置を調整することが出来ます。


tf5.PNG

var	tf:TextField	=	new	TextField();
tf.text	=	"おィい?";
addChild(tf);
var	tf1:TextField	=	new	TextField();
tf1.x	=	20;
tf1.y	=	20;
tf1.text	=	"おィい?";
addChild(tf1);
var	tf2:TextField	=	new	TextField();
tf2.x	=	40;
tf2.y	=	40;
tf2.text	=	"おィい?";
addChild(tf2);

複数の文字をそれぞれ表示したい場合は、TextField のインスタンスを欲しい数だけ作り、それぞれにプロパティで設定する必要があります。



>> htmlテキストへ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/206

コメントする

ホーム >> 左脳ActionScript3 >> アクションスクリプト3 >> TextFieldクラス >> 文字列の位置