ホーム >> 左脳ActionScript3 >> アクションスクリプト3 >> TextFieldクラス >> 文字列の選択
文字列の選択
tf3.PNG マウスカーソルを文字の上に持って行き、ドラッグすると文字列が選択できます。そのままクリップボードにコピーする事も出来ます。
パスワードの生成表示機能のような、コピー出来る方が便利な場合もありますが、一般的には「只文字列を表示するだけにしたい。」 と言う場面が殆どです。
その場合、selectableプロパティ に「false」を指定すると、テキストの選択を抑制する事が出来ます。
デフォルトは「true」なので、設定のし忘れに注意して下さい。

Get Adobe Flash player
実物サンプル。上のテキストは選択可能です(selectable = true)が、下のテキストは選択不可能です(selectable = false)。各自確かめて見て下さい。

以下参考。上記サンプルの全コード。Flash develop のプロジェクト用as3ファイル(main.as)の内容です。

package 
{
    import flash.display.Sprite;
    import flash.events.Event;
    import flash.text.TextField;

    /**
     * ...
     * @author 
     */
    public class Main extends Sprite 
    {
        public function Main():void 
        {
            if (stage) init();
            else addEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
        }

        private function init(e:Event = null):void 
        {
            removeEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
            // entry point
            var tf:TextField    =   new TextField();
            tf.width    =   200;
            tf.text =   "セクスィー部長ファンクラブ";
            addChild(tf);
            var tfs:TextField   =   new TextField();
            tfs.width   =   200;
            tfs.y   =   25;
            tfs.selectable  =   false;
            tfs.text    =   "あなたとは違うんです!";
            addChild(tfs);
        }
    }
}



>> 文字の位置へ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/207

コメントする

ホーム >> 左脳ActionScript3 >> アクションスクリプト3 >> TextFieldクラス >> 文字列の選択