ホーム >> 左脳ActionScript3 >> リファレンス(仮) >> >> データ型 >> コンポジット型 >> 配列 >> 基本操作
基本操作
push 、pop 、unshift 、shift の4つの基本メソッドについて。

  • push
    配列の最後に要素を追加
    
    var a:Array =   new Array(1,2,4,8);
    trace(a);
    trace(a.push(16));
    trace(a);
    
    単純に最後に追加する。戻り値があり、新しい配列の要素数を返す
    
    1,2,4,8
    5
    1,2,4,8,16
    

    配列の大きさだけで、中身が指定されていなくとも、とにかく最後に追加。
    
    var a:Array =   new Array(3);
    trace(a);
    a.push(5);
    trace(a);
    

    
    ,,
    ,,,5
    

  • pop
    配列の最後から要素を取り出す
    
    var a:Array =   new Array(1,2,4,8);
    trace(a);
    trace(a.pop());
    trace(a);
    
    popメソッド自体は、取り出した要素を返す。
    
    1,2,4,8
    8
    1,2,4
    

    「要素数を超えてpopを続けたらどうなるのか?」「空の配列でpopをしたらどうなるのか?」
    
    var a:Array =   new Array("勇者","あそび人","あそび人");
    trace("始: "+a);
    trace("1 : "+a.pop());
    trace("1 : "+a);
    trace("2 : "+a.pop());
    trace("2 : "+a);
    trace("3 : "+a.pop());
    trace("3 : "+a);
    trace("4 : "+a.pop());
    trace("4 : "+a);
    trace("5 : "+a.pop());
    trace("5 : "+a);
    
    結果は以下。
    
    始: 勇者,あそび人,あそび人
    1 : あそび人
    1 : 勇者,あそび人
    2 : あそび人
    2 : 勇者
    3 : 勇者
    3 :
    4 : undefined
    4 :
    5 : undefined
    5 :
    
    実行時エラー等は出ない。取り出したデータは未定義を示す「undefined」が返る。

  • unshift
    配列の先頭に要素を挿入する。
    
    var a:Array =   new Array("O","T","H","E","R");
    trace(a);
    trace(a.unshift("M"));
    trace(a);
    
    pushと同様に、新しい配列の要素数を返す
    
    O,T,H,E,R
    6
    M,O,T,H,E,R
    

  • shift
    配列の先頭から要素を取り出す
    
    var a:Array =   new Array(100,101,102,103);
    trace(a);
    trace(a.shift());
    trace(a)
    
    shiftメソッド自体は、取り出した要素を返す。
    
    100,101,102,103
    100
    101,102,103
    

ホーム >> 左脳ActionScript3 >> リファレンス(仮) >> >> データ型 >> コンポジット型 >> 配列 >> 基本操作