ホーム >> 左脳ActionScript3 >> リファレンス(仮) >> ステートメント
ステートメント
ステートメントは構文と訳される。 関数呼び出し、条件分岐、繰り返し、等の手続きの流れを制御する記述する。

  • 変数宣言
    • var
      変数の使用宣言。Action Script 3 では、変数の型の指定が推奨されている。


  • 任意の変数、式。または、評価する事で、副次的な効果(関数など)を得る物。変数へ値を代入する記述も式に含まれる。
    後述の条件判断ステートメントや繰り返しステートメントの式がこれにあたる。

  • 条件分岐
    • ifステートメント
      一つの式ステートメントを真偽値として評価し、真の場合、偽の場合で処理を振り分ける。

    • switchステートメント
      一つの式ステートメントを評価し、その値を switchブロック(サブステートメント)内にある、case判断ステートメントで処理を振り分ける。制御自体は、多数のifステートメントの列挙で書き表す事が可能。

  • 繰り返し(ループ)
    • forステートメント
      以下3つのステートメントを含み、条件を満たす間は forブロック(サブステートメント)の繰り返し制御を行う。
      • 初期化ステートメント
      • 繰り返す条件を判断する式のステートメント
      • 更新ステートメント
    • whileステートメント
      「繰り返す条件を判断する式のステートメント」のみを含み、条件を満たす間は whileブロック(サブステートメント)の繰り返し制御を行う。


  • 関数
    関数。一連の処理の記述を纏めたもの。

ホーム >> 左脳ActionScript3 >> リファレンス(仮) >> ステートメント