ホーム >> 左脳ActionScript3 >> リファレンス(仮) >> ステートメント >> ifステートメント
ifステートメント
Action Script に関わらず、一般的な手続き型言語において条件判断の構文として最も良く使われるステートメント。真偽値を一つ取り、後に続くサブステートメントの実行、又は無視の制御を行う。

  • 基本形

    
    if ( 式 ) {
     サブステートメント;
    }
    
    上記の記述が、ifステートメントの最も基本的な記述である。
    を評価し、その結果を真偽値で判断する。 結果がの場合、サブステートメントの制御が実行され、結果がの場合は、サブステートメントの制御は無視される。

    は、評価の結果がどんな型であっても、最終的に真偽値に変換される。この変換でエラーが生じるような式は評価できない。

  • elseステートメント

    
    if ( 式 ) {
     真サブステートメント;
    } else {
     偽サブステートメント;
    }
    
    式の評価が真の場合に続けて、上記のように偽の場合の処理を書き加えることが出来る。
    上記の記述では、式が真の場合「真サブステートメント」が実行され、式が偽の場合「偽サブステートメント」が実行される事になる。

ホーム >> 左脳ActionScript3 >> リファレンス(仮) >> ステートメント >> ifステートメント