ホーム >> 左脳Script >> Google >> Google ウェブマスター ツール

Google ウェブマスター ツール


Google ウェブマスター ツールとは、Google 検索エンジンと連動した、Webアクセス解析ツール・・・という認識でよいのかな?インデックス(Googleの検索結果の一覧)解析ツールですね。

Googleが提供する ウェブマスター ツール 使い方ガイドにて、簡単に概念を説明しています。ガイドにもありますが、つまるところ、「Googleが自分のサイトをどのように見ているか」を確認できる 点が大きなメリットと考えてよさそうです。
一般的には「Google検索ロボットの手助けをすることで、Googleにインデックスされる効率が格段に上がる。結果、検索にヒットしやすくなる。」と言う事のようですが。SEO対策という観点から見れば、後者の方がメリットですね。

また、先日の記事で出てくる Google Sitemap がバージョンアップして「ウェブマスター ツール」と改名したようです。


無料ですので、試してみるのが良いでしょう。

ダッシュボード

まずはGoogleアカウントを取りましょう。Gmail等、他のGoogleサービス共通のアカウントでログイン出来ます。
アカウントを取得したら、ログイン!

最初の画面は、ダッシュボードで、ここでは登録したサイトの一覧が列挙される事になります。
まずは、サイトの追加から。


サイトの追加

サイトの追加をします。画面に従い、自分のサイトアドレスを入力しましょう。

gs01.PNG

追加ボタンを押下すると、登録したサイトのサマリー画面になります。

画面に従い、サイトの確認へ。



サイトの確認

そもそも何故確認作業が必要なのか?それは「この作業者が本当に登録したいサイトの管理者なのか」を文字通り確認する作業であり、その結果「ページに関するさまざまな統計情報やクロール エラー情報を確認できるようになります。」と、なるようです。

サイトの確認に当って、ここでは以下の2つから方法を選べます。
  • メタタグを各ページのヘッダに追加。
  • Google ウェブマスター ツール 提供の HTMLファイルを設置。
Movable Type を利用の場合、メタタグ追加の方が楽かもしれませんね。

確認の方法を選択すると、追加するべき metaタグのコードが表示されるので、それをMovable Type の「HTMLヘッダー」テンプレートへ追加します。

Movable Type にサイン・インし、デザイン >> テンプレート からテンプレートモジュールにある、 HTMLヘッダーを選択。

そこに、提示されたメタタグを追加。
gs05.PNG

保存&再構築で、ブログのソースからタグの追加を確認。しかる後に、ウェブマスター ツールの確認ボタンをポチっと!
gs06.PNG
ナヅェナンディスカ!!1


「確認メタタグが見つかりませんでした。」リンク先の、エラーヘルプを見てみると、 index.html にタグが無いとダメとかなんとか・・・
そういえば、このブログはドメイントップから一つディレクトリを入ったところにあります。ドメインのトップは・・・

しまった・・・レンタルサーバ提供の仮トップのまんまorz
間抜けですね。ハイ。


gs_dtop.PNG 急遽、大昔初めて開いたホームページのソースから、ドメインのトップページをでっち上げ (メタタグを貼り付け、一応ブログトップへのリンクを追加。)配置。もしかしたら、このページを見たことがある人がいるかも知れませんね・・・




と、過去に想い馳せながら、再度の確認。

gs07.PNG
確認成功!


・・・もしかしたら、ブログの HTMLヘッダ にメタタグ追加したの無駄だったんじゃね?
と、自分に突っ込みつつ、ブログ記事のテンプレート、HTMLヘッダー からメタタグを消す作業へ・・・orz


サイトマップ登録

さて、無事に確認が成功した訳ですが、「サイトマップを送信していません。」と画面に出ています。これは「Google ウェブマスター ツールがGoogle検索エンジンに対してサイトマップを送信した履歴がない」というコトのようです。

左のメニューから「サイトマップ」を進み、サイトマップの追加。先日作った sitemap.xml を登録してみます。

gs10.PNG

登録は直ぐに終わります。
登録されたサイトマップの一覧に、ステータスがありますが、登録直後は保留状態です。

しばらく後に(この時は5分ほど)改めてステータスを確認すると・・・エラー!
詳細を確認すると、404エラー。ファイルが・・・ない・・・だと・・・

よくよく見ると「sitemp.xml」・・・タイプミスでした。

サイトマップの登録では、存在しないファイルを指定しても直ぐにはエラーになりません。クロールのタイミングにもよりますが、10分程度は待たされる事になります。
時間を無駄にしないために、よく確認し登録しましょう。


改めて登録し直した結果、10分ほどでサイトマップのステータスがOKになりました。
gs12.PNG


データがありません


サイトマップの詳細を見てみると、なにやら「データがありません」と表示されています。データが無い?どゆコトアルか?

しかし、エラーという表示はありません。これは「sitemap.xml のフォーマットは正しいけど、有効なデータが無かったよ。」という意味なのでしょうか?ダメ元で「データがありませんでした。 しばらくしてからもう一度確認してください。」をそのまま検索してみると、 Googleのディスカッションページらしき所にヒット。

要約すると、そこでは「sitemapは絶対じゃないから、そんなに拘らなくて良い」といった回答がされていました。

全然スッキリしないよ・・・orz
しかし、コレと言った明快な解決法が見つからず、今回の作業はここで切り上げることにしました。

5月19日追記:サイトを登録してからある程度の時間(1週間程度)経過しないと、有効なサイトとして認識されないようです。出来立てのサイトを登録しても、しばらくインデックスされません。有効なサイトとして認識されれば、sitemap.xml 更新直後にインデックスに反映される事もあります。焦らない事が肝心のようです。


まとめ

自分は記事を書きながら作業をしたので結構時間がかかりましたが、作業そのものはそれほど大した物ではありません。ブログやホームページをお持ちの方で、アクセス状況やGoogleインデックス状況を知りたい場合は、試して見る事をお勧めします。

また、Google検索ロボットが、クロール(貴方のホームページのアンなところやコンな秘密を探りに来る作業)は、基本1日1回ほどのようです。つまり、ある程度のアクセス統計が出るまでには時間がかかります。これは、どうしようもないので待つしかありません。

根気良くブログを育てて行きましょう。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/16

コメントする

ホーム >> 左脳Script >> Google >> Google ウェブマスター ツール

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、n-yagiが2009年4月23日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SEO対策?むしろ robots.txt」です。

次のブログ記事は「ITソースコード強制開示?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。