ホーム >> 左脳Script >> Movable Type >> Plugin開発 >> Plugin 開発の便利Plugin

Plugin 開発の便利Plugin


Movable Type のインストールディレクトリに、Plugins というディレクトリがあり、その下に、各プラグイン毎にディレクトリが作成されています。
最初は勘違いして、mt-static 以下の Plugins ディレクトリにファイルを設置し「なんで認識してくれないんだYo!」とか、唸っていたのは良い思いでになる事でしょう(ぉ

さて、アレこれ弄くる事小一時間。ブログの記事の中で、MTタグが使えない事に気付く。
せめて、エントリの中でデフォルトで使えても良いんでわないかぃ?

しかし・・・探せば在るんですね。エントリ中でも MTタグを使えるようにするプラグイン
プラグイン開発の為に、プラグインをインストールする、と言うのはドコか本末転倒な気もしますが、 プラグイン開発の為の便利ツールと割り切れば、このプラグインは相当便利です。

EvalTemplate

ページ先の ダウンロード リンクから「リンク先をファイルに保存」や、テキストエディタでコピペするなりして保存。 Movable Type に設置して下さい。

システムメニュー >> プラグイン から確認。
et0.PNG
原理的にはグローバルフィルタが有効にできる場所であれば、どこでも、どんなテンプレートタグでも使えます。強力な反面、悪用されると危険です。間違ってコメントやトラックバックで有効にしないよう、十分に注意を払ってください。
らしいので、指定には注意。
「エントリ本文(<$MTEntryBody$>)、エントリ追記(<$MTEntryMore$>)に限定」した方が良いようですね。


という訳で、デザイン >> テンプレートから、ブログ記事のテンプレートを編集します。

弄る所はこの2箇所くらいでしょう。
tp0.PNG

未公開のブログ記事を確認で閲覧する事で、タグの動作を確認する事が出来ます。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/19

コメントする

ホーム >> 左脳Script >> Movable Type >> Plugin開発 >> Plugin 開発の便利Plugin

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、n-yagiが2009年4月24日 18:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無謀にも Movable Type プラグイン開発に手を付けてみる」です。

次のブログ記事は「Flash 貼り付けの為の Movable Type 用 Plugin」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。