ホーム >> 左脳Script >> 徒然 >> ITソースコード強制開示?!

ITソースコード強制開示?!


いくらなんでもコレは・・・
中国、ITソースコード強制開示強行へ...国際問題化の懸念(リンク切れ:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090424-OYT1T00053.htm) と、言う話。

IT業界に、かなりの影響があると思われます。


幾等自国の為とはいえ「国策でコレを強行する」事に対する非難は、目に見えているハズ。 「膨大な国民数にモノを言わせた広大な市場を提供してやっている」事を盾にしたいように見えますが・・・


聞いた話ですが、かつての日本(戦後の高度経済成長とか言われる頃まで?)の企業(技術者?)は、海外(主にアメリカと思われる)に、何度も視察に行き、厚顔無恥なまでに技術を習得(職人的発想では「目で覚える」とか「盗む?」とか言われる方法)していたそうです。

そのような「先人の努力があり、アレほどの経済成長を遂げた」と。


流石に「今は時代が違う」と言われればこの話は終わってしまうのですが、 それでも、この経済成長が、今回話題にするような「あからさまな国策」ではなく「(あくまで?)個々の企業、個々の技術者の"自発的"な行動によって成し遂げられてきた事」が重要なのでは、と思っています。



ココで、視点を変えて見ましょう。

そもそも「何故このような策を打ち出すのか?」より、議論するなら「何故このような考え方がまかり通るのか?」と言う事を焦点にするべきだと考えます。



IT業界における中国のイメージでは、少なからず「海賊版」という単語を思い浮かべる事でしょう。日本でも度々マスメディアに取り上げられているので、普通の人でも聞いた事くらいはあるはずです。

今回のような件について、議論の際に良く挙がるのが「著作権、ひいては知的財産所有権に対する意識の低さ」(マスメディアがおよそ解説として挙げそうな内容)だと思います。日本では、マスメディアによる影響の強さもあるので、一部の極論の可能性も否定できない、という余裕を残す必要もありますが。

そもそも、中国という国の常識やモラルには「形の無いものに権利が見出せない」という"文化的背景のようなモノ"があるように思います。至極単純に「目に見えない物に所有権など存在しない」という思想があるのでは?と考えてしまいます。
「お前らの周りにある空気は誰の物なんだ?俺たちの国に入るなら自国の空気を詰めたボンベ持ってきやがれ」とか極論されそうですが。


共産主義とかナンとか小難しく広義な単語を持ち出して語るような事ではなく、もっと単純な思想の元に、その思想をもった集まりの中でまかり通ってしまった事なのだと、私個人は考えます。




更に、もっと別の見方と考えると・・・
最近の「アジア大陸の北側における各国(中国、ロシア?、北朝鮮?)の世界に対する強気な姿勢」が、外交のトレンド(ぉ)になっているんでしょうか?

「非難なんて想定内。」と言われても、納得できるしたたかさも感じられます。
本音はともかく「国益追求の交渉こそ外交というものだ」という事なのでしょうか?




私の偏った認識&知識では、ここまでが限界です。
ともあれ、単純に「物事には程度ってものがあるだろう!」と思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/17

コメントする

ホーム >> 左脳Script >> 徒然 >> ITソースコード強制開示?!

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、n-yagiが2009年4月24日 11:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google ウェブマスター ツール」です。

次のブログ記事は「無謀にも Movable Type プラグイン開発に手を付けてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。