ホーム >> 左脳Script >> Movable Type >> 小技 >> metaタグ で SEO対策

metaタグ で SEO対策


Movable Tyep は、デフォルトのテンプレートの <meta> タグの記述が殆どありません。
これは、SEO的に非常に損をしている?!ようです・・・


既に Movable Type でブログを始めている方は分ると思いますが、ブログ記事、ウェブページ編集の画面で、「タグ」と「キーワード」がそれぞれ別々に記述できます。

「タグ」の方は、ブログパーツに「タグクラウド」なんてモノがあるので、何に使われているかは一目瞭然で分りやすいので気にも留めませんでした。

しかし、「キーワード」は、まったく表に露出しなかったりする事があり、一体ナニに使われているのか目に見えない為、「アレ?」と考えさせられる訳です。
そこで、中途半端な知識を駆使し、「メタタグで keywords 指定に使われるんだろう」などと、良く調べもせずに己を納得させて完結してしまったりするのですが・・・


調べてみたら(テンプレートを覗いてみたら)、驚愕の事実!

期待していた <meta> の keywords 指定の影も形も無いではありませんか。
Movable Type のデフォルトテンプレートには、そんな親切丁寧な記述は無いようです。

と、言う訳で急遽テンプレートを追加しました。


エントリーページ用(ブログ記事、ウェブページ)の追加記述

  • ブログ記事テンプレートの場合

    
    <meta name="keywords" content="<$mt:EntryKeywords$>" />
    <meta name="description" content="<$mt:EntryExcerpt$>" />
    
  • ウェブページテンプレートの場合

    
    <meta name="keywords" content="<$mt:PageKeywords$>" />
    <meta name="description" content="<$mt:PageExcerpt$>" />
    

また、意図しない「>」が表示される現象 で書いた現象が起きる為、<$mt:EntryExcerpt$>、<$mt:PageExcerpt$>には「eval=1」の記述が必要です。

更に、<$mt:EntryKeywords$>、<$mt:PageKeywords$> は以下のように、記事のタグを指定するのも良いかもしれません。

<MTEntryTags glue=','><$MTTagName$></MTEntryTags>


インデックステンプレート用(ブログトップ)の追記は以下


<meta name="keywords" content="<MTTopLevelCategories><MTCategoryLabel>,</MTTopLevelCategories><$mt:blogname$>" />
<meta name="description" content="<$MTBlogDescription$>" />
トップページそのものにキーワード指定やタグ指定はありません。
<$mt:EntryExcerpt$>の代わりに <$MTBlogDescription$>を指定します。

そして、キーワードの代わりに、トップレベルカテゴリの列挙をします。

カテゴリもブログを続け増えすぎるとよろしくないので、トップレベルのものに限定するのがさじ加減としては丁度イイ、くらいだと思っています。あまり数が多いと、検索エンジンにスパム扱いされる可能性もあるので、個人の判断で。

トップレベルカテゴリ列挙の記述にあたり、どうしても最後に「,」が出てしまうので、最後に自分のブログ名などを追加してみました。
ここは自分の好きなキーワードでよいと思います。

が、そんなキーワード選定すら面倒と感じるダメ人間なら、本末転倒とも思える自動化を目指すのは当然のこと(ぉ

実は以下のように「タグランク1位」とかを記述してみたりしたのですが・・・

<MTTags top=1><$MTTagName$></MTTags>
トップレベルカテゴリと同じタグ名だと、同じ単語が複数回列挙されるので、<meta>の keywords 指定としては好ましくないのです。

単語の頻度によるので、ここも個人の判断になりますね。

また、アーカイブ・インデックスもブログトップと同じものとしました。
どんな物が適切なのか、思いつかなかったというのは秘密です。


アーカイブ用の記述

  • カテゴリー・アーカイブテンプレートの場合

    
    <meta name="keywords" content="<MTSubCategories><$MTCategoryLabel$>,</MTSubCategories><$MTArchiveTitle$>" />
    <meta name="description" content="<$MTBlogName encode_html="1"$>「<$MTArchiveTitle$>」のエントリー一覧。<$MTCategoryDescription $>" />
    
    キーワードには、サブカテゴリー一覧を無難に指定。<$MTArchiveTitle$>を最後に対象カテゴリー名も列挙しておきます。

    catdis.PNG
    description には、ブログ名、対象カテゴリー、対象カテゴリーの説明、を含め、それなりに親切に。

    カテゴリー・アーカイブの場合は、<$MTCategoryDescription $>があるので、それを使用しましょう。

    <$MTCategoryDescription $>を指定したからには、カテゴリーの説明をしっかり記入しなければいけませんね。

  • 月別・アーカイブテンプレートの場合

    
    <meta name="keywords" content="<mt:Entries lastn="5"><$mt:EntryTitle encode_html="1"$>,</mt:Entries>" />
    <meta name="description" content="<$MTBlogName encode_html="1"$>「<$MTArchiveTitle$>」のエントリー一覧。" />
    

    description の「~エントリー一覧」の部分は、カテゴリー・アーカイブの流用(カテゴリー説明のタグを除くだけ)で十分ですが、問題はキーワードの方でしょうか。

    いろいろ考えたのですが、「結局上位の記事の題名」で落ち着きました。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/83

コメントする

ホーム >> 左脳Script >> Movable Type >> 小技 >> metaタグ で SEO対策

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、n-yagiが2009年5月17日 11:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「定番コピペ」です。

次のブログ記事は「XHTML の言語指定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。