Adsense事始め


「楽して小遣い欲しいお」という極めて単純かつ不純な動機で目を付ける。
しかし、これが七面倒な事態に繋がるとは予想だにしなかった・・・

GooGle Adsenseへ。

Gmail や Google ウェブマスターツール 等と同じアカウントでログインできるのかと思いきや、 どうやら、Adsenseアカウントは別管理のようです。

結局、「今すぐお申し込み」から。

各々の項目の入力。
これは、2009年5月18日の時点での項目です。今後、この項目が変更される可能性は十分にあります。実は、私もいくつか参考にしたサイトがあるのですが、それらと項目の並びが違っていたり、新たに追加されたものがあったり、削除された項目があったりと、カナリの頻度で更新されているようです。このページの説明はあくまで参考程度とどめて下さい。

チェックボックスのチェックがバラけているので、チェック漏れに注意して下さい。 そもそも書かれているような事に反する事はしないので、チェックを入れておきましょう。また、任意の項目も入力が省略できるものは殆どありません。各自の環境における適切な選択&入力をして下さい。

  • サイトのURL:任意。自分のサイトのドメインを入れる。「n-yagi.0r2.net」等。
  • サイトの言語:日本語。
    • 広告をクリックするよう誘導する内容が含まれるサイトに広告を掲載しません。:チェック
    • ポルノ コンテンツを含むサイトに広告を掲載しません。:チェック
  • 連絡先
    • アカウントの種類:任意。通常は個人アカウントだろうか。個人用アカウント、ビジネスアカウント、が選べる。
    • 国または地域:日本
    • お支払い受取人の名前:任意。普通に自分の和氏名をいれた。
    • 郵便番号:XXX-XXXX
    • 都道府県:任意。日本語で。
    • 市/区:任意。日本語で。
    • 町村、番地:任意。日本語で。
    • 上記のリストにあるお支払い受取人の名前で小切手を受け取ることに同意します。:チェック
    • 電話番号:任意。普通に入力。国番号は入れなかった。
    • メール設定:任意。「Google のサービスに関連するお知らせをお送りします。」
    • Google AdSense を知ったきっかけは何ですか?:任意
  • ポリシー
    • AdSense で配信している Google の広告をクリックしないことを同意します。:チェック
    • 私は AdSense プログラム ポリシー を確認したことを明示します。:チェック。ポリシーの確認は忘れずに。
    • 承認済みの AdSense アカウントをまだ持っていません :チェック。各個人の状況によるが、既に持っている場合、規約違反になる場合がある。

入力を終え、送信すると確認画面へ移行します。
確認画面から、更にAdsense アカウントと既存のアカウントを分ける一緒にするか選択できます。

既に、Gmail 等のアカウントがあるので、一緒にする指定をして申請を進めました。


審査には数日かかり、審査が通ればメールによる通知が来るようです。
通知前に、Adsenseアカウントでのログインを試みても、アカウントが存在しないと言われログイン出来ませんでした。審査が通らないと、Adsenseアカウントは有効になりません。これは仕様通りの動作と言えるでしょう。


「ゆっくり待つべし。」1日で通知が来る場合もあれば、1週間以上かかる場合もあるそうです。
一度の申請で通らない場合もカナリの頻度であるといわれているようで、大変厳しいようですが・・・



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/112

コメントする


アーカイブ

このブログ記事について

このページは、n-yagiが2009年5月25日 13:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google ウェブマスターツール バージョンアップ」です。

次のブログ記事は「ログインできちゃった?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。