ホーム >> 左脳Script >> Movable Type >> 小技 >> サーチエンジンにアレコレ詮索されたい

サーチエンジンにアレコレ詮索されたい


検索エンジンに詮索してもらいやすくする小細工について。
有名な検索サイトに、Yahoo!、Google、MSNなどがあります。これらのサイトは、検索ロボットと言われる、自動でサイト詮索しページを(勝手に)検索リストに登録していく仕組みがあります。

基本的には放っておいても、ユーザーのページ遷移履歴(Httpのリファラ等)でページの存在を知られ、そのページを基点に登録が始まります。しかし、偶然に頼った検知方法ではサイトを公に広めると言う意味で、非常に非効率的です。
もしも、その機会がなかったら・・・検索エンジンに登録される事はありえません。

効率的に検索サイトに登録し、サイトが人の目に触れる機会を増やさなくては、ヒット数&訪問者を増やすことは出来ません。
やはり「Webサイトとして公開するからには、沢山の人に見てもらいたい。」というのが本音でしょう。
実際は「そんな事はどうでもよくて、己の信念理念に基づいてコツコツ作ってゆく方が、根強いリピーターを増やせたりする」という事実もあるので、どちらに注力するかは、サイト運営者の能力に直接関わってくる訳ですが。


巷の「SEOがどうの・・・」というサイトで目に付くのは「内容がそれなりであっても、SEO対策次第でヒット数を伸ばせる」と言うもの。

現時点(もしくはこの先も?)、そうなのか分りませんが、それが可能かどうか試せるのは「程度がそれなりである今しか無い!」と、チョっぴりネガティブなりにも野心を持って小細工を始めたのでした。

  • Google に URL を追加
    Google は、Google ウェブマスターツール 等でサイトマップを登録している場合は、ここで登録する必要はありません。
    ウェブマスターツール の方が、よりサイトの詳細を管理出来るという点でメリットがあります。

  • Yahoo!へサイト登録
    登録するには、Yahoo!JAPANのIDが必要です。IDの取得自体は無料ですので、さくっと取得してしまいましょう。
    私は、5年ほど前を最後にオークションで使っていたIDをダメ元で入力したところ、バッチリ認識されたので驚いています。本当に5年間これっぽっちも使わなかったのになぁ・・・

    ついでに、カテゴリサイトの登録もできないかな?と調べてみました。簡単ですね。

    1. 登録カテゴリの確認
      普通にYahoo!ディレクトリを辿って、適するカテゴリへ。ページ内に登録リンクがあるので、そこから申し込み開始。
    2. サイトの登録申し込みへの同意
      激しく同意。
    3. サイト情報の入力
      サイトの説明などを短文で。何故か住所を示す郵便番号の入力も。期間限定サイトや、認証サイト等であっても登録できるようだ。
    4. 入力内容の確認
      それなりに。
    5. 終了
      ここからが始まりだ。
    結局、カテゴリの方にも申し込んでみました。しかし、こちらは人間が直接サイトの検査をするとの事で、なかなか審査は厳しいようです。

  • サイトの URL を Live Search に登録します
    続いてMSNライブサーチへ。正直言うと、上記2つの検索サイト大手?と比べると見劣りしそうですが、ポータルサイトとしてのMSNは無視できないものが在ります。天下のマイクロソフトですから(笑)。
    ココの場合は、単にサイトのURLを登録するだけで、ID取得などの面倒な手間はありません。

さて、登録が終わったら、待ちましょう。
毎日検索エンジンをチェックして、アクセス解析をチェックして、小細工が小細工なのか自らの目でしっかり見届けましょう。


もしかしたらリストに乗らないかもしれねぇってのに、オラ、ワクワクしてきたぞ!


注)ここであげた方法で登録しても、必ず検索リストに列挙される保障はありません。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/118

コメントする

ホーム >> 左脳Script >> Movable Type >> 小技 >> サーチエンジンにアレコレ詮索されたい

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、n-yagiが2009年5月29日 18:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Adsense再申請・・・のミス」です。

次のブログ記事は「Adsense再々申請?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。