ホーム >> 左脳Script >> 徒然 >> Google日本とGoogle日本語の違い

Google日本とGoogle日本語の違い


Google日本語Google日本 の違い。
検索しようとしたときになんとなく気付いたのですが、URL が違うだけではないようです。

Google日本語」は、「本家が日本語表示されている」ページで、URL は「http://www.google.com/webhp?hl=ja」
Google日本」は、「日本法人?のページ」で、URL は「http://www.google.co.jp/」


良く見れば、Googleロゴも「日本語」と「日本」という差があり、トップページの検索ボックスしたに並んでいるサービス一覧も少々違う様子。

試しに「プライバシー(ポリシー)」のページを比べてみると・・・URL のドメイン以外に差がありません。
イヤ、表示が1ドットずれるとか、訳のわからない差異はありましたが(笑)


こんな事件(http://jp.techcrunch.com/archives/20090213google-japan-apologizes-awkward-pay-per-post-campaign-gets-punished-with-page-rank-reduction/) があったらしくGoogle日本は、サイトとしての評価が下がった経緯があるようです。

本家の日本語表示があれば、一般的な「検索エンジンの Google」としての機能は十分に果たします。(検索機能に差は無いと信じたい)

となると「Google日本」のが、日本語にローカライズされたページとしてではなく、一サイトとして存在している意義はどこにあるのでしょうか。



やむにまやれぬ大人の事情とか、世の中のしくみとか、そういう世知辛い理由なんでしょうか(苦笑



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://n-yagi.0r2.net/sanoupulurun/mt-tb.cgi/172

コメントする

ホーム >> 左脳Script >> 徒然 >> Google日本とGoogle日本語の違い

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、n-yagiが2009年6月21日 15:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プレビュー状態かどうかを知るには」です。

次のブログ記事は「jsにjsをインクルードする方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。